カビアレルギーと対策方法

ネズミ引越


カビアレルギーと対策方法

 

カビアレルギーというのはどのように対策すべきなのでしょうか。

 

カビアレルギーなのであれば、まずはカビを生活の中から少しでも除去する、ということが重要になります。

 

そこで第一に除湿を徹底しましょう。

 

カビというのは25度から30度の気温で、尚且つ湿度は60%から80%の間に最も元気よく増殖していきます。

 

湿気の多い場所というのはやはりカビが発生しやすいですからね。

 

どれだけ掃除をしていたとしてもカビを完全に消滅させる、ということはできません。

 

しかし、湿気というのは努力次第でなんとかすることができます。

 

お風呂から上がる時には温かいお湯ではなく冷たい水をかけてから出るようにしたり、換気をするというのも重要です。

 

そして除湿機を使用するというのもおすすめです。

 

除湿機を使用できない場所なのであれば普段は風の通らない場所に少しだけ風を通すというだけでも除湿をしっかりと行うことができます。

 

タンスの裏などというのは普段は風が通らないので、たまには風を通すよに心がけてみてください。

 

 

カビは風に非常に弱いですので、湿気が多い場所も風を通せば防カビ対策は可能なはずです。

 

そうすればカビアレルギーを予防する、といううえでも効果的ですので試してみてください。

 

 

夏型過敏性肺炎の原因とカビ

 

夏型過敏性肺炎を発症する方の多くは次のような症状に悩まされるようになります。

 

この夏型過敏性肺炎というのはカビの一種であるトリコスポロンを吸引してから6時間前後で咳やたん、頭痛のような症状が現れるようになります。

 

このような症状から、ただの夏風邪だと勘違いしてしまう方も多いようです。

 

毎年同じ時期になるとこのような症状に悩まされて、さらに慢性化してしまうこともあるようです。

 

症状が重度になってしまうと呼吸不全を引き起こして死に至ることもありますので、少しでも早く処置をする、ということが基本になります。

 

では、この夏型過敏性肺炎の治療法というのはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

最も有効な治療法は、やはり引越しをすることです。

 

カビが原因となっていますので、カビの発生しにくい家を探して転居することが重要です。

 

しかし、それは簡単ではないでしょう。

 

そこで、まずはカビの発生を最小限に抑えるようにしましょう。

 

台所やトイレのような水回りというのはカビが最も多く発生しやすくなります。

 

そのため、しっかりとこのようなカビの発生しやすいところをこまめに掃除するようにしましょう。

 

それだけでもカビの発生をかなり効果的に抑えることができますので、試してみてはどうでしょうか。

 

ネズミ駆除について

 

ネズミ駆除について研究会では様々な研究を行っています。ネズミの生態、習性、繁殖方法、放置しておくリスク、駆除対策、2次被害の防止などです。
ここでは主だったことについて簡単にまとめて説明していきます。

 

まずネズミの生態についてです。一口にネズミと言っても種類がたくさんあるのですが、大まかに三つあります。
大きい順にドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミです。これらは家の中やビル内、地下鉄などに多く生息しており、私たちもよく見かけるタイプです。
ドブネズミは湿気を好み、建物の低い位置に生息しています。クマネズミは乾燥を好み、建物の高い位置に生息、ハツカネズミは家の中の狭いところに生息し、繁殖力が非常に高いです。
いずれも共通して言えることは、雑食でなんでも齧る傾向にあるので、私たちの生活に悪影響を及ぼすことです。

 

次にネズミによる被害についてです。ネズミは前歯を適切な長さに保つため、なんでも齧ります。そのため、電気コードを齧って火災の原因になったり、備蓄している食料をかじったりします。
ネズミは少なからずばい菌を持っているのでそうした被害を放置するわけにいきません。

 

次に対策ですが、被害があったエリアを特定し、捕獲用粘着シートなどのトラップを用いて駆除し、ネズミが侵入する経路を塞ぐことです。部屋の中を清潔に保つことは言うまでもありません。

 

ネズミ駆除はそれほど難しくありませんので、火災などの原因となる被害が出る前に、ネズミ駆除を実行しましょう。

 

 

ネズミ引越dx