ネズミ駆除 相談


ネズミ引越


車でネズミ駆除をしたらメーカーに必ず相談!

 

寒い季節になると、ネズミが車の中に入り込むというケースが、意外とよくあるそうです。

 

なぜなら、ネズミは寒さをとても苦手とするからです。確かに、車のエンジンヒーターとか温かいですからね。

 

そのため、気付かずに車を発進させてしまい、ネズミが中で焼け死んだせいで車が故障する危険もあるのだとか。

 

そこで、車の中にネズミの糞を見付けたら、すぐに駆除策を講じるべきだそうです。

 

とは言っても、車の広さは家に比べたらかなり限られているため、忌避剤などを1回噴射するなりしておけば簡単に済むとのことでした。

 

ただ、車でネズミ駆除をした後は、必ずメーカーさんに相談すべきみたいです。

 

なぜなら、ネズミは車に潜り込む中で、ケーブルなどを齧っている可能性が高いからです。

 

つまり、一見車に何の異常が見当たらなくても、メーカーさんの方で念のため隅々まで点検してもらった方が安全ということです。

 

場合によっては、ケーブル等の部品を交換する羽目にもなるとのことでした。

 

車にネズミが出ると、意外と面倒なんですね。

 

そのため、ネズミがそもそも車の中に入り込まないよう、ネズミが苦手とするミントやハッカといったハーブ成分が配合された消臭剤を使っておいた方が良いそうです。

 

ドラッグストアのグッズで簡単にネズミ駆除!

 

ネズミ駆除と言えば、ホームセンターで売っている専用グッズを使わなければいけないイメージが浮かびます。

 

しかし、それらは決して安い物ではなく、ネズミの出没場所や種類、家の構造によって効いたり効かなかったりするみたいです。となると、他に安く済む手段があるなら、そちらに頼りたいところです。

 

そこで詳しく調べたところ、ドラッグストアに売っているグッズを使っても、ネズミ駆除が簡単にできると分かりました。

 

そのグッズとは、アロマオイル。具体的には、ミントやハッカと言ったハーブ成分が配合されているものが良いみたいです。

 

確かに、これならドラッグストアに行けば、お手頃価格で売られていると思います。

 

では、そのミントオイルやハッカオイルはどう使うのかと言うと、アロマテラピーをする場合と同じような感じで良いみたいです。

 

詳しく言うと、アロマポットで焚いたり、水とエタノールで希釈化したのをスプレーしたり、高吸収性ポリマーに吸わせて複数個所に置いたりすることで、香りを家中に充満させるんですね。

 

こうすることで、ネズミは辛い匂いをとても苦手とするため、自分から出て行ってくれるそうです。

 

簡単にネズミ駆除ができて家中も良い匂いになりますから、一石二鳥ですね。

 

 

価格0円のネズミ駆除グッズがある!?

 

専門業者に頼むよりはマシとは言え、ネズミ駆除グッズというのは意外と高価格です。

 

しかし、中には価格0円というネズミ駆除グッズがあるそうです。それは、「モスキートバスター」。

 

スマートフォンにダウンロードして使う、無料のアプリケーションで、起動すると超音波を発するみたいです。

 

しかし、超音波なんていうのが、本当にネズミに効くのでしょうか?調べたところ、モスキートバスターが発するのは、ただの超音波ではないと分かりました。

 

具体的には、ネズミが苦手とする周波の超音波だそうです。

 

なんでも、苦手な周波の超音波に晒されると、ネズミは爆音で聴覚や神経を絶えず刺激されるような状態に陥るのだとか。

 

つまり、家に居座ることはまずできず、自分から出て行ってくれるんですね。

 

実際の体験談や口コミを見たところ、モスキートバスターを起動させた途端、天井裏や壁の中から聞こえて来ていたネズミの足音がピタリと止んだという声もあったため、効果は確かと言えます。

 

それに、あまり効果が無かったとしても所詮は0円ですから、何ら損もありません。

 

そのため、ネズミが家に現れた際は、慌てて高いネズミ駆除グッズを手当たり次第に買い込むのではなく、まずはこのモスキートバスターを試すと良いそうです。

 

 

バケツを使って簡単にネズミ駆除!

 

ネズミ駆除を講じるとなると、ホームセンター等で専用のグッズを買わなければいけないと思っていました。

 

しかし、実は身近な物を使ってもネズミ駆除が可能みたいです。

 

確かに、昔から日本の家庭はネズミに悩まされていましたが、当然その時はネズミ駆除グッズなんて無かった訳ですからね。

 

中でもすぐ材料を揃えられるのが、バケツを使って作ることのできる物です。

 

どんな家庭にも必ず1つはあるバケツでネズミ駆除グッズが作れるなんて、思ってもみませんでした。

 

では、具体的にどのようなものなのでしょうか?調べたところ、用意するのはバケツの他に、針金とペットボトルくらいで済むと分かりました。

 

詳しく言うと、バケツに水を張り、その上を橋のように針金を通してネズミのエサになるようなものを入れたペットボトルを設置するだけで良いそうです。

 

これによって、ネズミはペットボトルのエサに行こうとする途中で、バケツの水の中に落ちて溺死してしまうのだとか。

 

また、そこまで登れるよう、傍に台となる木の板などを置いておくとより確実だそうです。

 

そのため、まだ繁殖が本格的に行われておらず、家にいるネズミの数が限られている場合は、これだけでも十分対処可能とのことでした。

 

 

 

ネズミ引越dx