ネズミ駆除と業者と評判

ネズミ引越


ネズミ駆除と業者と評判

 

一般的な住宅を始めとして、飲食店の店舗や食料品を保存している倉庫などには、食料を狙ってネズミが発生することがあります。

 

こうした身の回りでよく見られるネズミは、はつかネズミやくまネズミ、どぶネズミといった種類のものが主流で、これらが発生してしまうと、食料品を食い荒らされる他、様々な病原菌を媒介するため、衛生面においても非常に大きな被害を被ることになります。

 

また、屋根裏や壁の中、床下などの狭い場所を平気で行き来するので、電気の配線などを齧ってショートさせてしまうこともあります。

 

ネズミが原因でボヤや火災が起こるということもあるので、姿を見かけたらすぐにネズミ駆除の対策を取らなければいけません。

 

しかし、市販されているネズミ駆除グッズを使用しても、中々罠にかからなかったり、効果がない場合も少なくありません。

 

また、一旦は駆除に成功しても、再び被害が発生することもあります。

 

そこで、確実な駆除を目指すのであれば、プロの業者に駆除をお願いするのが有効です。

 

しかし、業者によっては悪質な営業を行なっていたり、駆除の技術が低いところもあるので、口コミサイトなどでそれぞれの業者の評判を確かめておくことが大切です。

 

信頼のおけるところにお願いすることで、ネズミの駆除だけでなく、被害の再発も防ぐことができます。

 

スーパーラットに効果がある殺鼠剤とは?

 

ネズミ駆除でエンドックス系の蓄積毒が効かないねずみとして有名なスーパーラット!
そんな最強のスーパーラットに対抗するためには、最強の殺鼠剤が必要になります。
ネズミ駆除で最強の殺鼠剤と言われているのはダンクローデンのようなリン化亜鉛を使用しているタイプです。

 

半日~1日で効果が出て、高い致死率を誇る殺鼠剤です。
スーパーラットにも有効とされ、非常に毒性が強いのが特徴です!

 

しかし、ダンクローデンなどのリン化亜鉛系の毒は、人間やペットにとっても猛毒です!
誤って食べてしまった場合、赤ちゃんや小型のペットの場合は死に至る可能性があります。

 

そのため、赤ちゃんや小さな子供、ペットを飼育している家庭では、リン化亜鉛系の殺鼠剤を使ったネズミ駆除にはかなりリスクが生じると覚えておきましょう。
子供やペットの安全性を最優先するのであれば、ダンクローデンのようなリン化亜鉛系の殺鼠剤は使用しない方が安心です。

 

万が一、赤ちゃんやペットが飲んでしまった場合、取り返しがつかない事態になってしまう可能性があります。
また、蓄積毒として有名なクマリン系殺鼠剤のエンドックスも、大量に誤飲してしまった場合は、肝障害などの体調不良の原因になってしまうと、覚えておきましょう。

 

 

ネズミ駆除用の毒餌使用は根気が大事!

ネズミ駆除用の毒餌にネズミが引っかかってくれない場合、毒餌を置く場所を変えてみるのも一つの手段です。
ネズミ駆除用の毒餌は、やっぱり警戒心が強いネズミにとって、あんまり食べてくれない可能性があります!

 

そのため、基本的にはネズミ駆除用の毒餌は、一回置いたら1週間程度は様子を見るようにした方が良いとい割れています。
しかし、1週間以上経っても、ネズミ駆除用の毒餌を避けているような場合は、置き場所が悪い可能性もあります。
そのため、ネズミが良く通る道などを見極めて、毒餌を置く努力が必要になってきます。

 

あんまり頻繁にちょこまかと毒餌の場所を変えてしまうと、それこそネズミは危険を感じて、毒餌を食べたくなってしまいます。
つまり、毒餌を使う場合は、人間とネズミの根比べになりやすいので、じっと待つことも大事になってきます。

 

しかし、いつまでも食べない毒餌で、何か月もネズミ駆除を行うことは賢明ではありません。
やはり1週間以上経過してもネズミに効果がないと思った場合は、次のネズミ駆除方法を試してみるのも良いと思います。
自分でやっても、なかなかネズミが捕まらない場合は、最終手段として、やはり専門のネズミ駆除業者に依頼をしましょう。

ネズミ引越dx