ねずみ駆除 道具


ネズミ引越


道具無しでできるねずみ駆除方法とは?

 

ねずみ駆除を素人が講じるとなると、意外と大変だそうです。なぜなら、毒餌はねずみの餌場に設置しなければまず食付きを期待できず、粘着シートはねずみの通路に置いておかなければ全然ねずみがかからず、超音波器は通路に向くよう置かなければ超音波がねずみに当たらず効果が半減してしまうからです。

 

つまり、設置する前に毒餌だとねずみの餌場を、粘着シートや超音波器だとねずみの通路を、入念に調べて特定しなければいけないんですね。そのため、ねずみの出没する場所が屋根裏だったり床下だったりすると、ねずみ駆除を講じる前段階で家主にかなり負担がかかることになります。

 

そこで、面倒な道具無しでできるねずみ駆除方法があります。それは、猫の鳴き声を大音量で流す、という方法です。なんでも、ねずみにとって猫は昔から天敵であるため、猫の鳴き声がすると本能的にその場所に居つかなくなるとかで。

 

つまり、猫の動画を適当にインターネットで落として音量大き目で流すだけで、ねずみを家から追い出すことができるんですね。かなり意外な方法ですが、毒餌等の道具と違って使用上の手間も無く、また、ねずみの死体も出ないことから、試している人は多いとのことでした。

 

都心で増えるねずみ被害

 

ねずみ駆除って、最近は都心ではすごく大きな問題になることが多いですね。
シカゴでは、増え過ぎたねずみ対策に、何と猫を利用した駆除を行っているようですね。
猫を飼うと、猫はマーキングで、家の中に匂いをつけるようになるので、マーキングが行われた部屋には、ねずみはなかなか現れなくなると言う効果があるそうです!

 

殺鼠剤やその他のねずみ駆除グッズが効果がなかったケースでも、猫を飼うことで、ねずみがかなり激減したそうです。
やはり猫はねずみの天敵ってことなんでしょうね。
長期的なねずみ駆除対策に、猫を飼うっていうのは、なかなか良いことのようです。

 

シカゴでねずみ駆除に使われた猫たちは、保護された猫たちで、動物愛護団体が所有しているようです。
猫たちも新しい事が出来て、社会で必要とされるのであれば良い事だと思います。
ただ、中には猫が苦手な人もいますから、やっぱり誰もが利用できる方法とは言いにくいのが難しいですね。

 

また、ねずみ駆除って、天井裏の場合、素人が自分一人でやろうとすると、難しい場合があります。
天井裏や壁のねずみ駆除の場合は、専門のねずみ駆除業者にやってもらったほうが安心です。
猫を飼えるならそれが一番のねずみ駆除対策かもしれませんが、それが出来ない人は、やっぱりプロの専門業者の方が役立つかもしれません。

 

 

集合住宅ではねずみ駆除も周りに気を遣う!

 

ねずみ駆除業者の力を借りたくなるのは、ねずみが天井裏や壁の中など、人間が入り込むのが難しい場所に出た場合です。
天井裏は、構造によっては、入り込める場合もありますが、壁の中などはほぼ無理なので、ねずみ駆除業者を呼ぶことになると思います。
特に壁の中のねずみ駆除が難しいのは、『集合住宅の場合』です。

 

一軒家だったら、壁の中に入っていても、自分の家だけの問題として片付けることが出来ます。
しかし、集合住宅の場合は、壁の向こうに隣人がいますので、自分が壁の中のねずみを駆除したいと思っても、壁の向こう側に住む隣人が嫌がれば、ご近所問題に発展してしまう可能性があるからです。
そのため、集合住宅でねずみ駆除をする場合は、基本的に独断で決めるのはNG!

 

部屋の中のねずみを駆除するだけだったら、隣人の意見は関係ありませんが、隣人と接しているいわゆる『共有部分』のねずみ駆除の場合は、自分一人の意見だけでは決めることができません。
まずは管理会社や建物のオーナーに相談をしてみましょう。

 

管理会社やオーナーに話をすれば、管理会社やオーナ―の方で、ねずみ駆除業者へ依頼してくれることもありますので、まずは様子を見てみましょう。

 

 

天井裏でねずみの大運動会!

 

天井裏のねずみの大運動会によって、ねずみ駆除を考え始める人は多いですね。
天井裏だと、寝ている時にすごく気になってしまいますので、寝不足になってしまうこともあります。

 

それだけに、天井裏で騒がしさが気になるようになってしまったら、ねずみ駆除業者さんに相談をしてみるのも良いと思います。
昔はねずみっていうと、田舎での被害が多いと言う印象がありましたが、最近は都会の方が、ねずみ被害は多いと言われていますね。

 

都会でのねずみ被害が多くなっている原因として、都会のごみ問題があります。
都会では多くの食品ロスが起きており、毎日大量の食品が破棄されています。

 

そうした食品ロスの恩恵を受けているのが、都会のねずみと言われています。
都会でねずみの問題が大きくなっているのは、日本だけではありません。
NYでも、ここ数年、ずっとねずみの被害が増えていると言われており、社会問題になっています。

 

ねずみは、病原菌を抱えているため、人間にとっても非常に有害です。
昔はペストの運び屋として、ねずみは非常に嫌われていました。
今でもねずみによるサルモネラ菌の食中毒被害などもありますので、飲食店などではねずみに警戒をしている人は多いですね。

 

ネズミ引越dx