クマネズミの種類

ネズミ引越


クマネズミの種類と家の巣

 

日本に生息をしているネズミの中でも、都市部において活動しており、生活環境に悪影響を与えるネズミはクマネズミとドブネズミ、ハツカネズミになります。

 

それぞれに異なる生態を持っています。

 

クマネズミは中型で警戒心が非常に強いネズミです。

 

綱渡りが得意なことからも天井、壁伝いで移動をしているネズミはほぼクマネズミです。

 

家の中に巣を作りますので、天井や屋根裏において足音や暴れる音がする場合、たくさんのクマネズミが棲みついている可能性がありますので早急に改善しなければなりません。

 

雑穀を中心として非常に多くの食べ物を食べているのですが、コードを噛み切ることもあります。

 

コードを噛み切ると、電気災害が発生して皮膚炎のような病気を発症することもあるのです。

 

ネズミが住み着いている場合には、放置をしていると繁殖して被害が増加することもあります。

 

そのため、少しでも早くネズミ駆除を行う必要があるわけです。

 

また、市販されているネズミ駆除用品を使って追い出すこともできます。

 

一般的に粘着シートなどを使用した場合には、ネズミの嫌っている臭いをスプレーで巻散らかせたり侵入場所に棘のついている金属プレートなどを設置する必要があるわけです。

 

ネズミ駆除ってどのくらいの期間がかかるの?

 

ネズミ駆除の専門業者に依頼をすると手順を踏んで作業するため、駆除期間が長いです。

 

色々な手順を踏んで慎重に行うからこそ、徹底してネズミ駆除ができるというメリットもあるのですが、正直忙しい独身世帯なんかにとっては、ネズミ駆除業者に何回も何回も自宅を訪問されるのは、少し面倒だと感じる人もいるかもしれません。

 

それでもネズミ被害が深刻であれば、ネズミ駆除業者さんに依頼をするのも仕方ないのですが。
ネズミ駆除は、基本的に数週間~2、3カ月はかかると言われていますので、時間に余裕を持って依頼をする方が良いですね。

 

どうしてもネズミ駆除業者さんの訪問を嫌な場合は、やはり自分でネズミ駆除をしたほうが良いと思います。

 

ネズミの数がそれほど多くなければ、見える部分に出てきているネズミに対しては毒餌を使って駆除し、自分でネズミの出入り口を探して、金網などで侵入経路を遮断することが重要になってきます。

 

出入り口さえ塞いでしまえば、ネズミは家の中に入ってこれなくなりますので安心です。
自分でネズミ駆除をする場合は、まずはネズミの出入り口を探すことが重要になってきます。
逆に出入り口を塞がないと、いつまで経っても、ネズミの被害は減りません。

ネズミ引越dx