ネズミ駆除:スプレーでらくらく解決する方法

ネズミ引越


ネズミ駆除:スプレーでらくらく解決する方法

 

都市化が進み、生活水準がますますアップしている日本ですが、害獣の被害はなかなか減りません。

 

その中でもネズミの被害は、思っている以上に深刻です。日本でよく見られるのはドブネズミ、クマネズミとハツカネズミの3種類です。

 

特に体長20cm前後のクマネズミは、垂直移動を得意とし高層ビルなどにも住み着きます。雑食性のためどこでも繁殖できるので、都市部をはじめ住宅街にも見られます。

 

 

ネズミの出没で困るのは、危険な感染症や皮膚炎などの衛生被害です。

 

さらに歯でコードを噛み切る習性があるので、通信障害が起こったり、切られたコードから発火して火災になるなど電気系統の被害も深刻です

 


マンションなどの集合住宅ですと、管理会社などでネズミ駆除を行なってくれますが、個人住宅の場合は自分で対策しなければなりません。

 

業者に依頼するとそれなりに費用がかかってしまいますが、ネズミ対策グッズを使用すれば自分でもネズミ駆除は可能です。

 

ネズミ駆除というと餌で罠を仕掛ける方法が一般的ですが、その後の処理が不快です。

 

その点スプレータイプの忌避剤は、ネズミの嫌がる成分や匂いで追い払うので手軽です。ネズミの通り道や絶対にかじられたくないケーブル周りにスプレーしておくと効果的です。

 

ネズミが匂いを学習するまで、何度か続けてスプレーするのがポイントです。

 

 

ネズミに噛まれると大変!

 

ネズミ駆除をしている業者さんで詐欺のような行為をしているケースが稀にあります。

 

安い見積もりをエサにして、いざネズミ駆除をしたら高額な費用を請求してくるので、詐欺業者には気を付けないといけません。

 

そして、ネズミ駆除で、詐欺業者よりも怖いことが、『モニリホルム連鎖桿菌感染症』や『鼠咬症スピリルム感染症』などのネズミに噛まれたことによる感染症の発症です!
『モニリホルム連鎖桿菌感染症』や『鼠咬症スピリルム感染症』になってしまうと、悪寒や発熱や嘔吐の症状が出る可能性があります。

 

『モニリホルム連鎖桿菌感染症』や『鼠咬症スピリルム感染症』になってしまった場合は、しっかり病院で診察してもらわないと、症状が悪化する可能性があります。
最悪の場合、死亡することもありますので、早めに病院で適切な治療を受けるようにしましょう。

 

また、ネズミの排泄物や死骸を扱う時には、かなりの注意が必要です。
ネズミは体に多くの菌を保菌していますので、絶対に素手で触ってはいけません。

 

必ず手袋をして、直接触れないようにしましょう。

 

感染症になってしまうと、やはり症状が重く、きついケースが多いので、ねずみを触る時にはしっかり予防をする必要があります。

 

 

ネズミ駆除の最大の難点

ネズミホイホイや殺鼠剤を使ったネズミ駆除の最大の難点は、ネズミの死体です。
みなさんは、ネズミの死体が落ちていたら、平気でゴミ箱へ処理できますか?
多分、多くの人は、気持ちが悪くて、なかなかネズミの死体をゴミ箱へ持っていけないと思います。
やはりネズミの死体が出ると、処理に迷ってしまうことが多いので、出来ればネズミの死体が出ないようにネズミ駆除をしたいものです。
ネズミが逃げる方法の一つとしては、バルサンを使ってのネズミ駆除の方法があります。
バルサンはネズミ駆除専用の薬剤ではありませんが、ネズミが煙を嫌がり、出ていくこともあると言われています。
煙が出ることによって、やはり火事を連想させるからでしょうか?
ネズミの死体を見ないで駆除したいと思った時には、一度バルサンを試してみるのも良いですね。
しかし、バルサンを焚いても、またネズミが戻ってくるようであれば、やはり最終的にはネズミ駆除の専門業者を呼ぶことが有効です。
何度も何度もネズミが出てくるということは、家の中に巣が出来ている可能性があります。
もしくは侵入口がある場合もありますので、バルサンを焚いている時だけ一時的にいなくなっても、巣や侵入口が壊されない限り、ネズミの被害が減らない可能性があります。

ネズミ引越dx