ネズミ駆除:ねずみを触ったときの効果的な消毒とは

ネズミ引越


ネズミ駆除:ネズミを触ったときの効果的な消毒とは

 

ネズミが生息する上で好む場所は不衛生な場所であるため、そこで発生した病原菌や寄生虫を媒介し、人間の家に住み着いた場合には悪影響を及ぼします。

 

そのため、ネズミが家に住み着いた場合にはネズミ駆除を本格的に考える必要があります。

 

ネズミを媒介する病原菌などには、ヨーロッパでも流行したペストやチフスがあります。

 

その他に寝ているときなどに鼠に噛まれる事もあるので、鼠咬症や咬まれたことが原因でショック状態に至るアナフィラキシーショックなどアレルギーを引き起こし、これらの病気は死に至るケースもあります。

そのため、ネズミに触ってしまった場合には、万が一のことを考えて消毒を行うことが肝要です。

 

ただ田舎で生息している鼠などの場合には、ペストやチフスなどの感染菌を運ぶことは稀なので、あまり神経質になる必要はありません。

 

ネズミ駆除のシーンなどで仮にネズミを手で触ってしまった場合には、水道水で何度もよく手を揉む様にして洗うことが重要です。

 

またアルコールには殺菌を行なうことが出来るので、気になる人はアルコールを使用して殺菌しておくと良いです。

 

その他に消毒において効果的な方法には、熱湯消毒が優れています。

 

ほとんどの病原菌や寄生虫は熱湯をかけることで死滅するからです。

 

ネズミが触れた皿などの物がある場合には、熱湯をかけておけば十分対応することが出来ます。

 

ネズミ駆除では効果がないホウ酸団子


よく害虫駆除剤としてホウ酸団子がよく使われますが、ホウ酸団子はネズミ駆除にはあまり効果がありません。
ホウ酸団子で効果があるのは『ゴキブリ』です。

 

ネズミ駆除ではホウ酸団子はあまり効果的ではありませんので、ホウ酸団子と殺鼠剤を勘違いしないようにしましょう。

 

まあ、ゴキブリもネズミも、どっちも家にいたら嫌なものです。

 

ゴキブリもかなり生理的に受け付けないものですが、それ以上にネズミも結構、きつい場合もあります。
ネズミっていうと、ハムスターのような小さくて可愛らしいものを想像している人もいると思います。

 

しかし、実際に家に出るネズミの多くは、クマネズミと言って、体長が20㎝前後のものです。
おまけに最近はネズミが巨大化しやすく、30㎝を超えるものがあります。
そのため、ネズミは意外に大きいのです!

 

最初は「自分で出来るだろう」と思っていた人も、あんまりネズミが大きいと、自分でネズミ駆除をする地震がなくなってしまいます!

 

海外では60㎝もの巨大なネズミが発見されており、都市部の方が餌も多く、現在は数も増えていますので要注意です。

 

クマネズミもドブネズミも、雑食ですが、クマネズミが高い場所を好むの対し、ドブネズミは高い場所を好まないというのが一つの違いです。

 

ネズミ引越dx