ネズミ捕りならスーパーラット対策も

ネズミ引越


ネズミ捕りならスーパーラット対策も

 

ネズミの中でも殺鼠剤への耐性があり、尚且つ優れた頭脳をもっているのがスーパーラットです。

 

このスーパーラット対策をするというのは、ネズミ捕りするうえで欠かすことができません。

 

スーパーラット対策ができる殺鼠剤として、リン化亜鉛があります。

 

これまでに市販されてきた毒エサの大半は、ワルファリン、クマリンといったものです。

 

ネズミが内出血をして命を落とします。

 

しかし、このような殺鼠剤では、スーパーラットを駆除することができません。

 

駆除業者を中心にして使用されるようになったのがリン化亜鉛なのです。

 

リン化亜鉛は、ネズミの胃液に反応をして毒ガスを生み出します。

 

スーパーラットであっても見破ることが困難で、気付かずに食べると体内で反応を起こすのです。

 

そして毒ガスが発生し命を落とします。

 

ただし、子供やペットのいる家では使用しないようにしましょう。

 

万が一誤飲してしまうと大変なことになります。

 

また、罠を仕掛ける時には、ネズミの通り道を必ず選ぶようにしてください。

 

そうしなければ設置をした意味がなくなってしまいますからね。

 

こういったことに注意しておけば、殺鼠剤の効果をより高めることができるようになるので、おすすめですよ。

 

 

ネズミ処分でやっちゃいけないこと!

ネズミ駆除で『ネズミホイホイ』のような粘着シートを使うことは、あまりおすすめできません。

 

その理由は、ネズミ駆除用の粘着シートにハマってしまったネズミは、絶命するまでもがき苦しみ、見ているだけで可哀そうになってくるからです。

 

そんな可哀そうなネズミを見て、思わず「逃がしてやろうか」と思う人もいますが、ネズミを逃がすことは絶対にやめましょう!

 

だって、冷静に考えてみてください!

 

近所の人が、自分の家の周りで、ネズミを逃がしている姿を見たら、どう思いますか?

 

「え!うちにネズミが来たら困るんだけど!」って思いませんか?

 

やはり他人にやられて嫌なことはしてはいけないと思います。

 

もしも逃がす姿を見られたりすると、『近所の迷惑人間』として、噂が広がる可能性もあります。

 

特にネズミは病原菌を持っていることで有名な動物ですので、そうした動物を近所へ逃がすというのは、迷惑以外のなにものでもありません!

 

やはり責任を持って、捕まえたネズミを駆除できる覚悟がないのであれば、業者さんに最初から任せるべきです。

 

「業者にお金は出したくない」「自分で処分出来ないから近所へ逃がしてしまえ」では、無責任です。

 

どうしても無理なら、ネズミの出入り口を塞いだり、ネズミの処分が不要な駆除方法を選びましょう。

ネズミ引越dx