ネズミ駆除 高周波


ネズミ引越


>

ネズミ駆除が高周波でできる!?

 

ネズミ駆除グッズでよくある粘着シートや毒餌は、意外と手間がかかって大変みたいです。

 

例えば、粘着シートだとそこにかかったネズミを、自分の手で水没させて殺さなければいけず、毒餌だとそれを食べて死んだネズミの死体を、腐る前に自分で探して処理しなければいけないそうです。

 

そのため、仕事や家事などで忙しい家主にとっては、ネズミ駆除作業はかなり負担となっていたみたいです。

 

しかし、最近では家主にそうした負担がかからないネズミ駆除方法もあります。それは、高周波を使った方法。

 

つまり、粘着シートや毒餌のような物理的な方向性ではなく、音でネズミを攻撃するんです。

 

なんでも、苦手な周波の音に晒されると、ネズミは神経や聴覚に多大なダメージを負うため、家に居座れなくなってしまうみたいです。

 

ちなみに、ネズミが苦手とする周波は、人間の耳では感知できない高さとなっているため、家主側になんら負担がかかることはないそうです。

 

つまり、ネズミを殺すのではなく、あくまで追い出すという形で、高周波はネズミ駆除をしてくれるため、手間が少なくて済むんですね。

 

そのため、高周波を利用するタイプのネズミ駆除グッズは、最近だと粘着シートや毒餌と並ぶくらい人気だそうです。

 

100均でネズミ駆除グッズが売っている!?

 

ネズミ駆除グッズは、高いお金を払ってホームセンターで購入するしか無いと思っていましたが、実は100均にも売っているそうです。

 

具体的には、ダイソーで粘着シートを売っているのだとか。100均ですから個人的にはそこまで期待していませんでしたが、使い方さえ守ればそれなりに効果は期待できるみたいです。

 

そこで、ダイソーの粘着シートを調べてみたところ、「ブック式粘着捕獲シートねずみとり」という商品名で売られていました。

 

ブック式と言われて最初は想像できませんでしたが、本みたいに折りたたまれて2分割すると狭い場所でも使えるタイプの粘着シートでした。

 

ただ、分割しないと結構広い範囲までカバーできるため、スペースに余裕がある場合は、分割せずにそのまま使った方が成功率は高いみたいです。

 

しかし、成人の雄ネズミだと、ダイソーの粘着シートから自力で脱出するパワフルなのもいるそうです。そこで、保険として粘着シートの上に毒餌を置いておく手があります。

 

これなら、毒餌に気を取られて粘着シートに完全に引っかかってくれたり、万一脱出しても持ち帰った毒餌で自滅してくれたりするからです。

 

ただし、せっかくの粘着シートもネズミが通らなければ意味が無いため、設置前は入念のネズミの通路を特定すべきとのことでした。

 

 

ネズミ駆除は害獣駆除業者に頼むのが安全!

 

ネズミ駆除は自力でやった方が安上がりと考える人も、多いと思います。実際、市販のネズミ駆除グッズは、業者に頼むのに比べると、かなりお手頃価格ですから。

 

しかし、実際に安上がりとなるのは、市販のネズミ駆除グッズが功を奏して完全にネズミを駆除できた場合に限ります。

 

具体的には、ネズミはとても繁殖力が強い動物のため、1匹残らず駆除する必要があるところ、素人が市販のネズミ駆除グッズでそこまで行うのは難しいみたいです。

 

そのため、一時的にネズミが減って被害が落ち着いても、暫くすると繁殖によって再びネズミが増えるため被害もぶり返すのだとか。

 

確かに、その度に駆除グッズを買って、というのを繰り返すと、トータル的には業者に頼むよりもお金がかかることになりますね。

 

そのため、ネズミ駆除はやはり、害獣駆除業者に頼むのが一番で、しかもその決断はなるべくすぐ下すべきとのことでした。

 

なぜなら、害獣駆除業者もすぐ駆除策を講じてくれる訳ではなく、確実に駆除効果を出せるよう、入念にネズミの種類や被害状況、餌場、住処などをまずはチェックするのですが、その中でも刻々とネズミの被害は広がっているからです。

 

となると、ネズミ駆除は基本害獣駆除業者に、と思っていた方が良さそうですね。

 

ネズミ引越dx