ネズミの駆除業者

ネズミ引越


ネズミの駆除業者にも色々います

 

ネズミ駆除を業者に頼む場合は、色々と注意点があるそうですね。

 

もちろん、悪徳業者にも気を付けた方が良いですが、その点は、役所に業者を紹介してもらったり、大手の業者を探して頼んだりすれば、基本的に大丈夫みたいです。

 

では、頼む業者を選ぶ際には、どういった点に着目すれば良いのでしょうか?

 

それは、サービスの詳細な内容と、料金の算出方法です。

 

ネズミ駆除の方法にも色々あって、業者によってどの方法で駆除するかは、千差万別なんですね。

 

よく使われる方法としては、粘着シートや毒餌が挙げられるそうですが、どちらかしか使わない場合もあれば、併用する場合でもどれくらいの割合かは業者によってかなり異なるのだとか。

 

また、料金の算出方法も、家一軒単位で計算する方法と、駆除場所毎に計算する方法があるため、その点も注意した方が良いみたいです。

 

確かに、前者だと相場は10数万円、後者だと1ヶ所につき2~3万円程度だそうですから、天井裏とかだけなのに家単位で頼むと、かなり損失を被ることになりますからね。

 

ちなみに、ネズミの死骸は、放置しておくと腐ってウジが湧いたり悪臭を放ったりするので、ちゃんと死骸処理までしてくれる業者を選ぶのも大切とのことでした。

ネズミの被害が怖過ぎ!?

 

ネズミは放置しておくと、あっという間に増殖するそうですね。

 

なんでも、1年間でメスは50匹近く子供を産むのだとか。ネズミ1匹の力なんてたかが知れていますが、50匹が束になると考えると、放置しておくわけにはいきませんね。

 

しかし、実際のところ、ネズミの被害には、どういったものがあるのでしょうか?

 

個人的には、足音による騒音被害が思い浮かびますね。

 

ほら、天井裏にいると、その足音が天井を伝って住人の耳にも届くと言いますから。

 

後は、食糧を失敬されるとかでしょうか。しかし、調べてみると、他にもネズミの被害はたくさんあるとのことでした。

 

なんでも、食糧だけでなく、家具なども削られて、経済的損失を被るくらいならまだ良い方ですが、ひどければ電線やガス管まで齧られてしまうのだとか。

 

詳しく言うと、電線を齧られると停電したりショートして火事になったり、ガス管の場合はガス漏れによってガス爆発が起きたりするそうです。

 

ネズミの被害って、意外と怖いんですね。

 

家1軒がダメになりかねないということですから。今までは、たかがネズミだからちょっとくらい出没しても大丈夫だと思っていましたが、これからはなるべくネズミ被害に遭わないよう気を付けるようにします。

 

 

ねずみ駆除と駆除器

 

ねずみ駆除には様々な方法がありますが、その中でも効果的なのが駆除器を使う方法です。駆除器にはねずみの嫌いな超音波を発生させるものや、電磁波で撃退するものなどがあります。

 

駆除器は小型で簡単に入手することが可能です。種類も豊富なので色々なタイプを試してみることができます。

 

超音波を発生させるものに関しては、基本的に電子機器や人間には影響がありません。しかし小さな子供には超音波が聞こえてしまうことがありますので、使用する際には注意が必要です。

 

超音波は音なので、壁などの遮蔽物が多いと弱まってしまう性質があります。

 

そのような場合には、数カ所に設置することで超音波の強さを維持できます。ねずみが音に慣れてしまうのを防ぐため、ランダムに周波数が変わる製品もあります。そのような機能が付いていない場合の対策としては、不規則に置き場所を変更することが効果的です。

 

電磁波を発生させるタイプの製品は、小型のねずみなら殺傷する威力があります。また遮蔽物によって弱まることもありません。

 

これらの製品は家屋からねずみを追い出して、再び侵入してくるのを防止するのが目的です。ねずみの気配が消えたら侵入されないように出入り口を塞ぐことが大事です。

 

 

 

 

 

ネズミ引越dx