ネズミ駆除業者とクマネズミ

ネズミ引越


ネズミ駆除業者とクマネズミ

 

現在、日本におけるネズミ被害の大半はクマネズミが原因となっています。

 

湿気が多く、地下街などを生活の場としてきたドブネズミが住居を奪われるようになっています。

 

どんどん繁華街に進出し、頻繁に見られるようになっているのです。

 

また、警戒心が極めて強く、駆除を行っている場合でも毒エサを食べてくれないこともあります。

 

さらに毒エサに耐性を持っている可能性もあるのです。

 

このようなネズミをスーパーラットといいます。

 

ただでさせ、毒エサをなかなか食べてくれないにも関わらず、スーパーラットになるとますます食べてくれません。

 

 

スーパーラットになると、業者であっても駆除が困難になってしまいますので十分に注意しなければなりません。

 

被害が多いドブネズミ、クマネズミは年に5回以上も繁殖をするといわれています。

 

さらに、高層ビルなどのように年中室内の温度が一定になっている場合には、ネズミも暮らしやすく尚且つ繁殖しやすくなっているので早急にネズミ駆除業者に依頼しなければ大問題になります。

 

ネズミを一匹でも発見したのであれば、すでに数えきれいないほどのネズミが潜伏している可能性がありますので、自分で駆除をしようとなんて思っていてはなかなか駆除することができないので注意をしてください。

 

ネズミ駆除低周波

 

ネズミは最近では公共機関のネズミ駆除が効果をなしているのか随分すくなくなりましたが、一度発生して家に住みつくと様々な問題を起こします。

 

まず健康問題では、その糞のからくる衛生面での問題で赤ちゃんや高齢者への健康被害があります。

 

そして住居への影響として、ネズミが柱をかじるなど家の根幹になる部分を破損させて家の老朽化に拍車をかけることもあります。

 

 

ですのでネズミ駆除は、ネズミは少ない頭数でもふえるので徹底した行うべきです。

 

 

一般的に駆除では毒餌であるホウ酸系や粘着性のある器材で捕獲することもありますが、

 

餌は誤って子供が飲み込んだりまた粘着性のものは踏んで被害を受けたりしますので安全性に問題があり、

 

また毒餌で駆除しても死がいが家の中にあると害虫の発生を促して衛生面でよくありません。

 

 

 

そこでもっとも駆除法として推奨したのは、低周波を使ったものです。この低周波は、ネズミが嫌がるネズミが聞こえる周波で人間には全く害がなく、聞こえません。

 

そしてこれを聞いたネズミは、家のそとにでるので家のなかにいることがないため糞もたまらず、周波では死なないので死がいが残ることもなくネズミ駆除ができます。

 

家のそとにでてしまえば、公共機関のネズミ駆除に掛かるので問題なく解決します。

 

 

 

 

 

ネズミ駆除と資格

 

ネズミ駆除に関わる資格として、「防除作業監督者」というのがあります。

 

これは、建物内でのネズミや虫などの防除作業を監督するために必須の知識やスキルを持っていることを証明する物です。

 

取得するには講習を受けなければなりませんが、受講するには「高卒以上で2年以上の実務経験があること」などの要件を満たす必要があります。

 

講習では、「建築物環境衛生制度」「作業と安全管理」などについて、五日間かけて学んだ後、実技や試験が行われます。

 

とはいえ、さほど難しくはなく、最近の合格率はほぼ100%です。

 

ただし、日程は地域によって違うので、詳細は実施団体に確認したほうがよいでしょう。

 

また、受講地も限られており、東京・大阪・愛知・福岡・沖縄の5箇所のみです。

 

願書の受付期間は、受講日のおよそ1ヵ月半前からで、定員は100人です。

 

受講料は、6万5,000円です。

 

合格が発表される日は、実施団体に確認してください。

 

そして、合格した後も更新が必要です。

 

新しい知識やスキルを得るための講習を、6年に1回受けなければなりません。

 

ただし、受けなくても罰則を科されたりはしません。

 

また、再講習という制度もあります。

 

その場合、講習の内容は新規より短めになっています。

ネズミ引越dx