クマネズミと保険

ネズミ引越


クマネズミと保険

 

クマネズミを含めネズミの被害として、配線を噛じられることによる火災があります。

 

ネズミ被害の中で多いのは、配線を噛じられることによる火災の発生です。

 

ネズミの歯というのは死ぬまで伸び続ける、という特徴があります。

 

そのため、家電製品のような配線をかじることで、火災が発生するという事態が起きてしまうわけです。

 

そんな時のためにも、やはり火災保険に入っておくべきだと思われるかもしれませんが、実はネズミ被害による火災においては保険が適用されないのです。

 

 

ネズミ対策をしないでいるということは、保険の効かない火災の発生原因となってしまう可能性があるということを十分に理解しておかなければなりません。

 

また、火災保険に入っていない時に火災が発生すると、どのくらいの被害になるのかというのは計り知れません。

 

お金の問題はもちろんですが、人の命に関わっているのです。

 

万が一火災によって命を落としてしまってからでは遅いのです。

 

ネズミ駆除や対策には費用がかかるのですが、それでも財産や命を失ってしまう可能性があるということを考えれば、ネズミ対策にかかる費用は決して高額ではないのではないでしょうか。

 

少しでも早くクマネズミ対策を講じなければなりません。

 

 

超音波式のネズミ駆除機の賛否両論

 

超音波式のネズミ駆除機の効果は、賛否両論ですよね。
超音波式のネズミ駆除機で「効果があった」と実感している人もいるけど、それと同じくらい、「効果がなかった」と酷評している人もいます。

 

あまり効果がないネズミ駆除機を購入しても、不満が溜まってしまいます。
確実にネズミ駆除をしたい人は、やはり専門業者さんに頼んでしまった方がおすすめです。
専業主婦で子供大きくなり、一日ゆったり出来る人だったら、自分であれこれとネズミ駆除対策をするのも出来ると思います。

 

しかし、共働きでずっと家にいない人や、小さな赤ちゃんを抱えて育児中のママさんなんかは、正直ネズミ駆除にそんなに時間を割いていられません。

 

やはり『効率性』を重視するのであれば、数万円払ってでもネズミ駆除を専門業者に依頼をしたほうが安心ですし、自分の手を汚さないで良いのが魅力ですよね。
特に育児中のママさんは、抵抗力の弱い赤ちゃんなどに接している時間が多いため、病原菌が多いネズミの処理などは、出来れば避けたいものです!

 

ネズミはサルモネラ菌、モニリホルム連鎖桿菌感染症、鼠咬症スピリルム感染症などの危険がありますので、授乳中に感染してしまったら大変なことになります。

ネズミ引越dx