家庭のネズミ

ネズミ引越


家庭のネズミはネズミ駆除業者

 

日本には30種類以上のネズミがいます。

 

この中でも特に家庭や飲食店、工場において棲みついて、被害を与えているのはドブネズミ、ハツカネズミ、クマネズミといった3種類になります。

 

これらのようなネズミを家ネズミといいます。

 

それぞれの体長というのはドブネズミが22センチ程度、クマネズミは24センチ程度、そしてハツカネズミは10センチ程度になります。

 

夜になってネズミの足音がするような場合には、耳栓をして音が聞こえないようにすれば良いでしょう。

 

しかし、ネズミ被害において最も危険なのは、電気の配線をショートさせてしまうことです。

 

光ケーブルなどが天井裏を通っていることもありますので、一度ネズミに噛まれてしまうと、ケーブルを交換しなければならなくなります。

 

そして電線を噛まれてしまうと、火災の可能性があるので特に注意が必要です。

 


ネズミは2センチの隙間があるのであれば、侵入してきます。

 

そのため、できるだけ隙間を埋めていくことが重要です。

 

排水管から侵入してくることもあるので、排水管を塞ぐというのも重要です。

 

 

そうすることで、効率よくネズミの侵入を防ぐことができるので、お手軽です。

 

と同時に家に侵入してきているネズミは駆除業者に依頼をしましょう。

 

ネズミ捕りとペット

 

ネズミというのは、天敵がいればそれから近寄ってこないといわれています。

 

一般家庭において、飼育できるものからネズミ退治に役立つ動物を選んでみましょう。

 

このようなネズミの天敵となる動物を自宅で飼育すると、ネズミが近寄りにくくなります。

 

そもそも猫というのはネズミを駆除するためのパートナーとして人間に飼育されるようになりました。

 

現代の猫というのはネズミを捕まえなくてもエサをもらうことができます。

 

そのため、エサの確保のためにネズミ捕りをすることはほぼありませんが、飼育しているだけでもそのネズミ駆除効果というのは非常に高いです。

 

希少の荒いネズミが向かってくることはあるのですが、大半は猫を見ただけで逃げ出していきます。

 

フェレットもおすすめです。

 

フェレットはイタチですが、このイタチはネズミが大好きです。

 

このフェレットの臭いを察知した時点で、ネズミは逃げ出していくでしょう。

 

 

近年ではフクロウもよく飼育されています。

 

フクロウもネズミを狙っていますので、フクロウを飼育しているとネズミを効率よく駆除できるのではないでしょうか。

 

 

このように普段の生活の中でネズミの天敵となるものを飼育する、というのがやはりおすすめです。

 

そうすれば効率よくネズミの被害を抑えることができるはずです。

 

 

 

ネズミ駆除の方法と注意点について

 

ネズミ駆除の方法には大きく分けて、ネズミが死んでしまうことによる方法と生け捕りによる方法の2つがあります。

 

まず、死んでしまう方法としては殺鼠剤の使用があり、現在では、様々な種類が販売されています。

 

この方法では、あらかじめネズミの通り道となる所や出没しそうなところに毒餌となる殺鼠剤を置くことで、ネズミがそれを食べネズミの駆除を行うことができます。

 

ここでは、最初は害のない食べ物を置き、次第に毒餌を置いていく工夫をすることで駆除をすることができ、ネズミの学習能力を逆手に取る方法を用います。

 

注意点としては、子供やペットなどが間違って食べないようにする必要があります。

 

屋根裏や床下に置く場合には大きな問題にはなりませんが、例えば台所や部屋などに置く場合には十分に注意をする必要があります。

 

置く場合にはネズミだけが食べれるような蓋つきの容器を使用するか、トラブルのない時間帯での使用、また、時間帯によっては撤去をしておくことも大切なことになります。

 

生け捕り方法となるネズミ駆除の場合には、カゴ式や粘着シートをネズミの通り道となる所に設置をして捕獲をする方法になります。

 

ここでの注意点は、ネズミに齧られないようにする必要があります。

 

特に粘着シートの場合には他の罠と違いネズミもむき出しの状態で着いており、ドブネズミなどの大型の場合には力も強いために十分に注意をする必要があります。

 

齧られた場合には必ず医療施設での診断をうけ処置することが大切なことになります。

 

 

 

ネズミ引越dx