ネズミ駆除:大量発生時は業者と薬で解決

ネズミ引越


ネズミ駆除:大量発生時は業者と薬で解決

 

ネズミ算式に増える、という言葉があるように、ネズミは繁殖力が強い生き物です。

 

大量発生している場合は巣を作って繁殖している可能性が高い為、本気でネズミ駆除をする場合はまずその巣をなんとかしなければならず、屋根裏や畳の下、水回り近辺など、巣を探す所から始めなければなりません。

 

 


しかしこの巣の撤去というのが意外に難しく、業者に依頼する方が安全で確実です。

 

また大量発生している場合はエサが豊富にあるわけですから、そのエサとなる食料、食材に薬を混ぜておくことで退治することが出来ます。

 

 

その際はネズミが食べるエサにしていることを忘れて人間の食材と混ぜないように注意が必要です。

 

 

特に早急に解決したい、という理由が無い場合は、遅効性のあるエンドックスが効果的です。

 

数日かけて少しずつ弱らせていくことが出来ますから他のネズミに警戒されることがなく、大量発生したネズミに対しては非常に有効な手段です。

 

 

もちろん、業者に依頼することも重要ですが、恐らくは業者の方も同じように薬を使うことでしょう。

 

その為、毒エサを誤飲しないように十分に気を付けなければなりません。

 

そして一番重要なのが、駆除した後によそから侵入してくることがないようにすることです。

 

ほんの小さな穴、大人の親指程の小さな穴でさえ侵入口となってしまいますから、それを一つ一つ塞いでいきましょう。

 

 

 

市販のネズミ駆除グッズは役立つ?


市販のネズミ駆除グッズは、それほど高くないので入手しやすいです。

 

そのため、ネズミの数が少ないのであれば、自分で市販のネズミ駆除グッズを買って挑戦することも可能です。

 

また、自分でネズミ駆除用の薬剤を購入しなくても、地域によっては、区役所や市役所などの自治体で毒餌を無料で交付している場合もあります。

 

そのため、ネズミ駆除をまず考えているのであれば、自分の住んでいる自治体を確認してみると良いですね。

 

わざわざ自分でネズミ駆除用の毒餌を買わなくても、市役所などの窓口でもらえる可能性があるのですから。

 

もしもそれでネズミ駆除に効果があれば、一番よいと思います。

 

また、自宅に赤ちゃんやペットなどがいる場合、ネズミ駆除用の毒餌を保管するのも気を遣います!

 

もしも赤ちゃんやペットがネズミ駆除用の毒餌を誤飲してしまったら、大変なことになりますので、やっぱり極力自宅にはネズミ駆除用の毒餌は置きたくないものです。

 

ネズミ用の毒餌を置いてしまうと、家の中で間違って誤飲してしまった人が出た時に後悔をしてしまいます。

 

ただし、クマリン系の殺鼠剤であれば、一口飲んだけで死ぬことは少ないです。

 

やはりリン化亜鉛系の殺鼠剤が危険です。

ネズミ引越dx