ネズミ駆除 プロ

ネズミ引越


プロのネズミ駆除業者のHPの最安値はあくまで参考

 

プロのネズミ駆除業者に依頼をすると、大抵の場合は、自宅訪問による見積もりを行います。
おまけにプロのネズミ駆除業者に依頼をしても、数週間~数か月の駆除期間がかかる可能性もあります。
ネズミ駆除の期間は、被害の状況によって変わってきます。
つまり、自分がネズミ駆除専門業者のHPで見かけた最安値で駆除をしてほしいと思っても、実際にネズミ駆除の被害を分析してもらった結果、見積もりがHPの最安値よりも高くなることは当然あります。
HPの最安値というのは、5坪程度の狭い駆除範囲で、初期のネズミ被害でそれほど駆除が難しい場合に適用されることが多いのです。
HPでは詳しい料金については書いていませんので、なかなかどのくらいの料金になるのか素人が知るのは難しいです。
しかし、一般的には、マンションなどの1室であれば5万円~10万円、一軒家であれば20万円前後というある程度の相場が存在します。
そのため、『個人住宅8,000円~』とあっても、マンションなのか、一軒家かによって、全く料金が異なります。
一軒家の場合は、1万円未満での駆除というのは、なかなかないので、やはりどんなに安くても、10万円程度は覚悟した方が間違いありません。

 

ネズミ駆除ではクレジットカードの選択も可能!

プロのネズミ駆除業者の中には、現金払いの他に、クレジットカード払いにも対応していることがあります。
プロのネズミ駆除は料金が高いので、クレジットカード払いが出来た方が、いざという時に役立ちますね。
現金払いしか対応していないと、ネズミ駆除業者を雇えなくなってしまいます。
特に一軒家のネズミ駆除の場合は、高額になることが多いので、手持ちがなくて困ってしまう人も多いです。
その場合、やはりクレジットカードで支払いが出来た方が、何かと安心です。
マンションなどであれば、1室で5万円程度あれば駆除してもらえることも多いですが、一軒家の場合は、最低でも10万円くらいからなので、20万円や30万円の請求はよくあることです。
クレジットカードなしで支払うことになると、やはりプロのネズミ駆除専門業者はちょっと金銭的に厳しくて雇えないという場合も出てきます。
ただ、ネズミ被害というのは、マンションよりも、むしろ一軒家の方が、被害に遭いやすく、おまけに被害がひどくなりやすいので、注意をしないといけません。
しばらく業者を雇うお金がないので放っておいたら、数百匹に増えてしまったという可能性もあります。
そのため、クレジットカード払いが使用できる業者さんに早く依頼した方が安心です。

 

 

ネズミ駆除は1日で解決できない!

ネズミ駆除をプロに頼むと、1日で解決できると思っている人がいます。
しかし、実際には、プロにネズミ駆除を頼んでも、1日だけで済むケースは少ないです。
そのため、ネズミ駆除は、仕事で忙しく、あんまり家に戻らない人にとっては、業者さんを依頼するのも結構面倒だったりします。
自宅訪問の時には、やはり立ち合いが必要になりますので、数回の自宅訪問があると、それだけ苦痛に感じる人もいます。
ネズミ駆除で業者さんの自宅訪問が嫌だと言う人は、自分で駆除をしたほうが良いでしょう。
やはり自宅に人が入ることをあんまり好きではない人も、当然いますよね。
特にネズミ駆除業者さんという、全くの他人が自宅に出入りをするのですから、精神的なストレスが溜まる人もいます。
中には、自宅に入られることを嫌がる依頼者の気持ちを汲んで、出来るだけ自宅に入らないようにする駆除方法を考えてくれる業者さんもいます。
しかし、ネズミ駆除のためには、やっぱり一度は部屋の中を見ないと、なかなか巣や侵入口が把握できないこともありますので、必要になることが多いです。
家の中を見られたくないと言う人は、自分でネズミ駆除グッズを買って、まずは挑戦してみる方が良いでしょう。

 

 

外壁メンテナンスをサボるとネズミが出る!?

プロのネズミ駆除業者の料金は高いので、依頼をしようかどうか、なやんでしまいます。
特に一軒家のネズミ駆除の場合は、プロに頼むと20万円前後かかりますので、かなりの大金です!
そして、一軒家の場合は、ネズミ被害に遭いたくないのであれば、『外壁メンテナンス』をしっかりしておくことも、一つの対策になってきます。
外壁工事って、結構お金が高いので、多少ヒビが入ってもそのままにしている人もいます。
しかし、ネズミは、そうした外壁のヒビなどから侵入してきてしまうので、外壁のメンテナンスをサボっている家ほど、ネズミ被害に遭いやすいです。
ネズミ駆除で苦労したくないのであれば、日頃からしっかりと外壁メンテナンスを行っておくことも非常に重要です。
やはりネズミが出てから駆除することも重要ですが、もっと大事なのは、ネズミの侵入を塞ぐことです!
再発が多い家は、それだけネズミにとって、侵入しやすい場所ということです。
いつか、ネズミを追って、天敵のヘビなども家の中にやってくる可能性がありますので、やはりネズミやその他の動物が侵入してしまわないように、しっかりと家をメンテナンスしていくことは重要です。
お金のかかることですが、おざなりにしていると、それだけ後でツケが回ってきます。

 

近所のネズミ駆除業者も選択に入れよう!

