ネズミ駆除で効果的な対策

ネズミ引越


ネズミ駆除で効果的な対策

 

ネズミが屋根裏やキッチンを走り回ったらサルモネラ菌などを振りまいてしまいます。

 

食中毒の季節には危険性が上がりますから余計に厄介ですね。

 

ネズミ駆除にはたくさんの手段がありますが、自宅が一軒家ではなく賃貸の場合はその賃貸物件自体に原因がある場合もありますから、駆除方法によっては大家さんと相談した方がいい場合もあります。

 


自分でできる対策としては、ホウ酸団子を作ることです。

 

ゴキブリ駆除のアイテムとして有名ですが、ネズミの撃退にも使えます。

 

それから、ネズミが嫌いなトウガラシ、ワサビなどの辛い成分のあるものを確保しておくことです。

 

ワサビは忌避剤の成分にも使われているほどですから、効き目も証明されています。

 

 

屋根裏などにネズミ取りシートを設置する方法もあります。

 

昔ながらのネズミ取りと比べても進化して使いやすくなっています。

 

猫を飼っている人は猫に駆除してもらう方法もあります。

 

猫は元々狩猟本能のある動物ですし、捕まえるたびにほめてやり、主人が評価してくれることなのだと刷り込んでおけば自分からどんどんネズミを捕獲して見せてくるようになります。

 

ここで気味悪がって叱るとネズミを捕まえなくなるので猫に駆除してもらいたい場合は少々辛抱しましょう。

 

 

大きすぎるネズミは素人では駆除は困難


ホームセンターでネズミ駆除アイテムを探しても、自分が欲しかった物があるとは限りません。

 

近所にホームセンターがない人は、ネズミ駆除アイテムを買うのであれば、最初からネットで購入した方が便利な場合もあります。

 

 

また、最近はネズミの巨大化が問題になっており、自分で最初は駆除をしようと思ったけど、実際のネズミの大きさを見たら、怖くなってやっぱり専門業者を呼ぶことにしたと言う人もいます。

 

通常、家に出るクマネズミは、20センチ前後の物が多いのですが、中には30センチ越えの巨大ネズミも増えており、とてもじゃないけど、素人が市販のグッズで駆除するのには、難しいサイズの個体も出てきています。

 

特に大きなサイズが多いと言われているドブネズミは、繁華街などでよく見かけられますが、ドブネズミの中には、猫くらいの大きさもいるようで、発見した時に、息が止まるくらいびっくりしてしまう人もいます。

 

普通の小さなネズミを考えていると、ネズミ駆除では、面食らうことがよくあります。

 

ネズミはかなり大型な物も稀にいますので、もしも自分の家に住んでいるネズミが巨大な場合は、自分で駆除をしないで、専門業者に駆除してもらったほうが、精神的な苦痛が減ります。

 

 

ネズミ駆除は再発が怖い!

 

ネズミ駆除をしてもらっても、また再発が怖い!
そんな人は、ダスキンのネズミ駆除がおススメです。

 

というのも、ダスキンはネズミ駆除だけをしているのではなく、定期管理も行っているからです。
定期点検によって、継続的なネズミ駆除ができますので、非常に便利です。

 

一般家庭の場合は、定期点検はそれほど必要がありませんが、やっぱり飲食店の場合は、ネズミが出ると店の死活問題に関わりますので、高い費用を出す価値があります。

 

営業停止に追い込まれてしまうと、生活が成り立たなくなってしまいます。
それだけに、ダスキンのようなしっかりした会社に定期点検をお願いするのは飲食店の場合におススメです。

 

ダスキンだったら、悪徳業者に悩まされる心配もありません。
ただ、しっかりした会社なので、多少費用は高くなってしまいます。

 

ネズミの問題が出てきた時には、すぐに解決しないと、次第に子供がドンドンと生まれて、数を増やすことになってしまいます!

 

ネズミ繁殖力が高いので、やはり気を付けないといけません。

 

繁殖力が強いネズミをしばらく放置することは、最終的には自分の首を絞めることになってしまいます。

 

数が多くなければ、自分で駆除をするのも難しくなってきます。

ネズミ引越dx