ネズミ駆除と冬

ネズミ引越


ネズミ駆除と冬

 

ネズミは冬が苦手な季節です。小動物なので寒さにとても弱く、気温が低くなると身体の動きが鈍ってしまい、食べ物もないのでやがて弱って死んでしまいます。

 

特に気温が10度以下になるともうネズミは動けなくなってしまいます。つまり、寒い季節になってしまえば、もうネズミとの闘いもひとまず落ち着くということです。

 

ネズミ駆除の道具にも使う季節に向き不向きがあります。ネズミを仕留める殺鼠剤ですが、夏場に使うと死骸に虫が湧いてしまいますし、腐敗した死体から放たれる悪臭が強烈ですから、非常に不快なことになってしまいます。

 

後始末も面倒ですが、近所にも迷惑をかけてしまいます。殺鼠剤を使いたいなら寒くなってからの方がいいですね。冬になると外にいるネズミは死んでいきますが、室内に住み着いてしまったらそういうわけにはいきません。

 

ネズミの数が減少していたり、おとなしくなっている時期に対策を練っておいた方が有利になります。

 

業者に頼んで駆除してもらうのもいいですし、忌避シートや煙を使った置きましょう。

 

暖かくなってきたらネズミがまたやってくるのが嫌な人は死体が腐敗しない寒いうちに殺鼠剤を使って徹底的に駆除をしてしまうといいでしょう。

 

 

ネズミ駆除とトラップ

 

家の中にネズミが現れてしまって、ネズミ駆除を考えるという方もいるでしょう。

 

ネズミは様々な病気を持っていて、中世ヨーロッパでは、ペストを広め多くの人も命を奪った存在でもあります。

 

 

そして、食料を食い荒らし袋を破って散らかしてしまうなんてこともあります。

 

そんなネズミを駆除するためにはトラップを有効的に使うとよいでしょう。

 

ネズミ駆除トラップには、100円均一などの園芸コーナー付近にある、害虫駆除のコーナーで売っている専用のトラップを買うのがよいでしょう。

 

その中でも、強力と書かれていたり、業務用粘着剤使用と書かれていたりするものが安心感がありおすすめと言えます。

 

ネズミ駆除にはブック型とハウス型の2種類があり、どちらにも利点があります。しかし、どちらの場合にとってもネズミをおびき寄せるようなエサが必要です。

 

その餌には、米が効果的と言えます。人間の食料をあさるときでも必ず米を狙うためです。餌をセットして一日くらい待つと大体数匹はとらえることができます。

 

そのとき、粘着性のある強力なものを使っているとネズミを剥がすことが困難になるので、そのまま捨ててください。いくつかのポイントを押さえ、確実にネズミを駆除していきましょう。

 

 

低料金で超音波や粘着シートを使ったねずみ駆除や対策をするプロの業者

 

一般家庭に侵入してくるネズミの多くはクマネズミです。警戒心が非常に強く、人の気配を察知して素早く身を隠します。その為に被害が拡大してから気が付くケースが多いのが特徴です。

 

キッチンの隅に黒い粒状の物体がいくつも落ちている事がありますが、これはクマネズミの糞です。

 

放置すれば多数の出入り口を作り、多数のクマネズミが天井裏や壁の中を徘徊する様になります。

 

少しでもネズミの気配を感じたら早急にネズミ駆除対策をする必要があります。

 

市販の殺鼠剤や粘着シートを使用しても設置場所が不適切である事も多く、思う様な効果が得られ無い事が殆どです。

 

ネズミ駆除業者へ相談した方が短期間で済ませられる事から、結果的に費用も抑えられるケースが多いです。

 

ネズミ駆除業者に依頼すれば直ぐに侵入経路を発見し、外壁や内壁の穴を全て塞いでくれます。超音波器も超音波の反射を考慮した適切な位置に設置するのでしっかり忌避効果も得られます。

 

費用は被害状況により大きく変動します。低料金で駆除を行う業者が多数存在しますが、見積もりをしかり取ってサービス内容の詳細を確認する事が先決です。

 

一般家庭の場合は3万円から5万円位で済ませられる場合もあります。

 

ネズミ引越dx