プロのネズミ駆除業者は、どこも腕が良いというわけではありません。
そのため、プロに頼めばネズミ駆除が解決すると思っていると、後で後悔することもあります。
ネズミ駆除業者の中には、やはり素人とほぼ変わらないような腕前で、大してネズミ駆除が上手くない人もいます。
ネズミ駆除業者は、資格試験で慣れる仕事ではありませんので、技術がなくても誰でも簡単になれるのです。
仕事として始めた期間が浅ければ、当然ネズミ駆除の経験も少なく、腕があまり良くないこともあります。
依頼をしている素人と、ネズミ駆除業者がそれほど技術的に変わらない場合もありますので、そういうハズレのネズミ駆除業者に依頼をしてしまうと、お金の無駄になってしまう可能性があります。
やはりネズミ駆除業者として、実績がしっかりあるお店を選んだ方がおススメです。
良いネズミ駆除業者を探す方法としては、ネットの口コミではなく、近所の口コミで評判なネズミ駆除業者さんを教えてもらうことです。
ネットの口コミは、中にはサクラが混じっていることがありますが、近所の評判は、生の声に近いので、信憑性が高いです。
特に実際に依頼をした人が近所にいれば、話を聞いてみるのがおススメです。

 

 

ネズミ駆除の意外な難敵

ネズミの死骸に慣れているネズミ駆除業者は、よく毒餌だけではなく粘着テープを併用する方法を好みます。
ネズミ駆除業者が粘着テープを好むのには色々な理由がありますが、中でも『イエダニを逃がさないため』という理由は大きいと思います。
実は毒餌の方法でネズミ駆除をすると、ネズミが死んだ時にイエダニが沢山出てくるので、業者さんはイエダニも含めて粘着テープで駆除しようとするのです。
素人の場合は、ネズミの体から、イエダニが出てくることを知らない人も多いので、ネズミが殺せれば、それだけで満足してしまう人も多いのです。
でも、イエダニは当然、人間の血も吸いますので、これまでネズミに寄生していたイエダニが、ネズミの血を吸った口で、人間を差せば、当然ネズミから悪い菌を感染させる可能性が出てきます。
イエダニの仲介が原因で、過去にはペストが大流行したことがありますので、非常に深刻な問題です。
やはりネズミとイエダニはセットで駆除するのが大切です。
ネズミ以上に、イエダニの方が人間にとっては危険な存在かもしれません。
ネズミに噛まれるよりも、イエダニに噛まれる可能性の方が断然高いので、ネズミを駆除したら、ダニが繁殖しないように気を付けましょう。

 

 

 

ネズミ駆除では掃除が大事!

ネズミが出たら、ネズミ駆除以外にも『清掃』が大事になってきます。
実はネズミは、部屋の中に落ちているゴミをつかって、巣作りをするので、清掃しないで部屋にゴミを散らかしていると、ネズミの巣作りに協力することになってしまいます。
ネズミ駆除と清掃はセットで考えるべきなのです。
部屋が汚い家というのは、それだけネズミにとって居心地が良い家である可能性があります。
特に家に出やすいクマネズミは、移動をしながら糞尿をしたりするので、大変家の中が不衛生になりやすいです。
ねずみは壁沿いを移動する習慣がありますので、ネズミのチェックをするのであれば、部屋の壁沿いをチェックしてみるのが良いですね。
もしも壁沿いが黒く変色していたりすると、それはネズミが通ったと言う『ラットサイン』の可能性があります。
ネズミが通った場所は、何度も何度もネズミが通りますので、ネズミの通り道となっている可能性が高いです。
また、ラットサインを辿って、もしもネズミの侵入口が分った場合は、金網などで、ネズミの侵入口を塞いでおくようにするのも重要です。
侵入口さえ塞いでしまえば、ネズミが出て来なくなります。
ネズミ駆除を始める時には、侵入口をまずは探してみましょう。

 

ネズミを追い出すならキッチンの徹底掃除!

