ネズミと食べ物被害

ネズミ引越


ネズミ駆除業者と食べ物被害

 

キッチンに食べ物を放置したままにしていると、何でも食べられてしまうものです。

 

ネズミが食べられないものというのはないのではないかと思うくらいに何でも食べるのです。

 

お米や小麦粉といったものをプラスチックケースに入れていたにも関わらず、歯で貫通してそのまま食べられてしまった…

 

そのような方も少なくないようです。

 

それだけ強い歯を持っているということになります。

 

また、インスタントラーメンをエサにすることもあります。

 

インスタントラーメンの場合には、そのまま中身を食べて袋の中に巣を作ってしまうネズミもいるのです。

 

さらに、食べ物だけでなく、ネズミが身体に直接危害を加えることもあります。

 

寝ている間に足や指を噛じられてしまった…

 

そのような方も少なくないのです。

 

乳幼児、寝たきりの老人はネズミに噛じられてしまうことが多いのです。

 

ネズミを見かけるようになって身体が妙に痒くなってしまった…

 

それはネズミを媒介して室内に発生したイエダニが原因となっています。

 

家の中に目に見えないくらいに小さなダニが無数にいるというのは気持ちが悪いものです。

 

そのような身体への被害が出るとさらに酷い症状に悪化することがあるので、ネズミ駆除業者に駆除をしてもらうようにしましょう。

ネズミ捕りで家族を守ろう!

 

ディズニーランドのミッキーマウスが可愛いけど、実際のネズミは害になることが多いです。

 

中でも深刻なのは、やっぱり老人などの免疫力が低い人への被害ではないでしょうか?

 

ネズミは家の中に住んでいるだけであれば、大した問題はありません。

 

しかし、人間に噛み付いて被害を及ぼすからこそ、問題が大きいのです。

 

ネズミ捕りを使って自分で捕獲をしようとしても、なかなか捕まえられないことも多いです。

 

そして、ネズミは、ゴキブリ並に繁殖力が強いため、一匹を見つけたら、すごい数のネズミが住み着いている可能性があります。

 

これがネズミの被害がなかなか減らない原因ですよね。

 

やっぱり子供をどんどんと産むので、次々とネズミ捕りをしないと、家の中がネズミだらけになってしまいます。

 

そしてネズミは、意外にも頭が良く、勉強する動物なので、一回ネズミ捕りに遭った場所は通らないなど、知恵を使います。

 

イタチごっこならぬ、ネズミごっこの始まります。

 

こうなってしまうと、一般人が一人で駆除するのは大変難しくなってしまいますので、やっぱり業者さんを呼んで、一網打尽にしたほうが間違いがありません。

 

少しでもネズミを残しておけば、繁殖してまた増えてしまうだけです。

 

 

ネズミ駆除の方法と価格について

 

ネズミは、古来、人間生活に深く密着した動物ですが、生活する場所に出没をするなど、時として保存してある食べ物に被害を及ぼしたり、また、場合によっては重篤となる病原菌の媒体としても知られています。

 

ネズミと人間との関わりに関しては長い歴史があり、例えば、登呂遺跡から発掘された高床式倉庫ではネズミ返しが設けられています。

 

また、ネズミ駆除ではネコが飼われて行われていたことも広知られており、現在では、それに代わり多くの道具が使用されています。

 

ネズミ駆除で行われる方法としては、罠を用いた方法、殺鼠剤を用いた方法があり、寄せ付かせない場合などでは超音波を活用したり、通り道にネズミが歩けない物を設置するなどの方法が取られています。

 

 

価格に関しては、自分で行う場合には、バネ式罠では500~1,000円、

 

カゴ式罠では1,000~5,000円程度で購入をすることができ、粘着シートを利用する場合には1シート当たり、概ね、100~500円程度となっています。

 

 

殺鼠剤に関しては1回使用分の金額として500~2,000円程度となり、それぞれの企業によっても価格が異なってきます。

 

ネズミ駆除は駆除業者に委託をして行う場合もあり、ここでの料金としては1戸建で12~20万円、アパートなどでは全住戸に行った場合では30万円前後が相場となっています。

 

但し、建物の規模や業者によっても金額が大きく変わることがあるために、依頼をする場合には事前に見積をとってから行うことが大切なことになります。

ネズミ引越dx