ねずみ駆除 効果的


ネズミ引越


ねずみ駆除用超音波器を効果的に使うには?

 

ねずみ駆除用超音波器というのが、最近ねずみ駆除グッズの中で人気を伸ばしているそうですね。ねずみ駆除グッズと言えば、毒餌と粘着シートが主だと思っていたので、これは意外でした。なんでも、超音波器はねずみを自発的に家から出て行くよう促してくれる分、死骸処理などの後処理の手間が無くて楽だそうです。

 

確かに、これなら衛生的でもあって良いと思います。しかし、口コミ等を調べてみたところ、ちゃんと超音波器をセットしているのに、中々ねずみの被害が収まらないといった声が一定数ありました。しかし、そうしたケースは、超音波器をちゃんと効果的に使っていないというのが原因にあるそうです。

 

具体的には、超音波はねずみに直接当たらなければ、効果があまりありません。つまり、ただ超音波器を漫然と設置して、スイッチを入れて稼働させているだけではダメなんです。詳しく言うと、まずはねずみの経路を入念に特定した上で、そこに超音波が出る面が向くよう超音波器を設置しなければいけないそうです。

 

ちなみに、ねずみの経路は、ねずみの足跡が残るよう疑わしい場所に小麦粉を塗しておくのが簡単分かるとのことでした。超音波器も、設置する前段階では少し手間がかかるということですね。

 

ねずみの死体はかなり残酷

 

ねずみ駆除で死んだネズミの処理はかなり憂鬱になります。
特にねずみホイホイでねずみ駆除した場合、ねずみの死体がかなり残酷で死体の処理をする前に、生理的な嫌悪感を感じてしまう人も少なくありません。
ねずみホイホイは本当に残酷!

 

手足がちぎれてしまったり、血を吐いて死んでいるねずみも多いですからね。
毒餌だけでは確保できない場合、よくねずみホイホイもセットで仕掛けていることが多いですが、やっぱり毒餌で苦しんで、ねずみホイホイに落ちたとなると、ねずみの死に方も見るに堪えません。
また、子ねずみが引っかかってしまった場合、女性の場合は、ねずみが可哀そうに思ってしまい、逃がしてしまうケースもあるようですが、それはご法度です!

 

ご近所迷惑にもなりますので、ねずみ駆除は自分で責任を持って、処分するようにしないとダメです。
それが出来ないのであれば、やっぱり最初からねずみ駆除の専門業者を呼んで、責任をもって処分してもらったほうがおススメです。

 

無責任に、子ねずみをリリースすれば、それだけ近所に迷惑をかけることにもつながります。
また、いつかねずみの繁殖で悩まされる可能性もありますので、確保したねずみのリリースは絶対にやめましょう。

 

 

女性は嫌な人が多いねずみ駆除の処理

 

ねずみ駆除の死体の処理って、女性は嫌な人が多いと思います。
特に生け捕りなんかしてしまった場合、どうやって殺処分するかは、悩みどころですね。
ねずみ駆除って便利なグッズは沢山売っていますが、それよりもねずみが死んだ後の処理の方が憂鬱です。

 

ねずみの死んだ姿って、やっぱり気持ちが悪い物です。
よく、ねずみ駆除業者さんが、HPに実績を表示するために、モザイクかけたねずみの死骸を載せていることがありますが。
やっぱりずらーっとねずみの死骸が並んでいるのを見ると、自分で処理をする自信がなくなってしまいます!

 

最初は大したことがないと思っていても、いざねずみの死体を目の当たりにすると、怯んでしまいます。
特に家に出るくまねずみって、大きさが20センチ以上ある個体もいますので、かなり発見した時に、びっくりしてしまう人もいます。
また、飲食店では、くまねずみではなく、どぶねずみが捕まることも多いですが。

 

どぶねずみは更にサイズが大きく、死体が転がっているだけでも、鳥肌が立ってしまうこともあります。
ねずみの死体の処理を自分でしたくないっていう人は、やっぱりねずみ駆除業者に依頼をするのが一番です。
精神的な苦痛がなくなるので安心ですね。

 

 

ゴキブリよりも気持ちが悪い!ねずみの死骸の処理!

 

よく、道路とかで車に轢かれたねずみの死骸とかって、落ちていますよね。
動物の死骸って、例えねずみでも、やっぱり気持ちが悪い物です。
でも、ねずみ駆除を自分でやるのであれば、ねずみの死骸は自分で何とかしないといけなくなってしまいます。

 

実際、ねずみホイホイなんかでねずみを罠にかけると、ねずみの死骸がかなりエグイと、死骸の処理に困ってしまう人は多いのです。
家に出ることが多いクマネズミは、最大で25センチくらいもあり、かなり大きいので、死骸を見て「うわっ!」ってなります。
ゴキブリの方が、よほどサイズが小さく、処理をしやすいものです。

 

死んだねずみを処理したくないっていう人は、ねずみ駆除専門業者さんに依頼をして死骸を処理してもらうのも人気です。
ねずみ駆除では死骸の処理が、一番精神的に苦痛なので、どうしても死骸を処理したくないっていう人は、自分で駆除をしない方がおすすめです。

 

やはりねずみ駆除業者さんが人気なのは、ねずみ駆除における死骸処理という『嫌な作業』を代わりに行ってくれる所だと思います。
最初は大丈夫だと思っていても、いざ直面したら体が硬直してしまい、ギブアップする人もいますので、無理な時は専門業者さんに相談をしましょう。

ネズミ引越dx