ネズミ駆除:音が気になる人へ

ネズミ引越


ネズミ駆除:音が気になる人へ

 

一戸建ての住宅などで、夜中寝ていると、天井裏を何かが走り回る音に気づくことがあります。

 

この音は、多くの場合ネズミが天井裏を移動していることによって起こるもので、これが頻繁に起こるようになると、天井裏に巣を作って住み着いてしまっている可能性が高くなります。

 

ネズミが家の中に住み着いてしまうと、食料品を狙われたり、糞尿によって悪臭の被害が発生することがあります。

 

また、ネズミの体に付着した様々な病原菌を媒介されることになるため、衛生面においても大きな被害を受けてしまいます。

ネズミは天井裏だけでなく、壁の中や床下、排水管の中なども移動することができ、壁の中の電線をかじって漏電を起こしてしまうこともあります。

 

こうした被害を受けた時には、すみやかにネズミ駆除の対策をとることが必要です。

 

ネズミ駆除は、市販の粘着シートや忌避剤などでも行なうことができますが、ネズミの生態や習性をよく知っておかないと、中々効果を上げることができません。

 

そこで、プロの駆除業者を利用するのがおすすめです。

 

プロの業者は様々な種類のネズミの生態に精通しており、ネズミの種類や家の構造、被害の状況に合わせて最適な駆除方法をとることができます。

 

今いる個体の駆除だけでなく、新たなネズミの侵入を防ぐ対策もとることができるので、被害の再発を防ぐことにもつながります。

 

 

ネズミ駆除 自分で出来る方法

 

ネズミ駆除を行う場合には、専門駆除業者に委託をして行うこのも多くありますが自分でも行うことができます。

 

方法としては一般的に市販されている道具を使用することで行うことができ、まず、1つにはバネ式の罠があります。

 

ばね式罠はネズミが餌を捉えることでバネが作動し、ここではではネズミが死んでしまうことと設置が簡単で何度でも使用できるという特徴があります。

次にカゴ式があります。カゴ式はネズミ駆除としてはかねてより利用されており、この方法はバネ式から発展した仕掛けとなっています。

 

バネ式と違い、ネズミを生け捕りにするタイプとなるためにかかった場合には処理に困ることがあります。

 

3つ目としては粘着テープをあげることができます。ネズミの通り道や出没しそうな場所にしかけることで捕獲ができるようになっており、この場合でも生け捕りの形となります。

 

注意点としては仕掛けた後に時間がたった場合などでは粘着力が弱くなってしまうことがあり、他にも、例えばドブネズミなどの大型で力の強い種類などでは逃げられてしまうこともあります。

 

4つ目としては毒餌を仕掛ける方法があります。

 

この場合もかねてから用いられてきましたが、最近では様々な商品が販売されており、それぞれの特徴を確認しながら購入することができるようになっています。

 

注意しなけらばならないのはペットなどが誤って食べないようにすることがあり、仕掛ける場合には場所等をよく考えた上で行う必要があります。

 

ネズミ引越dx