ねずみ駆除のネック


ネズミ引越


毒餌を使っているのに、中々ねずみを駆除することができないという声が、ネット上には多数見られます。ねずみ駆除グッズと言えば毒餌、というイメージが世間では強く持たれていますが、実際のところ、そこまで効果が期待できないのでしょうか?

 

しかし、詳しく調べてみると、上手くねずみ駆除効果が挙げられないケースの大半は、使用する家主側に原因があると分かりました。つまり、毒餌を正しく使っていないんですね。なんでも、毒餌は漫然とねずみの通路となっていそうな部分に置いたところで、ねずみには全く見向きもされないのだとか。

 

では、どこに毒餌は設置すべきなのかと言うと…餌場となっている部分だそうです。しかも、そこに置いたところで、最初の内は中々食いつかないみたいです。なぜなら、ねずみはとても警戒心の強い生き物だからです。そのため、まずは毒の入っていない普通の餌を置いて、徐々に警戒心を解く必要があります。

 

となると、毒餌を設置できるまで、餌場を特定して、警戒心を徐々に解いて、と色々と手順が必要なんですね。そのため、毒餌はねずみ駆除グッズの中でも特にメジャーと言われている割に、素人が効果的に使いこなすのは難しいとのことでした。

 

ねずみ駆除の最大のネックとは?

 

ねずみ駆除の最大のネックは『捕まえたねずみの処理』だと思います。
ねずみ駆除は自分で行うことも可能ですが、『捕まえたねずみの処理』は、想像を絶するほどの精神的な苦痛があります!
だから多くの人は、自分でねずみ駆除をするのではなく、業者にねずみ駆除をお願いする人が多いのだと思います。
特に虫や動物が苦手だと言う人は、自分でねずみ駆除をしない方が賢明です。

 

ねずみホイホイやケージを使って、ねずみを確保できたとしても、ねずみが死んでおらず、瀕死の状態や元気に動き回っている状態でご対面・・・なんてことになります。
瀕死や生きたままのねずみとのご対面は、精神的にかなりショックが大きく、結局自分で処理が出来ないので、業者さんを呼んでしまったという人もいます。
やはり生きたままのねずみを殺すことは、良心が痛むため、できるだけ自分で手を下したくないっていう人が多いですね。

 

ねずみをそのまま叩き殺すっていう人もいますが、やっぱり水をはったバケツなどにねずみを入れて、水死させてしまう人が多いようです。
ねずみ駆除は、精神的に苦痛な部分が大きいので、自分で処分する自信がない人が、最初から業者さんにお任せにしてしまったほうが安心です。

 

 

生きているねずみの処分が難しいねずみ駆除

 

ねずみ駆除は業者さんに頼むべし。
自分でねずみ駆除をしようなんて、考えてはいけません!
なぜなら、ねずみ駆除は『生きているねずみの処分が難しいから』です。

 

自分でもねずみ駆除はできますが、生きたままねずみを捕まえてしまうと、多くの人は生きたねずみの処分に困ります!
死んでくれている方が、まだ何とか処分しやすいです。
ねずみホイホイだって、ねずみはしばらく罠にはまった後も生きており、必死に脱出しようと、手足がちぎれても激しくバタバタと抵抗し、キィキィと鳴き声を上げて苦しむ姿を見るのは、まさに地獄絵図です。
あれだけ憎んでいたねずみが、可愛そうに思えてしまい、ものすごく罪悪感を感じるようになってしまいます。

 

また、生きているねずみをケージで捕まえてしまった場合も、水に沈めて溺れ死にさせることが多いです。
そうしたねずみの命を奪う処理方法に抵抗がある人は、自分でねずみ駆除をしない方が良いと思います。

 

少しお金はかかりますが、専門のねずみ駆除業者にお願いをしたほうが、生きたねずみの処分で困ったりすることがないので、精神的に楽になります。
自分で生きたままのねずみを処分できるか、よく考えて、ねずみ駆除を自分で行うか、業者に依頼するか考えましょう。

 

 

ねずみの最期はかわいそう

 

ねずみがかわいそう…。
ねずみ駆除をする人の多くが、よく思うことです。
そうなんです、ねずみ駆除ってねずみを処分する時がかわいそうなんです。
ねずみ駆除で生け捕りをしてしまった場合、やはりどうやって殺処分をするかは大きな問題になってきます。
殺処分って、誰だって嫌な気持ちになりますよね。

 

一般家庭にいるねずみの多くは、クマねずみですので、結構体格も大きいです。
そして、つぶらな瞳で鳴かれてしまうと、すごく殺処分をするのが難しくなってしまいます。
やっぱり精神的な負担が大きいため、専門業者にお願いをしてしまった方が、楽になれます。

 

ねずみをどうしても自分で殺処分する場合は、昔から水に入れて処分するのが多いと言われています。
ねずみをいれた檻ごと、水を溜めた浴槽などに沈めて、水死させる方法です。
残酷な方法ですが、やはり一般家庭でねずみを殺処分するなら、水死させるのがマシです。

 

ネズミホイホイなどを使う場合も、すぐにねずみが死ぬわけではなく、やはり捕まってからしばらくは生きていることも多いです。
ねずみが息を引き取るまで見ているのは、非常に胸がいたくなるので、やはり自分でねずみ駆除をする場合には、そうしたことを覚悟しないといけません。

 

 

ネズミ引越dx