ねずみ駆除 おすすめ


ネズミ引越


おすすめのねずみ駆除方法とは?

 

ねずみは駆除したいけど、自分でねずみの死体を処理するのは嫌だ。そう感じる人は多いと思います。ねずみというだけでも嫌なのに、まして死体だなんて、という感じで。しかも、ただの死体ならまだ良いのですが、ひどければ腐っていたり、ウジが湧いて悪臭を放っていたりすることもあるみたいですから。

 

では、そうしたのが嫌な人達におすすめの、ねずみ駆除方法はないのでしょうか?個人的には、最早ねずみ駆除専門の業者さんに頼むしか無いようにも思えましたが、最近ではとあるねずみ駆除グッズを使えば良いそうです。そのねずみ駆除グッズとは、超音波器。

 

具体的には、ねずみが苦手とする周波の超音波を発する機械だそうです。超音波なんて本当に効くのは、俄かにはちょっと信じがたいですが、実際ねずみは家主が追い出すまでもなく、自分で家から出て行ってくれるみたいです。なんでも、苦手な周波の超音波を当てられると、ねずみは聴覚や神経を多大に刺激されるとかで。

 

そのため、ねずみの死体を出すことなくねずみ駆除をしたい場合は、ねずみ駆除用の超音波器を使うのが確実とのことでした。ただし、ねずみの経路によっては、設置場所や設置向きを工夫する必要があるため、コンセント式ではなく電池式のものを選んだ方が良いそうです。

 

 

効果的なねずみ駆除の方法とは?

 

効果的なねずみ駆除の方法に、毒餌があります。
特にエンドックスのようなクマリン系の蓄積毒で殺すねずみ駆除方法が効果的です。
クマリン系は殺鼠剤ではよくあるタイプです。
クマリンの他には、ダンクローデンで有名なリン化亜鉛なんかもあります。

 

毒性だけで言うのであれば、クマリンよりも圧倒的にリン化亜鉛が上です。
クマリンは遅効性で、1週間くらいで効果があると言われています。
そして、ダンクローデンのリン化亜鉛は、6時間~24時間で効果出ますので、即効性があります。
リン化亜鉛の方が、ねずみがよく食べてくれるというメリットがありますが、効果が出るまでは、かなり時間がかかりますので、すぐに退治したい人は、リン化亜鉛系の殺鼠剤をおススメします。
養鶏所など、ねずみが大量発生しやすい場所では、リン化亜鉛のダンクローデンを使用した駆除方法がよく使用されています。
やはり大量に増えている場合は、一気に処理できるダンクローデンの方が、効率的なんでしょうね。

 

エンドックスも良いですが、やっぱりねずみの数によっても、最適な殺鼠剤は変わってくると思います。
家庭では、ダンクローデンだと、誤飲すると人間も死ぬ可能性がありますので、あんまり置いておかない方が良いですね。

 

 

超音波を使ったねずみ駆除は賛否両論

 

超音波を使ったねずみ駆除は、素人でも挑戦しやすいのですが、効果的かというと、難しいところです。
超音波を使ったねずみ駆除は、効果的だと感じる人もいれば、感じない人もいますので、評価が賛否両論です!
やはりねずみに確実に効果があるのは、リン化亜鉛のダンクローデン、クマリン系のエンドックスなどの殺鼠剤ですね。

 

ただ、スーパーラットの場合は、クマリン系の殺鼠剤では死なないので、ダンクローデンのような猛毒を使う必要があります。
ただ、リン化亜鉛系の殺鼠剤は、あんまりにも毒の効果が危険すぎて、ペットや子供の誤飲が怖い!
そのため、自宅に保管しておくには、あんまりにも不安すぎます!

 

もしもダンクローデンを使うのであれば、自宅に危険性を把握している大人ばかりの時の方が良いですね。
赤ちゃんとか、痴ほう症の老人とか、ペットがいるような家でダンクローデンを保管していると、万が一誤飲した時に、大変なことになってしまいます!
ダンクローデンはクマリン系とは違い、死亡する可能性があります。

 

そのため、体の小さな赤ちゃんやペットが飲まないように気を付けましょう。
また、痴ほう症の老人も、間違って飲んでしまうと、大変なので、自宅保管はあんまりおすすめできません。

 

ねずみ駆除で使う毒餌のメリットとデメリット

 

ねずみ駆除ではよく毒餌を使うと効果的だと言われています。
確かに毒餌はねずみ駆除のためには非常に有効なのですが、ペットや小さな赤ちゃんがいる家では、使用する場合に危険が付きまとうために注意が必要になります。
赤ちゃんがいる家は、やっぱり誤食が一番心配です!

 

特に寝たきり状態の赤ちゃんよりも、ちょっとハイハイなどをして、少し動けるくらいになった赤ちゃんの方が、誤食の可能性が高いです。
赤ちゃんは床に落ちているものなんかを口に入れる癖がありますので、ねずみ駆除用の毒餌なんてあったら、本当に危険です!

 

クマリン系の殺鼠剤は、それほど1回の誤食で死亡事故につながるほどの致死率ではありませんが、やはり場合によっては肝機能障害などの健康被害が出る可能性はあります。
また、ダンクローデンのような即効性のある猛毒の場合は、赤ちゃんが死に至る可能性がありますので、誤食をしないように気を付ける必要があります。
ダンクローデンだけではなく、リン化亜鉛と呼ばれる殺鼠剤は危険です。

 

赤ちゃんやペットが死ぬ可能性が高くなりますので、リン化亜鉛系の殺鼠剤を使う場合は、保管場所や毒餌の扱いには気を付ける必要があります。
小さな赤ちゃんやペットがいる家は気を付けましょう。

ネズミ引越dx