ネズミ駆除薬

ネズミ引越


ネズミ駆除薬を使うのに良い時期

 

ネズミ駆除薬を使うには良い時期があるって知っていますか?
ネズミの食欲が最も増すのは、秋から冬と言われていますので、ネズミ駆除薬を仕掛けるのであれば、そのタイミングが良いそうです。
ただし、ネズミ駆除薬を使う場合に、問題になってくるのが「死体を誰が片付けるか?」ということです!
女性は多分、死んだネズミを見て、息が止まる人が多いと思います!
ゴキブリだって嫌ですが、ネズミの死体って、それ以上に気持ちが悪い!
特に大きなネズミの場合、やっぱり死体が転がっていると、気持ちが悪くて触れないです!
上手くネズミを殺せても、その死体を処理しないと、大変なことになります。
結局、ネズミ駆除薬を使う最大のデメリットは、ネズミの死体を処理するのが気持ちが悪い事だと思います。
ネズミの死体の処理は、女性だけではなく、男性だって嫌がることも多いです。
特にクマネズミのように大きな個体は、死体もそれだけ重いので、ずっしりとした重みが、また精神的に苦痛になります。
ネズミの死体の処理が怖い人は、やはり業者さんに頼んだほうが良いです。
ネズミ駆除薬を使うこと自体は簡単ですが、ネズミの処理が精神的にきつすぎます!
ネズミ嫌いな人は、特に業者の方がおススメです。

 

ネズミ駆除薬を簡単に食べてくれない

ネズミ駆除薬を使えば、簡単にネズミが駆除できると思っている人がいます。
でも、ネズミって、実はすごく頭が良いんです!
ネズミ駆除薬を簡単に食べてくれないで、なかなか駆除できないケースが多いんです。
そのため、ネズミ駆除薬を使っても反応が悪い場合は、他のネズミ駆除の方法を考えないといけません。
ネズミ駆除薬は、ネズミの通り道に置いたり、屋根裏に使うことが多いです。
でも、そのまま食べられないで効果がないことも多いので、ダメだった場合には、次の方法を試しましょう。
おまけに、ネズミ駆除薬を食べてくれたとしても、ネズミの死体が出てしまうので、後処理が気持ち悪いと、人によっては抵抗感があります。
ネズミ駆除の難しいところは、やっぱり死んだ後のネズミを触れないっていう人が多い事ですね。
ネズミは病原菌の塊なので、あまり触りたくないと言う人が多いのも最もです。
ネズミの死体を処理する時には、素手ではなく、ゴム手袋などを使って、きちんと処理をするようにしましょう。
死んだネズミを素手で処理することは、あまりにも不衛生です!
どんな病気を持っているのかわかりませんので、やっぱり処理をする時には、素手で触らないように気を付けましょう!

 

 

 

ネズミ駆除薬を猫が直接食べてしまった場合

猫を飼っている家の場合、ネズミ駆除薬を使うことは控えましょう。
ネズミ駆除薬を猫が直接食べてしまった場合、猫が食べた量によっては、死んでしまう可能性が出てきます。
ネズミ駆除薬を食べたネズミの死体を食べても、猫が死ぬことはないけど、ネズミ駆除薬を猫が誤食すると大変危険です。
そのため、猫がいる家では、ネズミ駆除薬を使わない駆除方法を考えることが重要です。
ネズミを駆除しようと思ったのに、自分の愛猫が間違ってしまう可能性があるなんて、辛すぎます。
エサタイプのネズミ駆除薬は、それだけ猫にとっても有害なものですので、家に持ち込まない方が安全です。
ただ、猫のいる家は、基本的には、あんまりネズミが出にくいとも言われていますね。
ネズミの天敵である猫が家にいると、それだけネズミも住みにくいのかもしれません。
しかし、世の中には、ネズミが飼い猫に噛みついたなんてケースもあるようですので、ペットへの被害が及ぶ前に、しっかりとネズミを駆除したいですね。
また、猫だけではなく、ネズミは赤ちゃんをかじったりすることもあるようなので、赤ちゃんがいる家も、ネズミには注意をしないと危険です。
子供が生まれる前に、ネズミの駆除をしておく方が安心です。

 

