ねずみ駆除 成分


ネズミ引越


意外な成分でねずみ駆除ができる!?

 

ねずみ駆除をするなら、専用のグッズを使うしかないと思っていました。例えば、毒餌や粘着シート、超音波器などですね。しかし、そうしたグッズは決して安いものではありませんし、余ってしまうと何の使い道もありません。そこで、ねずみ駆除にも転用できるものを探してみたところ、意外な成分がヒットしました。

 

それは、ハーブ成分。具体的には、ミントやハッカが挙げられていました。なんでも、ミントやハッカのオイルをスプレーしたり、高吸収性ポリマーに吸わせて置いておいたりするだけで、ねずみが自分から出て行ってくれるみたいです。ねずみを殺さず、追い出すという形で駆除できるのは魅力的に感じます。

 

しかし、ミントやハッカって、とても清涼感のある良い匂いです。それなのに、なぜねずみ駆除に役立つのでしょうか?どうやら、人間は良い匂いと感じる一方、ねずみにとっては嫌な匂いでしかないみたいです。なぜなら、ねずみは辛い成分を苦手とするからです。

 

つまり、ミントやハッカの匂いが、ねずみ忌避剤の役割を果たしてくれるんですね。そのため、上記の対策を一定期間講じることで、ねずみにその家が危険な場所だと学習させれば、二度とねずみに悩まされることは無くなるそうです。

 

 

猫がねずみ駆除用の毒薬入りのエサを食べた場合どうなる?

 

ねずみ駆除用の毒薬入りのエサを食べたねずみの死体を、万が一猫が食べたり、咥えたりすると、病気になるんじゃないかと、心配になりますよね。
ねずみ駆除用の毒薬入りのエサを食べたねずみを食べたり、咥えた場合、毒薬による影響は少ないようです。

 

しかし、もともとねずみ自体が病原菌を沢山持っていますので、食べたり、咥えたりすることによって、『トキソプラズマ』『エキノコックス』『条虫』の3つの感染が心配されます。
特にトキソプラズマは、妊娠中の女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに悪い影響を及ぼすと指摘されていますので、注意が必要になってしまいます。

 

もしも飼い猫がトキソプラズマになってしまったら、出来るだけ猫のお世話は妊婦さんではなく、周りの人間がするようにした方が安心です。

 

妊婦さんが飼い猫の世話をしていることが多いと思いますが、トキソプラズマに感染する可能性があるので、もしも可能であれば、その期間はお世話から外れた方が無難です。

 

やはり猫にとっても辛いですし、家族にとっても大きな迷惑をかけることになりますので、家にねずみが出た時には、早く駆除しましょう。
猫を飼っている家では、ねずみによる猫の感染症に気を付けましょう。

 

 

 

猫がいる家ではねずみ駆除の方法が限られる!?

 

ねずみ駆除薬を直接猫が食べてしまった場合、猫が体調不良を起こす可能性があり、大変危険です。
そのため、ねずみ駆除薬をもしも間違って食べてしまった場合は、念のために、猫を病院へ早く連れていくことをおススメします。
猫が体調を壊した原因として、殺鼠剤を食べてしまったことを、ちゃんと伝えておきましょう。

 

猫が毒餌によって体調不良を起こしてしまうリスクを考えると、猫のいる家では毒餌はあんまりお勧めできません。
また、ねずみホイホイなども、猫が間違って踏んでしまうと、毛に絡みついてしまって、大変なことになるので使わない方が安心です。
ねずみ駆除っていうのは、他の動物にとっても、影響が出る場合があります。

 

そのため、ねずみに効果があるものは、ペットの猫や犬にも危害が加わる可能性がありますので、良く専門の業者さんに相談をしたほうが安心です。

 

また、ねずみ駆除の期間だけで、ペットの猫や犬を別の家に住んでいる家族や友人宅に避難させておくという方法も考えられます。
ペットがいる家では、ねずみ駆除の方法が限定されてきますので、自分で駆除をするよりも、専門の業者さんの意見を聞きながらねずみ駆除を進めた方が安全にできるのでおすすめです。

ネズミ引越dx