飲食店はプロのねずみ駆除業者


ネズミ引越


飲食店はプロのねずみ駆除業者を頼るべき

 

ねずみ駆除をする時に、専門業者に依頼をすることは一つの方法だと思います。

 

ただ、専門業者に頼るという方法は、極力最後の切り札にしておき、自分でねずみ駆除をしたいっていう人も多いですね。

 

でも、ねずみ駆除は、動物の死骸を見ることが苦手な人は、多少お金を払っても専門業者へ依頼をすることをおススメします。
なぜなら、ねずみの死骸の処理は、大変気持ちが悪いからです。

 

ねずみ駆除の費用をケチりたいと、最初は自分でやせ我慢をして処分するつもりでも、実際にねずみの死骸を見たら、とてもじゃないけど、近づくことすら出来ないで、結局ねずみ駆除業者を呼んでしまうと言う人もいるのです!

 

ねずみの死骸をどれだけ自分で処分できる耐性を持っているかによって、最初からねずみ駆除業者を雇ったほうが良いのか変わってきます!
飲食店などの商売をしている人の場合は、基本的には専門業者に依頼をしたほうが◎。

 

飲食店は、ねずみ被害によって、万が一、食中毒などの問題が出てくると、営業停止処分という深刻な状況に直面する可能性がありますので、気を付けないといけません。
そのため、一刻も早く、プロのねずみ駆除業者に依頼をして、対応してもらったほうが安心です。

 

 

 

ねずみ駆除は時間をかけない方が◎

 

自分でねずみ駆除をする方法も良いですが、ねずみ駆除の平均期間と言われている2~3カ月を過ぎても、ねずみ駆除を駆除できない場合、そろそろ本格的に業者さんに依頼をすることを考えはじめた方が良い可能性があります。
通常は、2カ月から3カ月もあれば、ねずみ駆除は終了します。
しかし、ねずみ駆除のノウハウがない人が、あれこれと色々な方法を試していると、あっという間に数か月が経過してしまう可能性もあります。

 

特にねずみは、個体差があり、非常に賢く慎重なタイプのねずみだと、殺鼠剤も食べないわ、超音波式も効果がないわ、檻にも引っかからないわで、時間だけが過ぎてしまいます。
そのため、本当に効率的なねずみ駆除方法を求めるのであれば、最終的にはプロに行きつきます。

 

特に商用施設は、プロのねずみ駆除業者に依頼をするのが基本だと思います。

 

商用施設は、ねずみ駆除の緊急性が高く、個人住宅よりも、ねずみ駆除費用が高めに設定されています。

 

しかしそれでも、商売となると、ねずみがいると困るので、多少お金を払ってでも、ねずみ駆除をプロにしてほしいっていう人はいますね。

 

その点、個人住宅は、あまり緊急性がない場合もあり、「もうちょっと様子を見てから頼もうかな」と悠長に考えている人もいますね。

 

 

 

スーパーラットはプロでも駆除が難しい

 

ねずみ駆除は業者さんに頼むと費用が高いので、自分で何とかねずみ駆除をする方法を考える人は多いと思います。

 

でも、ねずみの数が異常に多かったり、スーパーラットでクマリン系の殺鼠剤が効かない場合は、自分でねずみ駆除をするのは厳しい場合があります。

 

そういう時には、自分であれこれとねずみ駆除の方法を考えるよりも、業者に依頼をしたほうが問題が早く解決する可能性が高いです。
スーパーラットは、プロの専門家であっても、なかなか駆除が難しく、苦戦するケースが見られます。

 

スーパーラットのような特殊なねずみを相手にする場合は、やはり出来るだけ専門の人に駆除してもらったほうが安心です。

 

自分であれこれと頑張ってみても、時間だけがかかってしまい、数か月も過ぎてしまうと、今度は今いるねずみの子供がその子供を産むようになってしまいます。
子ねずみが繁殖能力を持つようになるまでは、生後3カ月と言われています。

 

極力、子ねずみが繁殖能力を持つ前に、今いるねずみを完全に駆除し、ねずみの増殖を避けたいものです。

 

ねずみは近親相姦でも子供が出来ますので、オスとメスがいれば、家族内でもどんどんと増えていく一方です。
一般的なねずみ駆除の期間は数週間~3カ月と言われています。

 

 

ねずみ駆除業者のノウハウは大きい

 

ねずみ駆除業者は、ノウハウを駆使して、どんなねずみでも追い出す方法を心得ています。

 

そのため、自分でねずみ駆除をしてみても、なかなか上手くいかなかった場合、ねずみ駆除業者に依頼するという方法もあります。
ねずみ駆除グッズは購入出来ても、素人が使うと、上手く利用できないこともあります。

 

例えば、ねずみ駆除の失敗でよくあるのが、「殺鼠剤を食べない」とか「罠に引っかからない」と言ったパターンです。

 

プロのねずみ駆除業者は、ねずみの習性を良く知っているので、殺鼠剤を置いて置く場所や、罠を仕掛ける場所のポイントを押さえています。
しかし、素人はねずみがどこを通っているのかもわからないことが多いので、ついつい「何となく」で置いてしまいます。

 

殺鼠剤やねずみ用の罠は、基本的には『ラットサイン』と呼ばれる、ねずみの痕跡が残る場所に仕掛けるのが一番良いと言われています。

 

慎重なねずみはいつもと変わっている場所を見つけると、警戒して近寄らないことが多いので、ねずみ駆除っていうのは、ねずみとの根比べになりやすいのです。

 

そのため、1日や2日で結果が出なくても、あまり気にしてはいけません、最低でも1週間くらいは、罠を仕掛けたら様子を見る必要があります。

 

ネズミ引越dx