ねずみ駆除とにおい

ネズミ引越


ねずみ駆除とにおい

 

ねずみ駆除にはねずみが嫌悪するにおいのするものをうまく活用するといいですね。

 

忌避剤をわざわざ買わなくても台所や身の回りにあるものがねずみを避けるための道具に活用できる場合があります。

 

ねずみは花の香りはほとんどの場合平気ですが、百合だけは好みません。

 

強烈な香りですから、人間でも好き嫌いが分かれる香りですが、百合が好きな人なら花瓶に活けておくだけでも効果があります。

眠気を覚ましてくれるミント系の香りも有効ですから、アロマオイルを持っていたら数滴たらしておくのもいいですし、室内やベランダに緑を添えるために栽培しておくのもいいですね。

 

唐辛子のカプサイシンはにおいだけではなく、辛い味も嫌いなので唐辛子をねずみの糞があった場所などに適度に配置しておきましょう。

 

ワサビも嫌っているので台所に余った練りワサビを置いておくのも効果があります。

 

これら以外でねずみが嫌うのが防虫剤のにおいです。着物が虫食いでぼろぼろにならないために使われる樟脳が特に嫌いなのでこれを購入してねずみ駆除に使うのも手です。

 

ねずみや着物を食べる虫以外にもゴキブリも樟脳が嫌いですから、一石二鳥です。他にも蚊取り線香がありますが、こちらは気休め程度です。

 

 

ねずみ駆除研究会がある?!驚きのねずみ駆除対策とは


ねずみの被害は深刻です。かじられてその物が使えなくなったり食べれなくなったりといったことももちろんですが、人がかじられてしまうこともあります。

 

また多くのバイ菌やダニをまきちらしながら活動していますので、病気などの害もあり、その影響は膨大です。ねずみの被害に悩んでいる人は少なくありません。

 

ねずみ駆除研究会なるものがあります。ねずみ駆除のニーズの高さがうかがえます。

 

こちらには自分で使えるセルフ駆除グッズの紹介などもあるのですが、ここでの驚きのねずみ駆除対策は、「待つ姿勢」です。

 

たとえばばね式のねずみ取りを仕掛ける場合に、しばらくバネをセットしないまま設置し、周辺にも餌を撒いておきます。これによってねずみは警戒心を徐々になくしてゆきます。

 

それを見計らってわなをセットし捕獲するという方法です。かなりばねが強力で、かかったネズミは多くの場合即死するとのこと。

 

しかしそれを見るのは辛い人には籠式が勧められています。

 

これもしばらく警戒心を薄れさせる期間を設けます。この「期間を設ける」という考えに、なかなか至らないものです。

 

ねずみの生態や特性を研究したからこそわかることでしょう。ねずみの種類によっても向き不向きの駆除対策があります。

 

 

ねずみが出る家の条件とは?

 

ねずみ駆除をする場合、エサとなる食料を部屋の中に置いておくのはやめましょう!

 

ねずみのエサとなる食料は、必ず冷蔵庫の中にしまっておかないと、なかなかねずみ駆除は出来ません。

 

やはり基本的なことですが、部屋の中が綺麗に整頓されている部屋には、ねずみもなかなか寄りにくいものです。

 

食べ物などがきちんとしまわれていれば、それだけねずみも手を出すことができません。

 

常温野菜やフルーツは、外に出しておいた方が美味しい物もありますので、冷蔵庫に入れたくないと思うこともあるかもしれません。

 

しかし、ねずみ駆除のためには、やっぱり餌を外に出しっぱなしにしないっていうのが、非常に重要になってきます。

 

ねずみが住みやすい家というのは、やはり散らかった場所の方が良い訳です。

 

ねずみ駆除をプロの業者さんに頼むことも重要ですが、それ以上に、毎日部屋を綺麗に掃除して整頓しておくってことも重要になってきます。

 

 

いくらプロのねずみ駆除業者さんにお願いをしても、部屋が汚く、ねずみの好む部屋にしておくと、一度は駆除出来ても、また新しいネズミを呼ぶ込むことになってしまう可能性がありますからね!

 

まずはちゃんと、掃除と整理整頓をするように気を付けましょう。

ネズミ引越dx