ネズミ退治が大変な理由

ネズミ引越


ネズミ退治が大変な理由

 

ネズミというのは数匹から、数十匹が群れを作っています。

 

巣を中心にして縄張りをつくるのですが、生まれてから3週間程度で出産できる状態になりますので繁殖性が非常に高く、あっという間にその数は膨大なものになります。

 

そこで、ネズミの習性を理解したうえで、計画的に退治をしなければならないのです。

 

ネズミの中でもクマネズミというのは警戒心が非常に強く、ネズミを退治するためにエサをセットしてもなかなか罠にかからないといわれています。

 

これは慣れによるものですので、まずは駆除開始当初にはエサを与えて、安全であることを教えます。

 

そして毒入りのエサを与えるようにしてください。

 

ネズミ捕獲器、ネズミ対策用の粘着シートを設置したとしても、一部のネズミ以外は避けて通ってしまうことも少なくありません。

 

ネズミというのは想像以上に賢い生き物です。

 

異物や音に対して時間が経過するにつれて少しずつその環境に慣れるようになります。

 

そのため、ネズミを撃退するためにはネズミが環境に慣れる前に対策を講じなければならないのです。

 

また、ネズミにとってストレスというのは、子供を生みにくくなるといわれています。

 

ネズミにとってストレスのある環境というのは、これまでとは違う環境です。

 

ネズミ退治グッスを使用しただけでもネズミはかなりストレスを感じ、子供を生みにくくなります。

 

ネズミの食欲はすさまじい!

個人住宅でネズミが繁殖する場合、掃除が甘いというケースがあります。
やはりネズミ駆除をしないといけないほど、ネズミが増えている場合は、ネズミのエサが多く掃除を徹底していないという特徴があります。

 

人参やたまねぎやじゃがいもは、常温でも普通に保存が出来ますので、外に出したままになっている人も多いですよね。
でも、イモ類はネズミにとって大好物ですので、恰好のエサになってしまいます。
ネズミが見られるようになったら、冷蔵庫でしっかり保管するようにしましょう。

 

また、ネズミは1日に体の3分の1くらいの量を必要としているので、2、3日食べないだけでも、餓死してしまいます。

 

おまけに、餓死をするほどお腹が減っている場合、共食いや人間を襲う可能性もありますので、非常に問題は深刻です。
特にネズミは、寝たきりで、起き上がれない人間をターゲットにして襲います。
深夜寝ている時間帯に、ネズミに手などを噛まれたと言う人もよくいます。

 

もしもネズミが人間を襲ってくるような状態であれば、既に深刻な状況に陥っている可能性が高くなります。
その場合は、一刻も早く、ネズミ駆除業者さんに依頼をして、徹底的に家中のネズミを駆除した方が安心です。

 

 

ネズミ駆除には『音』を使う!

 

ネズミ駆除にはよく音が使用されます。
音というのは超音波のことで、ネズミが嫌う周波を流すことによってネズミ駆除をします。
ただ、音を使ったねずみ駆除は、ちょっと問題もあります。
それは今人気のねずみ駆除アプリを使った場合です!

 

無料のねずみ駆除アプリには、アプリによくある『広告』が入っていることが多いです。
超音波を発信するため、大音量で使っていると、途中で広告に切り替わり、大音量で広告が流れるという、不快な思いをしている人もいるようです。
そのため、ねずみ駆除アプリを使用するのであれば、広告がないアプリを使ったほうがおススメです。

 

ねずみ駆除アプリの超音波と広告が交互に大音量で流れることになるのは、やはりびっくりしてしまいます。

 

広告の大音量は、不快な思いをしてしまいますので、有料アプリであっても、広告がないのであれば、優良を選んでしまった方が、ストレスフリーで良いと思います。
最初に無料版を試してみて、効果がありそうだったら、広告なしの有料版へ切り替えても良いと思います。
ねずみ駆除アプリはすぐに利用できるので便利ですが、広告については、ねずみ駆除の途中に邪魔になることもありますので、注意をする必要がありますね。

 

ネズミ引越dx