薬を用いてネズミ捕り

ネズミ引越


薬を用いてネズミ捕り

 

ネズミを薬を使用して駆除する方法があります。

 

薬剤を使用してのネズミ捕りというのは殺鼠剤を食べさせることによって、駆除することができます。

 

殺鼠剤を使用するポイントですが、無毒の餌を与えます。

 

そしてその場所を餌場として認識をさせることに成功すると効果的です。

 

ネズミ用の毒餌皿に無毒のエサを入れるとネズミがご飯を食べに来るようになります。

 

ネズミが食べ慣れてくると殺鼠剤を混ぜることで、効率よくエサに毒を混ぜることができ、ネズミを駆除できます。

 

ここで、殺鼠剤入りのエサ以外に、生ゴミなどの食料があると、殺鼠剤入りのエサを食べてくれなくなります。

 

そのため、食べるものは、殺鼠剤入りのエサ以外にはない、という状態にするくらいが丁度よいのです。

 

殺鼠剤を入れない無毒エサは、ひまわりの種や食パン、さつまいもやさつま揚げが使用されることが多いです。

 

毒餌を作る時には安全のために手袋などを必ず着用してください。

 

また、ネズミの嫌う香料、忌避スプレーを使用してネズミを家から追い出すことができるようになります。

 

このように、ネズミを駆除すると同時にネズミが嫌う環境を徹底的につくり上げることが重要なのです。

 

ネズミによる被害はこのように改善していくようにしましょう。

 

 

鶏舎はネズミ駆除の最難関

ネズミ駆除で最も難しいケースの一つが、鶏舎と言われています。
鶏舎は豚小屋と並び、ネズミ駆除では最難関の一つと言われています。

 

鶏舎の場合、ネズミ駆除をするのであれば、強制換羽のタイミングです。
鶏がいる間は、飼料があっちこっちにあるわけで、ネズミにとってはエサが食べ放題の状態です。
そんな時に、毒エサのような怪しいものを撒いても、ネズミだって食べません!

 

そのため、強制換羽で、飼料を撒かない期間に毒餌を撒くことによって、ネズミも食べるものが毒餌しかないので、食べるようになるのです。
ネズミは警戒心が高いので、毒餌以外のエサがあれば、そっちを取りますが、やはり食べるものがなければ、毒餌でも食べることがあります。

 

そのため、強制換羽の時が、もっとも毒餌を撒くのに良いタイミングになるそうです。
その時に利用されることが多いのが、ダンクローデンのようなリン化亜鉛系の殺鼠剤です!

 

リン化亜鉛は、人間もペットも死に至るほどの危険な猛毒ですので、スーパーラットにも有効と言われています。
養豚場や鶏舎っていうのは、ネズミが膨大に繁殖しやすいので、気を付けないといけない部分です。
個人住宅の発生よりも、駆除が大変になる傾向があります。

 

 

超音波を使ったネズミ駆除の問題点

超音波を使ったネズミ駆除は、ネズミを追い出すことができる方法として人気があります。

 

しかし超音波のネズミ駆除は、効果がないケースも多く、確実性という意味では、あまり期待ができない部分もあります。
また、ペットを飼っている人の場合、ペットが超音波で体調を崩す場合もあります。
そのため、ペットを飼っている人は、あんまり超音波を使ったネズミ駆除をしない方がおススメです。

 

同じような理由で、ペットがいる家では毒餌も注意です!
毒餌を食べたネズミを食べてしまったとしても、ペットへの影響は少ないと言われています。
しかし、ペットが直接毒餌を食べてしまった場合は話が別です!

 

ペットがネズミ駆除用の毒餌を誤食してしまうと、命に関わる大きな問題になってしまう可能性があります。
しかし、毒餌を使えば、誤食する可能性が高いので、やはりペットを飼っている家では、毒餌もおすすめできません。

 

ペットを飼っている人の場合は、やはりペットの健康を考えると、利用できるネズミ駆除の方法が限られてきます。
確実に安全にネズミ駆除をするのであれば、毒餌や超音波など、ペットに影響が出る方法は使いたくないと、専門業者さんに相談して、駆除方法を決めていきましょう。

 

ネズミ引越dx