女性の味方

ネズミ引越


ネズミ駆除業者は怖がり屋な女性の味方!

 

ネズミの駆除は、悩んでいる人からしたら、すごく深刻ですよね。

 

天井裏で明らかに走り回る音とか、一度気になってしまうと、怖くなってしまいます。

 

でも、ネズミの姿を直に見るのは、怖くありませんか?

 

私は昔から虫とかネズミが苦手です。

 

そのため、自分でやったほうが恐らくは安く済むのかもしれませんが、生理的な嫌悪感がどうしてもあったので、ネズミ駆除業者にお願いをしました。

 

やっぱり捕獲出来たところで、それを処分するのって、自分じゃないですか?

 

死んでいるネズミを見るのも嫌だし、万が一、生きていたら、触るのは無理!

 

ゴミ袋に捨てればいいのかもしれませんが、生きているネズミをゴミ袋にいれるのは、なんだか出てきそうで怖いな・・・って思ったり。

 

そう思うと、自分では処分できないのではないかと思って、結局はネズミ駆除業者を頼りました。

 

自分でネズミを処分できる人は良いですが、私のように嫌悪感がある人は、ネズミ駆除業者に頼らないと、処分が出来ません!

 

罠をしかけるくらいだったら、楽ですが、やっぱり捕獲後の処理は、勇気が要ると思います。

 

ネズミが怖いって言う女性は多いと思いますので、やっぱりネズミ駆除業者さんが一番楽だなって思います。

 

クマネズミがスーパーラットに

 

近年、殺鼠剤に対して抵抗力を持っているネズミが増えています。

 

このようなネズミをスーパーラットと呼んでいます。

 

このスーパーラットは、クマネズミが毒に対しての抗体を持っているものです。

 

スーパーラットになると、毒を口にしようとしない、という特性まであるのです。

 

こうしたスーパーラットに対しても効果の高いとされているリン化亜鉛の含まれている殺鼠剤になります。

 

ただし、非常にきつい薬剤ですので、子供やペットのいる場合には使用しないようにしてください。

 

スーパーラットと呼ばれているネズミは交配を繰り返す中でどんどん毒に対して強くなっていきます。

 

運動能力も非常に高くなりますので、時間をかけて退治をしていうことが大切になるのです。

 

できるだけ早い段階で業者に依頼するようにしたり、対応をすることが重要なのです。

 

また、ネズミを駆除できたとしても、死骸を自分で処理するというのは大変です。

 

さらにネズミの死骸には色々な菌がついていますので、衛生面からみても決して良いものではないでしょう。

 

とはいっても駆除しないというのも問題がさらに大きくなるだけですので、やはり専門業者に駆除を依頼するというのが一番です。

 

専門業者であれば、駆除も効率よく行ってもらえるはずです。

 

 

ネズミ捕りの種類

 

ネズミ捕りというのはどのような種類があるのでしょうか。

 

ネズミ捕りカゴ、バネといったものを使用したネズミ捕りは一般的ですが、それらを使用して駆除するのがおすすめです。

 

このネズミを捕獲する道具としては、バネタイプのものがあります。

 

バネ式のものやカゴとうのは、費用面を抑えることができるので手軽に実践することができます。

 

ただし、このバネ式のネズミ捕りというのは手軽に設置すりことができ、バネが強力なので挟まれたネズミは間違いなく死にます。

 

その一方で強力なバネによって死んだネズミというのは、見た目的に非常に気持ち悪いものです。

 

また、ペットや小さなお子さんのいる家庭においては、このバネ式というのは危険が大きいのでおすすめできません。

 

 

カゴタイプのものは、普段の生活の中で比較的簡単にネズミを捕獲することができますし、バネ式のもののように死骸を片付ける必要はありません。

 

ただし、生きたままのネズミを処理しなければなりません。

 

そしてくまネズミのように頭の良いネズミはなかなか捕獲することができません。

 

このように駆除方法にはメリット・デメリットがありますので、それらを考慮したうえでどの方法を選択するのかを選ぶようにしてみてください。

 

 

 

ネズミ引越dx