ねずみ駆除と農業

ネズミ引越


ねずみ駆除と農業

 

ねずみ駆除は農業にとって重要な作業です。なぜなら、ねずみを放置した場合、作物に影響が出るだけではなく、人々の食生活や経済に悪影響をもたらす危険性が高くなるからです。

 

人間の生命をまもるという点からねずみ駆除は必ず行わなければならないです。

 

この作業は一度行えば良いというものではないです。ねずみは駆除の効果が弱まると再びその場所で活動し、多くの人々を苦しめます。ねずみ駆除は継続的に続ける事が重要です。

 

昨今、日本の農業は経済的にあまり元気がないです。

そのため、ねずみ駆除に費用を出す事を重荷に感じる所もあります。

 

しかし、この問題を放置すれば日本の経済に悪影響をもたらすだけではなく、農業の衰退を加速させてしまいます。

 

日本の産業、雇用を崩壊させないためにもねずみ駆除は恒久的に行う必要があります。

 

この作業は専門家に任せるべきです。所によっては個人で行うケースもあります。

 

しかし、専門家ではないため作業が不十分に終わり、ねずみの活動場所を残す事になってしまいます。

 

専門家が定期的にその作業を行えば、作物を安定的に供給でき、嫌な思いをする人はいなくなります。

 

この作業は農家と駆除を行う専門家が一体で取り組まなければうまくいかないです。

 

 

ねずみ駆除と機械


ねずみ駆除の機械には、超音波撃退器というのがあります。人間に聞こえない高周波をねずみに向けて放出させて、ねずみを撃退します。

 

人間には無音ですが、ねずみにとってはサイレンのような大きい音に聞こえます。

 

超音波は壁や天井などの障害物にぶつかると跳ね返る性質があるので、部屋の中心に置いておくと部屋全体に効果が広がる仕組みです。

 

固いものには跳ね返りますが、断熱材や段ボールなどの柔らかいものは音が吸収されてしまうので、近くに置かないように気をつけましょう。

 

超音波駆除器のメリットは一つあれば部屋全体に効果が広がるところですが、部屋の向こうまでは効果がありません。

 

つまり、壁の向こう、天井裏、床下、には効果がないということです。家の中にねずみが侵入するのを防ぐ目的で使うのがベストでしょう。

 

機械の中には、超音波と電磁波を両方使えるものもあります。

 

これだと屋根裏などのねずみの巣がある場所に設置出来ます。部屋ごとに使うならば、超音波だけが放出される機械を使うと良いでしょう。

 

選ぶ時には、事前に部屋の広さや目的を確認しておきましょう。購入してから目的や用途に合わないと使えないので、買う前に確認しておくことが大切です。

 

 

ねずみ駆除をするなら巣穴を見つけよう!

 

ねずみ駆除を自分でするのであれば、巣穴を自分で見つける必要があります。
ねずみは紙やビニールを集めて、人間の見えない所に巣穴を作っている可能性があります。

 

特に何匹も何匹もネズミがでているような場合、ねずみの巣穴に赤ちゃんねずみが生まれている可能性もあります!

 

こうした赤ちゃんねずみを放っておくと、いつか大人のねずみと同様に、強い繁殖能力を持ち、ネズミ倍増計画に加担することになるのです!
そのため、赤ちゃんだと思って「殺すのが可哀そう」と思って見逃していると、後になってから大変なことになってしまいます。

 

例え赤ちゃんねずみでも、3カ月もすれば繁殖能力を持つ、人間の敵へ変わりますので、巣穴にいる赤ちゃんねずみもしっかり駆除しないといけません!

 

でも、素人には、ねずみの巣穴が分らないことも多いんですよね。

 

専門業者の方がねずみの巣穴を見つけるのが上手いので、自分でわからない場合は、お金を払ってでも専門業者にねずみの巣を見つけてもらいましょう。
また、ねずみ駆除の時に杉や松のアロマを使うと、ねずみを撃退をできると言われています。
ねずみはハーブ系の臭いが嫌いらしいので、杉や松のアロマを部屋にまいておくとねずみ駆除になるようです。

ネズミ引越dx