ネズミ駆除と評判

ネズミ引越


ネズミ駆除と評判

 

ネズミ駆除業者には、家の中にまで入ってもらい、普段では家主も見ないような屋根裏や縁の下、その他、本来来訪者には見せたくないような場所も明かさなければならないこともあります。

 

また間取りなども明かしてしまうことになります。それは防犯上、慎重にならなければならないことです。

 

しかしネズミ駆除は自分で行うことは大変難しいもの。熟練の業者に依頼するのが一番です。

 

そこで業者選びに際には評判などは重視すべきでしょう。

 

評判が良い業者であれば、依頼も多く、その信頼を裏切るようなことは出来ないものです。また評判が良いのにはその理由があります。

 

近頃ではなにかの業者に家の中まで立ち入ってもらった挙句、盗聴器が仕掛けられていたり、その後泥棒に入られたりと、不穏当なことも起こっています。

 

現実的にはそのような悪徳業者の数は、誠意ある業者に比べて少ないのですが、悪い方が目立ってしまうものです。口コミには自分が依頼した上での感想などが広く寄せられています。

 

中には意図的に悪いうわさを流すような信憑性の薄いものもありますが、そこまで多くはありません。

 

何となくそれと知れるヒントは隠されています。そういったブはインドを除いても、大変参考になります。

 

 

ネズミ駆除と手順&流れ

 

家の中に置いてある食料品が食い荒されたり、糞尿があちこちに落ちているという事が起こると、その家の中にはネズミが発生している可能性があります。

 

ネズミはごく小さな入口からでも容易に室内に侵入し、床下や屋根裏などに巣を作って繁殖を始めてしまいます。

 

そうなると更に被害が大きくなるので、できるだけ早くネズミ駆除の対策を取らなければなりません。

 

ネズミ駆除のためのグッズなどはホームセンターなどで購入することができますが、ただ単に家の中に設置するだけでは効率的に駆除を行うことができません。

 

ネズミ駆除の手順としては、まずネズミがどの位置に巣を作り、どういった経路で行動しているかを把握する必要があります。

 

こうした現地の調査は素人が行うよりも、プロの駆除業者にお願いするほうが確実です。

 

ネズミの行動範囲や生態が把握できたら、その上で駆除を行う流れになります。

 

最も多く使用されるのが粘着シートを使った捕獲グッズで、ネズミが行動する範囲に隙間なく並べることが大切です。

 

警戒心が非常に強いため、周囲の環境に大きな変化を与えないよう、細心の注意を払って罠を設置することが大切です。

 

また、すぐに効果が現れるものでもないので、根気よく全てのネズミがいなくなるまで駆除の作業を継続することも必要となります。

 

 

たくさん市販されているねずみ駆除用品

 

住み着いたネズミを駆除しようとネズミ駆除用品を眺めていると色々な種類があってどれが一番効くのかわからなくなってしまいます。

 

市販のネズミ駆除用品には大きく分けて「罠による捕獲」、「毒餌による駆除」、「忌避剤による駆除」及び「超音波等の機械を使った駆除」があります。

 

罠による捕獲はバネ式による捕獲、かご式による捕獲、 粘着シートでの捕獲に分かれており、バネ式で捕獲する場合は高確率で死んでしまいます。

 

生きたまま捕獲した後の処理等が大変ではありますが、目の前で確実に駆除出来るので安心感はあります。

 

毒餌による駆除は効果は高いのですが、幼児やペットによる誤飲の問題や、ネズミの死体がどこにあるかわからずかえって不衛生になる懸念があります。

 

忌避剤による駆除は、ネズミの嫌いな匂いを使って立ち寄らせないものが一般的になっています。比較的安全な素材で作られているものも多く、毒餌に比べると取り扱いは楽です。

 

立ち寄らせないだけですので、死体がどこかに残るなどの心配はありませんが、ネズミが住みやすい家のままでは再び戻ってきてしまう可能性があります。

 

超音波による駆除は現在研究途中であり、また立ち寄らせない方法ですので超音波をやめた途端に戻ってくる可能性があります。

 

多種多様ではありますが、それぞれ一長一短があり各家庭にあった駆除方法を選択する必要があります。

ネズミ引越dx