ネズミ駆除して

ネズミ引越


ネズミ駆除して、ちゃんと対策することが大切です

 

クマネズミは僅か2センチ位の隙間からでも難なく入り込んできます。

 

居心地が良いとその家で繁殖する事もあります。クマネズミは用心深いので、人目に付かない深夜に徘徊します。

 

キッチンの食物を荒らし、糞尿を撒き散らします。壁に穴を作り、あちこちから出入りする様になります。気配を感じたらできるだけ早く対策を立てる事が必要です。

 

ネズミ駆除の基本は侵入経路の特定です。穴を確実に見つけて塞ぐ事が先決となります。

 

入り込んでしまったネズミは殺鼠剤や粘着シートで駆除します。殺鼠剤は死骸から害虫が多数発生する事があるので、夏場は極力避けた方が無難です。

 

しかも従来の殺鼠剤に耐性を持つクマネズミも出現しています。これ等の過程で重要なのがラットサインの発見です。

 

糞の散乱している場所の周囲の床や柱に汚れが目立つ場所をいくつか見つける事があります。

 

このラットサインと呼ばれる痕跡を見逃さずに粘着シートを隙間無く設置していけば、数日でネズミ駆除を完了する事が可能です。

 

そして大切なのは駆除後の対策です。

 

 

キッチンの食べ物は容器に入れ、餌とならない様にします。近所のゴミ集積所の掃除も欠かさず行い、日頃からネズミが興味を示さない環境づくりを心がける事が必要です。

 

 

ネズミ駆除!米をネズミに食われないために

 

便利屋さんというお仕事は、そのネーミング通りにたいていの事であればやってもらえるというサービスを提供しているものです。

 

そのために、掃除や洗濯、お掃除に買い物などといった家事や、日曜大工のような修理や、自分がやりたくないこと、出来ないことなどをお願いして行ってもらうことが出来ます。

 

ネズミ駆除についても同じで、自分たちではとても出来ないので、それを便利屋さんにお願いしてしまおうと思われる方も少なく無いかもしれません。

 

しかし、それは間違った選択となります。それはどうしてかというと、便利屋さんはあくまでもネズミ駆除に関しては素人であり、自分たちと何ら変わりのない素人と言えるからです。

 

そのため、費用を払って駆除をお願いしたとしても、ネズミ駆除のプロである業者酸にお願いするのとでは大違いの結果になるのです。

 

もちろん、自分でやるのは無理だという人にとっては、便利なものかもしれませんが、本当にネズミをきちんと駆除してしまいたいとお考えならば、

 

最初からネズミ駆除の専門の会社にお願いをすることが賢いやり方と言えます。料金は多少割高かもしれませんが、効果としては抜群ですから、短期間で駆除をするということになるわけです。

 

 

ネズミ駆除と忌避剤

 

ゴキブリや蚊、ハエと比べるとネズミが家の中を荒らす話はあまり聞かなくなってきましたが、出るところには出てくるようで薬局はドラッグストアに出かけるとネズミ駆除用のグッズがたくさん売っています。

 

昔は単純なメカニズムでつかまえるネズミ取りがよく仕掛けられていましたが、現在の駆除グッズは科学の力を借りて合理的に進化しているのだと何時されられるものがたくさんあります。

 

ネズミをどうにかしたいけれど業者の方をはけんしてもらうのはちょっと、という人向けですね。

 

捕獲した後のネズミの処分をするのも面倒だし、気持ち悪くて仕方ない場合はネズミが家に来なくなる忌避剤を使った方がいいのではないでしょうか。

 

ネズミそのものが来なくなれば糞をまき散らされませんし、雑菌を周囲に拡散される心配もありません。

 

忌避剤にも色々なものがありますが、小さな子供がいる家庭なら特にその成分が人体にも害があるものだったらという点が気にかかります。

 

子供が間違って忌避剤のゲルを口に入れてしまっては大変です。

 

万が一のことが起こらないようにするためには親が注意を払うのが肝心ですが、ゲル成分も天然のもので、ハッカやわさびなどの植物成分を使ったものの方が安全です。

ネズミ引越dx