ねずみ駆除 庭


ネズミ引越


庭のねずみ駆除はどうすれば?

 

庭の花がねずみに荒らされるというのは、よくある話だそうです。なんでも、ねずみは基本雑食なため、花も大抵は食べてしまうのだとか。しかも、ねずみは花弁だけでなく球根も食べるため、綺麗なガーデニングが目も当てられない姿にされるケースもザラみたいです。

 

しかし、庭に出るねずみを駆除するなんて、どうすれば良いのでしょうか?ねずみ忌避剤を撒いたところで外ですから家の中と違って匂いなんてすぐ消えますし、雨が降ろうものなら猶更です。そうかと言って、毒餌を置こうものならねずみだけでなく、カラスや虫まで寄ってくると思います。

 

そこで調べてみたところ、ねずみ駆除グッズを使わなくても良い方法を見付けました。それは、ミントやハッカを植えるという方法です。なんでも、ねずみは辛い匂いを苦手とするため、スースーした匂いのするミントやハッカが植えられている場所には近寄らないのだとか。

 

つまり、ミントやハッカが、ねずみ忌避剤としての役割を果たしてくれるということです。ミントやハッカは清涼感のある良い匂いですし、綺麗な緑色をしていて、花と一緒に植えても見た目が損なわれることもありませんから、これでねずみ駆除ができるなら一石二鳥ですね。

 

 

猫のいる家ではねずみ駆除用の毒餌はダメ!

 

猫を飼っている家では、基本的にねずみ駆除をするのであれば殺鼠剤のような薬を使わない方法がおススメです。
猫はねずみ駆除用の薬を誤飲してしまう可能性が高いので、部屋の中に毒薬入りのエサを撒いておくことは、猫にとって大変危険です!
また、移動がデキるようになった赤ちゃんがいる家でも危険です!

 

毒エサを間違って食べてしまうこともありますので気を付けましょう。
殺鼠剤も、いつ赤ちゃんが見つけて、遊び道具にしてしまうかわかりません!

 

そのため、殺鼠剤を家の中に置いておくこと自体が非常に危険です。
ペットや赤ちゃんの健康を重視したい場合は、出来るだけ家で殺鼠剤を使わない方が安心です。

 

ただ、超音波や音によるねずみ駆除をしても、あまり効果がないと言う場合、今度はねずみホイホイなどの捕獲系のグッズを試すことになってしまいます。

 

ねずみホイホイも、ペットがはまってしまったり、赤ちゃんがくっついてしまうと、大変なことになりますので、やっぱり出来る事なら家の中に置いておきたくないですね。

 

ペットや赤ちゃんがいる家でのねずみ駆除は非常に難しいので、専門業者に依頼して、相談しながらねずみ駆除をすることをおススメします。
家族の健康を確保しながら、ねずみ駆除をしたいですからね。

 

 

ねずみ駆除用の毒餌を使わない方が良いケース

 

ねずみ駆除をするために殺鼠剤のような毒薬を使う人は多いと思います。
しかし、猫や犬などのペットを飼っている場合、出来るだけねずみ駆除で殺鼠剤のような毒薬を使うのはやめましょう。

 

ペットが誤って飲み込んでしまい、最悪の場合は死亡したり、障害が残る可能性もあります。
やはりペットがいる家では、毒餌は厳禁だと思います。

 

専門業者に依頼をする場合でも、自宅にペットがいることを伝えておくと、ねずみ駆除の時に配慮してくれます。
猫や犬は、人間がダメって言っても、毒餌を誤食する時には、してしまいますからね。

 

また、ハイハイなどで、少し移動ができるようになってきた赤ちゃんの場合も、毒餌があると、口の中に入れてしまう可能性がありますので、毒餌の使用は控えたいものです。
ねずみ駆除に効果がある毒餌ですが、家庭環境によっては、向かないこともあります。

 

ペットや赤ちゃんがいる家では、あまり毒餌を使用せず、超音波や光やねずみ用檻など、他の駆除方法を考えた方が安全です。
ペットや赤ちゃんに何かあってからでは悲し過ぎます。
特に赤ちゃんはハイハイやズリバイを始めた頃が一番油断してしまいますので、気を付ける必要があります。
毒餌など危険な物は置かないようにしましょう。

ネズミ引越dx