ネズミ駆除は『死体の処理』がネック

ネズミ駆除薬でネズミが死んだ場合、大きな問題が出てきます。
それは『死体の処理』です。
ネズミの死体を見たことがある人はわかると思いますが、まあ、とにかく気持ちが悪い!
生きているネズミも、かなりビビりますが、死んだネズミもやっぱり嫌なものです。
特に女性は、ネズミが得意っていう人は少ないと思います。
ゴキブリよりは、見た目がまだ可愛らしいですが、やっぱり死体となると、触りたくないものです。
自分でネズミ駆除薬を使って駆除する場合、どうしても死体の処理がセットになりますので、これが業者さんにネズミ駆除を頼んだ時との大きな違いになると思います。
業者さんの場合は、業者さんが死体を処理してくれたり、生け捕ったネズミを処分してくれるので、精神的な負担が少なく済みます。
自分でネズミをちゃんと処分できる自信がない人は、出来るだけ業者さんに頼んだほうが安心です。
多少お金はかかりますが、自分で何匹ものネズミを処理する精神的な苦痛を考えれば、やっぱり業者さんに頼んだほうが良い場合もあります。
また、業者の場合、侵入口なども特定してくれて、予防対策をしてますので、ネズミの根本的な駆除をしたい時には、力を借りた方が安心ですね。

 

 

ネズミ=不潔な印象

ネズミの死体って、正直私はゴキブリよりも無理!
だって、大きさが全然違うじゃないです!
ゴキブリだったら、別に踏みつぶしても何とも思いませんが、ネズミの場合は、生け捕りにしてしまった場合、可愛そうですし。
ネズミ=不潔な印象があるので、ネズミの死体を触りたくないと思ってしまいます。
ネズミ駆除薬ってよく市販でも売っていますが、やっぱりネズミの死体が出ることを考えると、安易に使いたくないと思ってしまいます。
ネズミ駆除薬でネズミを殺すことが出来ても、死体を処理したくありません!
ネズミは昔、ぺストの運び屋としても有名でしたので、体中に変な菌をもっています。
そのため、ネズミの死体を触ると、変な病気に感染してしまわないか、心配になってしまう人もいますよね。
基本的に、ネズミの死体は、絶対に素手で触らないことが大事だと思います。
ネズミ駆除薬を使うのであれば、しっかりネズミの死体を駆除する覚悟を決めましょう。
そして、駆除したネズミは、出来るだけ手袋などをして処理するようにしましょう。
生ごみと一緒に捨ててOKです。
かなり気持ちが悪いので、捨てる時には、ごみ袋に入れて、更に新聞紙などでくるんでおいた方が、目に付かないで良いと思います。

 

 

蓄積毒の効果があるネズミ駆除の『ワルファリン』

ワルファリンはネズミ駆除ではよく使われる毒薬で、クマリンと同様に、蓄積毒の効果があります。
ワルファリンには血液凝固を阻害する効果があります。
通常、動物は出血すると、時間と共に血が固まり、止血するようになっています。
ところが、ワルファリンは、血液を凝固させない作用があるため、いつまで経っても止血ができないという状態にしてしまいます。
一度出血を起こせば、必ず死に至ることになるので、ワルファリンはネズミ駆除ではクマリン同様によく使用されます。
基本的に、ワルファリンやクマリンは、一度の少量の誤飲だけで、人間やペットが即死するほどの強い毒性はありません。
そのため、少量を間違って飲んでしまったくらいでは、それほど健康被害を心配することはありません。
誤飲が最も怖いのは、やはりリン化亜鉛系の殺鼠剤です。
リン化亜鉛系の殺鼠剤は、人間やペットが間違って飲んでしまうと、誤飲量が多い場合など、体長が悪くなる可能性があります。
特にペットの場合は、誤飲量によっては、死に至る可能性もありますので、注意をしてあげる必要があります。
誤飲が怖い人の場合は、リン化亜鉛系の殺鼠剤は自宅に置かないようにした方が安全だと思います。

 

火事を起こす前にねずみ駆除!

ワルファリンやクマリンを使った蓄積毒によるネズミ駆除は、スーパーラットには効果がないことで有名です。
ワルファリンもクマリンも効果がないネズミの場合は、『リン化亜鉛』を使ったネズミ駆除を検討しましょう。
ネズミは、特に冬場になると、家の中に入ってくると言われています。
ネズミは寒さに弱いので、外にいるネズミはそのまま死んでしまうことが多いようです。
また、ネズミはヘビとかクマのように、冬場に冬眠することがありませんので、行動が大人しくなるものの、活動をし続けています。
秋から冬にかけては、ネズミが非常に食欲が出る時期なので、毒餌をしかけるのにも良い時期です。
ネズミは放っておくと、そのうち火事の原因になってしまうこともありますので、気を付けないといけません。
火事になってしまうと、周りにも大きな損害を与えることになってしまい、事が大きくなりすぎてしまいます。
火事を起こすくらいだったら、やはり多少の料金を払っても、ネズミ駆除をしておく方が賢明です。
火事による被害は、財産を全て燃やし尽くします。
火事を起こしてから後悔するのではなく、やはり被害が少ないうちに、ちゃんとネズミ駆除をして、予防するのが一番です。

 

 

子ネズミが生まれる前に駆除したい!

