猫はネズミ駆除に本当に効果があるのか

ネズミ引越


猫はねずみ駆除に本当に効果があるのか

 

ネズミ駆除の問題というと昔のことというイメージがありますが、実は現代でもネズミの被害というのは少なくなくなっていません。

 

 

そして昔は家にネズミが寄り付かないようにとか、いても退治してくれるようにと猫を飼っていたものです。

 

実際に昔の猫でしたらネズミを追いかけて捕ることもしました。猫といえば俊敏な動きをしていましたから。

 

ただいまは違います。猫についての飼い方も随分と変わってしまいましたし、猫の動作というのも、昔とずいぶん変わった感じです。

 

いまは猫の餌はキャットフードときまっていますし、飼い方も室内で飼うことが奨励されています。

 

これは、避妊、去勢をしていない野良猫によって、子猫が増やさないというためにもそのような飼い方が推奨されているのです。

 

ただ、家猫はみな、太っています。のんびりと暮らしていても、エサに困ることがないためです。

 

そのため動きも鈍くなっていますし、ネズミを目の当たりにすることがないので、仮にネズミを見かけたとしてもいまは、追いかけることもないので、現代においてネズミ駆除に猫はまったく役に立たたないといっても過言ではないのです。

 

では飼い主はどのような対策をしてネズミに対処したいいのかといえば、ネズミが入り込まない隙間をつくらない工夫をすることが大切です。

 

 

ネズミ駆除と病気

 

ネズミ駆除というのはネズミによる病気を予防するうえでも重要なことです。

 

例えば鼠咬症です。

 

 

ストレプトバチルスであったり鼠咬症スピリルムといった病原菌を持っているネズミに噛まれてしまうと発症するのです。

 

噛まれてから7日から10日が経過すると傷跡が赤く腫れ上がって、身体に赤い発疹が現れるようになります。

 

さらに高熱や頭痛、関節痛といった症状が何度も繰り返されるようになります。

 

関節痛に関してはさらに激しい痛みを伴うようになります。

 

ペストに関していえば、日本国内においてはペスト患者は発生していないのですが、海外においては注意が必要になります。

 

クマネズミに寄生しているノミの体内に存在している菌によって発症する病気なのですが、ノミに刺されて1週間程度で発病します。

 

ワイル病ですが、土の中に存在しているスピロヘータ病原菌が噛まれた傷口から侵入してしまうことで発病します。

 

ネズミの尿中にはこの病原菌が無数に存在しています。

 

この菌に感染すると4日から10日程度の潜伏期間を経て高熱が出てしまいます。

 

嘔吐などの症状が出るようになり、筋肉痛の症状は非常に重く現れます。

 

こういったネズミによって発症する病気を予防するためにも、ネズミ駆除をするというのは大切なことなんですよ。

 

ネズミ駆除グッズを多く扱っているお店は?

 

ネットでネズミ駆除グッズを多く扱っているのはアマゾンです。

 

アマゾンって書籍の取り扱いのイメージが多いですが、最近はネズミ駆除のグッズまで幅広く売っているから便利なんですよね。

 

アマゾンの場合は、特に商品の発送が早いのも魅力ですよね~!

 

ネズミ駆除グッズって、なかなか近所では欲しい物が売っていなかったりするので、結局アマゾンで見てしまいます。

 

地方に住んでいる人は、やっぱりネットショッピングをすると、すごく送料も気になりますよね。

 

アマゾンって、送料に無料になる料金が比較的安いので、ちょっと数千円のお買い物をしたい時には、結構ありがたいです。

 

楽天とかを見ていると、商品の価格は安くても、結局送料まで入れると、アマゾンの方が安いってことが多いです。

 

楽天の場合は、送料が無料になる最低金額が高いので、総合的に考えた時には、ポイントを使えない場合は、高くなってしまいがちです。

 

ポイントが相当溜まっていれば、楽天の方がお得だと思いますけどね。

 

やっぱりネズミ駆除グッズなんかは、色々と比較してから購入したいですし!

 

アマゾンでざっと調べて、そのまま送料もあんまり気にしないで購入してしまうことが多いです。

 

楽天の場合は、送料を無料にするために、何か買わないといけなくなってしまうことが多いです。

 

 

 

 

ネズミ引越dx