ネズミ駆除 時間


ネズミ引越


ネズミ駆除に時間をかけたくないなら? 

 

ネズミ駆除にはとにかく時間がかかる。そうしたイメージが、世間では強く浸透していると聞きます。

 

確かに、毒餌は設置する前にねずみの餌場を、粘着シートや超音波器はねずみの通路を、入念に調べておかなければいけませんからね。仮にそれを怠ると、せっかくのネズミ駆除グッズも功を奏しないそうです。

 

 

しかし、何時もネズミ駆除に十分な時間を割ける訳ではありませんし、ネズミという決して綺麗ではない生き物の駆除なんて、なるべく早く終わらせてしまいたいところです。

 

そこで、時間をかけずにできるネズミ駆除策を探してみたところ…燻煙剤を使うのが良いと分かりました。

 

なんでも、ネズミは煙を嫌う習性があるため、それを利用したネズミ駆除用燻煙剤というのがあるそうです。

 

具体的には、「ネズミ一発退場」や「ネズミ忌避スモーク」などが挙げられていました。なんでも、水を入れるだけで、ネズミが苦手とする唐辛子やハッカ、ミントなどのハーブ成分が配合された煙が出るのだとか。

 

つまり、家主側は煙が出るよう忌避剤をセットした後は、基本放置しておくだけで良く、後はネズミの方から勝手に出て行ってくれるんです。

 

ただし、ネズミが再び入り込まないよう、いなくなった後は侵入口となり得る壁のヒビなどを入念に塞いでおく必要はあるみたいです。

 

床下のネズミ駆除には燻煙剤!

 

 

家にネズミが入り込むと、床下を活動領域にされると面倒みたいです。なぜなら、床下なんて人間がそうそう入れる場所ではないからです。

 

ちょっと手を入れるくらいならできますが、体を全部入れるのはまず無理ですよね。

 

それに、決して綺麗な場所でもありませんし、ネズミ以外にも何がいるか分かりませんから、なるべく見たくないというのもあります。

 

となると、よくある毒餌や粘着シート、超音波器といったネズミ駆除グッズを使うのは難しそうです。

 

あれは、ネズミの通路や餌場を、設置する前に入念に調べなければいけませんし、場合によっては自らの手でネズミの死骸を処理することになりますから。

 

そこで、床下のネズミ駆除でも簡単にできるグッズを探してみたところ…燻煙剤というのが見付かりました。

 

なんでも、ネズミは生来的に煙をとても苦手とするため、その習性を利用したものだそうです。

 

しかも、ただの煙ではなく、ネズミが苦手なハッカやミントといったハーブ成分や唐辛子成分もそこには含まれているため、それが充満するとネズミは出て行くしかないみたいです。

 

つまり、家主側は床下にちょっと手を入れて、忌避剤が煙を出すようセットした後は、基本放置しておくだけで良いんですね。

 

そのため、床下や天井裏といった面倒な場所のネズミ駆除にはもってこいだそうです。

 

 

自作できるネズミ駆除薬とは?

 

 

ネズミ駆除薬は買うしかないと思っていましたが、実は自作することもできるみたいです。なんでも、身近にある食べ物やグッズを活用できるのだとか。

 

具体的には、食べ物だと唐辛子、グッズだとハッカオイルやミントオイルなどが挙げられていました。どれもねずみ駆除薬に比べて安く手に入るものばかりですね。

 

詳しく言うと、唐辛子は輪切りにして、ネズミの通路となっている場所に散布すると良いそうです。

 

一方、ハッカオイルやミントオイルは、水とエタノールで希釈化してスプレーしたり、アロマポットで焚いたり、高吸収性ポリマーに吸わせて置いたりしておくことで、その匂いを家に充満させるという形で使うみたいです。

 

そうすることで、暫くの後ネズミは家から出て行ってくれるそうです。

 

なぜなら、ネズミにとって辛い匂いはとても苦手であるため、唐辛子やハッカ、ミントの匂いは強力な攻撃となるからです。

 

人間なら唐辛子の匂いなんてそこまで感じませんし、ハッカやミントは良い匂いですから、これは意外でした。

 

ただし、こうしたネズミ忌避剤によるネズミ駆除は、ネズミにその家が嫌な場所だと学習させるために、ネズミがいなくなった後も暫くは続けた方が良いそうです。

 

 

 

ネズミ引越dx