ハンタウイルス予防

ネズミ引越


ハンタウイルス予防にネズミ駆除業者

 

ネズミが運んでいる病気として最も危険なものがハンタウイルスです。

 

このハンタウイルスは、腎症候性出血熱のような治療することができない病気の原因となります。

 

感染をした場合には、拡大を防ぐために国に報告をしなければなりません。

 

腎症候性出血熱というのはこれまでに多くの死者をだしてきた病気になります。

 

致死率15%になることもあり、中国においては過去50年の間に4万人以上が亡くなっているのです。

 

日本においても大阪で100人以上が集団で感染して死者も出ているのです。

 

発症をすると、発熱、頭痛といった症状が出て、腎不全を発症すると人工透析をしなければならなくなることもあります。

 

また、ハンタウイルス肺症候群を発症することもあります。

 

このハンタウイルス肺症候群にはワクチンもなければ治療方法もありません。

 

解熱剤を投与するなど対症療法はあるのですが、それ以外に的確な治療法というのは存在しないのです。

 

初期症状は風邪に非常によく似ているのですが、アメリカやカナダにおいては感染者のうちの50%が亡くなっているとも言われているのです。

 

このようなネズミが媒介する病気というのは色々なものがありますので、ネズミが出たらネズミ駆除業者に駆除を依頼するようにしましょう。

 

 

ネズミ駆除スプレー

 

人間の生活圏の中には、人間に害を及ぼす害獣と呼ばれる生物が生息しています。

 

そうした中でも特に厄介なものの一つがネズミです。

 

ネズミは非常に繁殖力が強く、一度住み着いてしまうと駆除するのが中々容易でなくなります。

 

また、体が小さく、少しの隙間でも家屋内に侵入してくるため、駆除をしても再び侵入してくるという心配もあります。

 

家の中のネズミを追い出す方法として、ネズミ駆除用のスプレーを噴霧するという方法があります。

 

これはネズミの嫌がるハッカなどの臭いをスプレーで噴霧するもので、ネズミに向かって使用する他、ネズミが寄り付きそうな場所に予めスプレーしておくことでネズミを忌避する効果があるものです。

 

ネズミを殺してしまう様な成分は入っておらず、あくまで忌避するもののため、死骸を処理するといった手間がかからないのも良い点です。

 

しかし、ネズミによっては効果に差がある場合もあり、十分なネズミ駆除の効果を得られない場合も少なくありません。

 

また、多用するとネズミが順応してしまい、効果が薄れてしまうということもあります。

 

ネズミの侵入の予防として活用すると同時に、捕獲器など、他の駆除グッズを併用するのも有効な鳳凰です。

 

 

ネズミ駆除に最適な用品

 

被害が出てもそのすばしっこさや、身体の小ささによってなかなか上手く駆除ができなくて困るのがネズミ。

 

ネズミ講という言葉があるほど、繁殖力が高く、あっという間に数が増えてしまうため、ちょっとでも被害が確認できたら、いち早くネズミ駆除の対策を講じなければなりません。

 

そこで、ネズミ駆除において有用な用品を紹介します。まずは予防策として、金網・ネズミ返しを用いる方法です。通風口や配管、壁の隙間や穴などちょっとした隙間から侵入するネズミを、入口からシャットアウトしましょう。

 

次に、具体的な駆除に最適な用品です。まずは粘着シートです。

 

シートを用いるメリットとしては、回収・処分が楽で、かつ設置も簡単という点にあります。こまめにチェックし、罠にかかっていたら早めに処分しましょう。

 

次に殺鼠剤を用いた、毒のエサです。最初は通常のエサを与えておき、その場所で食事をとる習慣をつけさせたあと、毒のエサを使用し処分するという方法です。そして最後に忌避剤です。

 

ネズミの嫌がる超音波や匂い、そして振動などを発して追い払うという方法です。

 

この方法のメリットは、ネズミを処分したりする手間もかからずその姿を見ることなく追い払うことができるため、安全かつ衛生面でも良く、また精神衛生上でも好ましい方法と言えるでしょう。

 

 

ネズミ引越dx