ねずみ駆除業者は『侵入口』を見つけるのが上手い!

ネズミ引越


ねずみ駆除業者は『侵入口』を見つけるのが上手い!

 

ねずみ駆除業者が、ねずみ退治で重視するのは、『侵入口をふさぐ』ことです。

 

ねずみって、一匹見かけたら、家族がいると思ったほうが良いと聞きますので、一匹退治しても、次から次へと違うねずみがやってくる可能性があるのです。

 

そうなってしまうと、やっぱり面倒ですよね。

 

出来るなら一回でねずみ退治をしてもらえるように、やはり侵入口を塞いで家に入れないようにするのが大事です。

 

ねずみ駆除業者になってくると、その辺の手際が良いので、やはりお金を出しただけの仕事をしてくれます。

 

素人の場合は、一匹やっつけただけで、また2匹目が出てきてしまうなんていう例も多いです。

プロはそれ以上のねずみの被害を食い止める仕事をしてくれますので、そこが素人とは違いますよね。

 

侵入口は、天井だったり、換気口だったり、外部との接触がある部分が多いですね。

 

ねずみはどんな小さな穴でも、掘って広げてしまうので、「ここは大丈夫」だと思っていても大丈夫ではない可能性があります。

 

やっぱりねずみ駆除業者にお願いした方が、侵入口の特定も早く、しっかり穴も塞いでくれるので安心感はあると思いますね。

 

自分でやると、お金をかけた割に効果が出ない可能性があります。

 

 

ねずみ駆除はフードでやる!


ねずみ駆除は業者や撃退グッズに頼らなくても、身近なフード類で代用が効きます。家にある食べ物を使えばお金もかかりませんし、薬品を使わないので健康上の害が心配な人も安心できます。

 

殺鼠剤を使うのは少し残酷な気持ちがしますし、ねずみを殺すだけの強力な毒ですから、万が一人間が飲み込んでしまったら危険です。

 

大人なら間違って口に入れることなどありませんが、小さな子供はまだ危機管理能力が育っていませんから、特に何も思わずに口の中に入れてしまう可能性もあります。

 

もし、フードなら薄荷やワサビなどの辛いものを中心に使うことになりますから、辛さで口の中が痛くなることがあっても、病院に行って応急処置するような大変な事態にはならないでしょう。

 

 

ねずみは唐辛子のような辛いものが苦手ですから、食材に触れたりかじられないようにするために台所に置いておくのにも使えますし、庭仕事用にも使えます。

 

また、ねずみはハッカやミントのようなつんと来る香りが強いものも嫌います。これらは市販の忌避剤にも使用されているので、効果は確実です。

 

ねずみ避けにこれらのハーブを植えておくといいですね。

 

農家の方は肥料にタバコくず入りのものも使うので、ニコチンも苦手なようです。

 

 

プロも使っているねずみ駆除の殺鼠剤とは?

 

プロも使っているねずみ駆除の殺鼠剤として有名なのが『エンドックス』です。

 

エンドックスはねずみ駆除業者さんも使っているような強力な殺鼠剤で、自分で色々な食材と混ぜて、毒餌を作ることができる粉末タイプが人気がです。

 

しかし、エンドックスの最大の難点は、即効性の中毒症状が出ず、その場では死なないため、『どこで死んでいるかわからない』という恐怖があること!

 

エンドックスは徐々に蓄積された毒によって死ぬため、通常は2、3日ほど毒餌を食べてから死ぬことが多いです。
つまり、数日は動き回っているので、どこで死ぬかがわからないのです!

 

キッチンの前で運よく死んでいてくれればよいですが、一軒家のように、範囲が広い場合は、どこで死んでいるのか、わからない場合があります。

 

死体は当然、発見できなければ腐ってしまいますので、必死で探す必要があります!

 

ネズミの死体を探すというのは、エンドックスの最大の難点になりますので、毒餌を与えてから姿が見えなくなったら、部屋の中に死体がないか、ちゃんとチェックするようにしましょう。

 

死体を放置してしまうと、害虫が沸いてしまいますので、姿が見えなくなったら、必ず部屋の中をくまなく探すようにしましょう。

ネズミ引越dx