ネズミ駆除が終わった後は、再発の予防のために、しっかり清掃を行うことが大事です。
結局、ネズミのエサとなるような食べ物を外に出していると、ネズミ駆除をしてもまたネズミが出てしまう可能性がありますので、清掃することはネズミ駆除に置いて非常に大事なポイントになっています。
特にネズミが多くなってしまう環境の一つとして、『食品を常温で保存しているケース』が目立ちます。
例えば、ニンジンや玉ねぎは、冷蔵庫の中に入れなくても、大丈夫な常温保存が可能な野菜なので、冷蔵庫に入れない人も多いですよね。
しかし、常温保存のために、食材を冷蔵庫に入れないでおくと、それはネズミのエサになってしまう可能性があります。
そのため、常温出来る食品でも、基本的には、冷蔵庫内で保存するようにした方が安心です。
食品を外に出していると、ネズミを呼ぶことになってしまいますので、気を付けましょう。
お米などもネズミはたべてしまいますので、あんまりにもネズミの被害が酷い時には、冷蔵庫に保存しましょう。
キッチン周辺にはネズミのエサになってしまいそうなものが多いので、やはり掃除をして綺麗にしておく必要があります。
キッチンはネズミが出やすい場所ですからね。

 

 

ネズミ被害が多い原因とは?

ネズミ駆除をしても、何度も何度もネズミが再発をする場合、考えられる原因が2つあります。
まず一つ目は、侵入口を壊していないので、ネズミ駆除をしてもネズミに侵入されてしまっているケース。
そしてもう一つは、部屋の中を清掃していないので、ネズミのエサや巣作りの道具が落ちていて、ネズミにとって住みやすい環境になっていること。
ネズミ駆除をしても、ネズミが出る家っていうのは、やはり清掃を徹底していないケースが多いのです。
特に紙や布きれは、ネズミの巣作りに使われてしまいますので、部屋の中に散らかしておくのはよくありません。
もしも可能であれば、ごみ箱をネズミでは取りにくい蓋つきに変えて見たりするのも一つの手段です。
ネズミは巣や侵入口をしっかり対処してこそ、ちゃんと駆除できます。
巣や侵入口をそのままにしたまま、ネズミだけを駆除したのでは意味がありません!
やはり出来るだけ早い段階で、巣や侵入口を発見しないといけません。
もしも素人の人が巣や侵入口を発見できないのであれば、やはり専門業者さんにお願いをして、巣や侵入口を探してもらうのも必要だと思います。
特に巣や侵入口を見つけにくいのは、マンションよりも一軒家の場合です。

 

 

汚い部屋にはネズミが出やすい

ネズミ駆除が必要になる家って、基本的に清掃が足りないと指摘されています。
やはり清掃が徹底されていないと、ネズミが出やすくなりますので、ネズミ駆除で悩んでいる人は、まずは家の中をしっかり清掃することも改善しましょう。
ネズミは割り箸とか紙切れを使って巣を作るのが得意なので、家の中のゴミ箱は基本的には蓋つきの方がおすすめです!
何度も何度もネズミ駆除で悩んでいる場合は、家の中のゴミ箱を蓋つきに変えてみましょう。
また、家の中に現れるネズミのほとんどは、『クマネズミ』と呼ばれ、大人になると20センチ前後にもなるので、かなり大きいのが特徴です。
そして、飲食店に出るネズミは『ドブネズミ』で、クマネズミよりも体格が大きく、獰猛なのが特徴です。
そのため、個人住宅のネズミ駆除と飲食店などのネズミ駆除では、ちょっと種類が異なります。
そして最近は、クマリン系の殺鼠剤が効かない、『スーパーラット』という種類も出てきていますので、ネズミ駆除は一筋縄ではいかない部分があります。
一般的なクマリンで駆除できるネズミの場合は、良いですが、クマリンが効かないスーパーラットの場合は、専門の業者さんにネズミ駆除を頼んだほうがやはり安心です。

 

ネズミ引越dx


プロのネズミ駆除業者のHPの最安値はあくまで参考記事一覧

これがプロの技!ねずみ駆除の最新技術とは?ねずみは人間の住居にも住み着くことがあり、巣をつくって、騒音や悪臭の元にもなる...

ネズミ駆除はジェット噴射でネズミ駆除を業者に依頼するとなると費用が心配です。そんなとき、手軽にネズミ駆除ができるジェット...

ネズミ退治を怠ると赤ちゃんに被害がネズミが家に侵入してきた場合、噛みつき被害というものがあります。ネズミというのは非常に...

ネズミが嫌う『ハッカ油』ネズミ駆除でネズミが嫌う『ハッカ油』配合の忌避スプレーがよく売っています。ネズミの侵入口の付近に...

ネズミ捕りならスーパーラット対策もネズミの中でも殺鼠剤への耐性があり、尚且つ優れた頭脳をもっているのがスーパーラットです...