日本家屋に多いクマネズミ

ネズミ引越


日本家屋に多いクマネズミ

 

日本の家屋においてよく見られるネズミといえば、やはりドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類になります。

 

ドブネズミは中央アジアにおいて生息をしていた野ネズミです。

 

そして家ネズミの中でも最も大きな種類になります。

 

毛色は、背面が灰褐色なのですが、腹面は白く、尻尾は淡灰褐色で太く短いのが特徴です。

 

雑食性であり人間の食料はもちろん、昆虫や草といったものを食べています。

 

日本全土に生息をしていて、下水道で生活をしていることが多いです。

 

獰猛な性格ですので、人と遭遇をしたとしても逃げることはなく、噛まれる可能性があります。

 

生後3ヶ月から生殖可能になりますので、年に5回以上も子供を産みます。

 

寿命は大体3年前後になります。

 

そしてクマネズミは中型のネズミで、ドブネズミよりも身体は小さくて耳が大きいのが特徴です。

 

雑食性なのですが、植物性のものを多く食べます。

 

日本全国に分泌しており、建物内部の壁裏、物陰にビニール片や紙くずといったものを集めて巣を作るのです。

 

 

垂直方向へよじ登る行動に長けており、近年では都会のビルなどにも多く発生しているのです。

 

一度発生すると駆除するのが難しく、長期間被害に悩まされることもあります。

 

 

 

自分でネズミ駆除できる場合と出来ない場合の違い

 

せっかく超音波ネズミ駆除機を購入したのに、効果が全然なくて、困ってしまうケースがよくあります。
そのため、最初から超音波ネズミ駆除機を購入するのはちょっと危険です!

 

もしも超音波ネズミ駆除機の購入を検討しているのであれば、まずはスマホの超音波式ネズミ駆除アプリで効果を試してから、購入した方がおすすめです。
また、自分でネズミ駆除をする場合は、『自分で駆除できるケースなのか』ということを、見極めることも重要です。

 

費用をかけたくないので、なんとか自分でネズミ駆除をしようとする気持ちがあるのはわかります。
でも、それとは別に、ネズミ駆除が本当に素人でも可能な場合と、プロじゃないと駆除できないような難しい場合があります。

 

素人ではネズミ駆除できないような難しいケースの場合、いくら超音波式のネズミ駆除機を買おうが、毒餌を使おうが、駆除が難しいケースがあります。
その代表的な例としては、『スーパーラットの大繁殖』や『人間が入り込めない場所への侵入』が挙げられます。

 

スーパーラットはクマリン系の殺鼠剤を与えても、駆除は出来ませんし、壁の中など素人が入ることが難しい場所でネズミ被害がある場合も、個人では駆除は難しいです。

 

 

 

 

 

ネズミ引越dx