ねずみ駆除 におい


ネズミ引越


ねずみ駆除になる意外なにおいとは?

 

ねずみは、猫や蛇、フクロウやイタチのにおいがすると、その場に居座らないそうです。なぜなら、それらの動物は、ねずみも餌とするからです。つまり、ねずみにとっては天敵ということですね。しかし、ねずみ駆除になるからと言って、簡単に飼える動物ではありませんよね。特に猫以外は。

 

そこで、もっと簡単に用意できる物で、ねずみが苦手とするにおいを発するものを探してみたところ、ある食べ物が見付かりました。それは、唐辛子。なんでも、ねずみは辛い成分が苦手な関係上、唐辛子に含まれているカプサイシンという辛み成分が効くのだとか。

 

例えば、ねずみの侵入を防ぐために、家の壁や屋根の穴を塞ぐ用に売られているパテには、唐辛子成分が含まれているそうです。では、唐辛子そのものを用いる場合、具体的にはどのように使うべきなのでしょうか?調べたところ、唐辛子を丸ごとドーンと置いておくのだと、あまり効果が無いと分かりました。

 

詳しく言うと、唐辛子のカプサイシン成分がよく香るよう、輪切りにしたのをねずみの通路などに散布しておくと良く、そうすることで天然のねずみ忌避剤となるそうです。ただし、ねずみ駆除効果が持続するよう、ねずみがいなくなった後も暫くの間は散布を繰り返すべきとのことでした。

 

 

 

妊婦は気を付けたいねずみ駆除

 

ねずみ駆除で使う殺鼠剤なんかは、近所の店舗を探してもなかなか欲しい物がない場合があります。
プロのねずみ駆除専門業者も使っているエンドックスとかは、店舗で購入するよりネットの方が割引になっていることも多いですからね。
また、ねずみ駆除を自分でする場合は、手袋を擁して、素手で触らないようにしましょう!

 

素手で触ってしまうと、やっぱりねずみは危険です!
よくねずみによって『モニリホルム連鎖桿菌感染症』や『鼠咬症スピリルム感染症』などの被害が報告されています。
犬や猫も、ねずみに噛まれてしまうと、レプトスピラ症(ワイル病)やトキソプラズマに感染することがあると、よく言われています。
特にトキソプラズマは、人間にも感染することがあるため、妊娠中の妊婦さんなどがいる場合は、注意が必要です。

 

極力、妊婦の場合、自分でねずみ駆除をしない方が安心です。
トキソプラズマに感染する可能性がある場合、妊婦は体調を崩しやすいので、感染しないように、他の人に駆除をしてもらいましょう。
例えお金がかかっても、妊婦や胎児の健康を考えれば、ねずみ駆除費用の方が、安く感じます。
プロのねずみ駆除業者に、依頼した方が、駆除中にねずみに噛まれる心配も少なく安心です。

 

 

罪悪感を感じる人もいるねずみ駆除

 

素人が自分でねずみ駆除をしようと思ったら、やっぱり店舗で専用のアイテムを買ってこないといけません。
店舗で売っているねずみ駆除用のアイテムと言えば、ねずみホイホイが有名ですよね。

 

ゴキブリホイホイと同じ感覚で使えるということで、初心者にとって使いやすいと手に取る人が多いと思います!
でも、ねずみホイホイは、ゴキブリホイホイとは違い、死骸の処理がかなりきついということを覚えておかないといけません。

 

一般家庭に出るクマネズミは、体調が20センチ前後あり、ゴキブリとは違い、罠にはまっているのを見ると、誰でもちょっと「ギョッ」とします。
やはりゴキブリとは違って、本体がすごく大きいから、死骸もその分存在感があって、ちょっと抵抗を感じる部分があります。
おまけにねずみホイホイは、生きたまま捕まったねずみが、絶命するまでドタバタと暴れ回るので、死骸が壮絶!

 

ねずみが苦しんで苦しんで死ぬ駆除方法なので、「残酷過ぎる」と直視できない人もいます。

 

特に小さな子ねずみがはまった姿は、罪悪感すら感じるようになってしまう人もいますので、ねずみホイホイは誰にでもおススメできるねずみ駆除方法とは言えないです。
ねずみの苦しむ姿を見たくない人は、超音波とかLED式を使った方が良いですね。

ネズミ引越dx