クマリンやワルファリンを使ったネズミ駆除は、一般的なネズミにとっては有効です。
しかし、『スーパーラット』になると話は別です!
スーパーラットにはクマリンやワルファリンは効果がありませんので、より毒性の強いリン化亜鉛系の殺鼠剤でないと、殺すことができないのです。
スーパーラットの駆除については、プロの専門業者であっても、苦戦しているケースが多いので、素人では手に負えない可能性もあります。
普通のネズミであれば、自分でネズミ駆除をするのも良いですが、スーパーラットになってしまうと、そう簡単にはいきません。
スーパーラットの駆除で悩んでいる場合は、すぐに専門業者を呼んで、対応してもらったほうが安心です。
スーパーラットは1匹でも面倒ですが、子供が増えて繁殖してしまうと、大変なことになってしまいます。
やはり子ネズミが出てくる前に、スーパーラットを駆除した方が安心です。
子ネズミは生後2、3カ月で繁殖できるようになってしまうので、ネズミ駆除を数か月も放置しておくのは大変危険なことです。
ネズミを見つけたら、子ネズミが生まれて爆発的に増えてしまう前に、ちゃんとした専門業者に依頼をしてネズミ駆除をするのが一番効果的です。

 

 

飲食店のネズミ駆除は死活問題!

クマリンやワルファリンを使っても、なかなかネズミ駆除が上手くいかない!
そんなネズミ駆除が上手くいかない場合、もしかしたらあなたの相手にしているネズミは、『スーパーラット』の可能性が出てきます。
スーパーラットとは、クマリンやワルファリンなどの抗凝固作用のある毒が効かない種類のネズミであり、リン化亜鉛のような強い毒性のものを使わないと、なかなかネズミ駆除できないケースが多いのです。
普通のネズミとスーパーラットでは、やはりネズミ駆除の大変さが違ってきます。
通常のネズミであれば、セルフで駆除することも良いですが、スーパーラットとなると、駆除は難しいです。
そのため、スーパーラットが家にいる場合は、出来るだけ専門業者に依頼をしたほうがおすすめです。
また、飲食店でのネズミ駆除も、専門業者を呼んだ方がおすすめです。
やはり飲食店の場合は、ネズミが出て食中毒も発生すると、保健所から行政処分を受ける可能性が出てきますので、かなり慎重にならないといけません。
食中毒が出てしまったお店は、いくらお店が再開できたとしても、悪評が消えないで、客足が途絶えるようになってしまいがちです。
お店の死活問題に関わりますので気を付けましょう。

 

 

ネズミ駆除グッズによく使用されている成分とは?

市販のネズミ駆除グッズによく使用されている成分は、「ワルファリン」や「クマリン」です。
ワルファリンやクマリンを食べ続けさせることによって、内出血による死を引き起こしてネズミ駆除をします。
ただし、ネズミの中には、ワルファリンやクマリンが効かないものもいますので、そういう場合は、より毒性の強い殺鼠剤を使わないと、駆除が出来ない可能性高くなります。
ワルファリンやクマリンよりも毒性が強い薬と言えば、やはりリン化亜鉛が有名です。
ただし、リン化亜鉛は、ペットや子供が誤飲すると、大変な劇薬なので、健康被害を引き起こす可能性があります。
子供やペットが誤飲してしまうのは避けたいものなので、やはり自宅でリン化亜鉛系の殺鼠剤は置かないようにするのが一番です。
もしも物置などがあるのであれば、普段は物置などを保管場所に選んでおく方が安心です。
やはり自宅内に毒を置いておくのが一番心配です。
もしくは、自分でリン化亜鉛系の殺鼠剤は買わないで、専門業者にお任せをしてしまうのが安心です。
専門業者に誤飲の心配を伝えておけば、ネズミ駆除の他の方法も考えてくれるので、よく相談することをおススメします。
自分一人でリン化亜鉛系の殺鼠剤を使ってネズミ駆除するよりも、ずっと安心です。

 

ネズミ引越dx


ネズミ駆除薬を使うのに良い時期記事一覧

ネズミ駆除と業者と口コミネズミ駆除の業者を利用する前に、口コミを見てみると良いです。ネットの世界は相手が見えないので、口...

ネズミ駆除グッズを自作するならネズミは一軒家やアパートだけでなく、マンションにも住み着く繁殖能力の高い生き物です。そんな...

ネズミ駆除と時期夜眠ろうとしたら、妙な音が聞こえたり、食料に小さな歯型がついていたりしたのであれば、それはネズミによる被...

ネズミ駆除とダニネズミの害というと昔の話と思いがちですが、今でもネズミは生息しています。それが都心部や新築の家でも例外で...

ネズミ駆除と自力ネズミ駆除を自力で行う際に最も重要なのは、長く続けられる根気です。というのも、まずはネズミの種類を確認し...