ネズミ駆除:壁の中に潜んでいるときは

ネズミ引越


ネズミ駆除:壁の中に潜んでいるときは

 

一軒家に住むというのは、いくら都会に建てられた新しい建築物であっても、ネズミなどの害獣や害虫が住み着くことにならないという保証はないということになるものです。

 

そのために、まさかと思うようなところにネズミがいた形跡があるのを見付けたりすると、かなりショックを受けてしまうという人も少なくありません。

 

しかしながら、放っておくとどんどん繁殖をして増えていき、取り返しのつかないことになってしまうことも無い話ではないので、見付けたら出来るだけ早く対処することが大切です。

ネズミ駆除というのは、初めて経験する人にとってはなかなか大変なものですが、まずはどこにいるのかをしっかりと探り当てることを最初にしなければなりません。

 

天井裏や壁の中に潜んでいるという場合には、そこに巣を作って暮らしているということが多いので、逆に駆除をしやすいものです。

 

壁という閉鎖された空間の中にいるので、殺虫剤などを使って駆除するときにも人間にはあまり被害が及ばないので、安心だという側面もあります。

 

駆除をする場合には、殺虫剤を入れたエサなどを置いていてもなかなか効果がない事もあるので、まずは駆除の専門家に相談をしてみると良いでしょう。

 

 

ネズミ駆除とネズミの生態チェック


ネズミ駆除のためには、ネズミがどのような場所を好み、どのような物を食べているのか、ということを把握する必要があります。

 

ネズミがエサをとりやすい環境というのはどのようなものなのでしょうか。

 

例えば、ペットが食べ残しているフードをそのまま放置していたり、固形石鹸にフタをせずに放置している、というのは良くありません。

 

もちろんお菓子などの食べ物を戸棚などにしまうことなく放置している場合にも、ネズミの発生原因になります。

 

 

ネズミというのは雑食です。

 

人間の食べ物はもちろんですが、石鹸やペットフードのようなものまでネズミにとっては美味しい食べ物になります。

 

さらに夜行性ですので、夜間食べ物を放置しているとそれがネズミの餌になってしまいますので注意するようにしましょう。

 

では、ネズミが巣を作りやすい環境というのはどのようなところなのでしょうか。

 

ネズミは新聞紙や雑誌、ティッシュペーパーなどを使用して巣作りを行います。

 

また、押入れの中が全く整理整頓されていないような場合にも、ネズミの巣に使用されてしまいます。

 

このようにネズミというのは食べかすや、片付いていないティッシュや新聞紙といったものを狙っています。

 

つまり、片付いていない部屋というのはネズミが発生する可能性が高いということになります。

 

 

ネズミ駆除の業者さんとして有名な『ダスキン』

 

ネズミ駆除の業者さんとして有名なのが『ダスキン』です。
ダスキンはお掃除事業でも有名ですよね。

 

そんなダスキンにはネズミ駆除のサービスがあり、必要であれば定期点検なんかもあるんです!

 

飲食店経験をしていて、定期的にネズミ駆除をお願いしたい人なんかは、ダスキンがおススメです。

 

ネズミ駆除って、一回で終わってくれれば、これほど楽なことはありません!

 

飲食店の場合は、食べ物を置いてあるので、どうしても1回駆除をしても、ネズミが集まりやすくなってしまいます。

 

 

しかし、ネズミをそのまま放置していると、やはり不衛生でお客さんなどに見つかった場合は、保健所などへ通報されてしまい、最悪の場合は、営業停止処分になってしまいます。

 

それを避けるためにも、やっぱりダスキンなどの定期点検をしてくれる業者さんに管理を任せた方が、安心感があります。

 

飲食店の場合、ネズミが出たとなると、深刻な風評被害が出てしまう可能性もありますので、死活問題です。

 

ネズミの駆除については、一般家庭よりもしっかり対応をする必要があります。

 

そのため効果があるかないかわからないネズミ駆除方法よりも、確実に予防や駆除をしてくれるダスキンのような業者の方が安全です。

ネズミ引越dx