ネズミ捕りとハーブ

ネズミ引越


ネズミ捕りとハーブ

 

ネズミはハーブのにおいを嫌います。

 

ハッカやミント、防虫剤のにおいも嫌うといわれています。

 

ネズミというのは視力が悪いですので、その分嗅覚が非常に優れています。

 

そこで、においの強いハーブを使用してみましょう。

 

ネズミに限ったことではなく、動物というのは強いにおいのする植物を嫌う傾向にあります。

 

ハッカやミントのようなハーブでネズミを追い払うことが可能なのです。

 

 

薬局などで販売されているネズミ避けの薬剤の大半というのは、天然成分としてにおいの強いハーブが含まれているのです。

 

ワサビのにおいはネズミ用忌避剤にも多く使用されています。

 

においではなく除菌効果だけを利用している芳香剤では効果を得られないこともありますので、選ぶ時には十分に注意をしておくようにしましょう。

 

また、ユリの花のにおいもネズミは苦手です。

 

ネズミは花も食べてしまうのですが、カーネーションを好んで食べます。

 

しかし、ユリの花のにおいは酷く嫌います。

 

 

その一方で、花が落ちた後の球根に関してはネズミのエサになってしまいますので、枯れてからユリの鉢をいつまでも放置していると食べられてしまうことがあるので注意しましょう。

 

そうすればより効率よくネズミ捕りすることができるはずですよ。

 

鶏舎や豚小屋のネズミ駆除は難しい

鶏舎や豚小屋のネズミ駆除が難しいと言われている理由の一つが、『飼料が沢山あるから』と言われています。
やはり鶏舎や豚小屋のように、飼料が無限にあるところには、ネズミが沸きやすいのでネズミ駆除が難しくなる傾向があるようです。

 

やはり鶏舎や養豚場っていうのは、ネズミのエサになりそうなものが沢山あるので、ネズミがすごく増えやすい特徴があります。
個人住宅の場合であれば、冷蔵庫に食材をしまってしまえば、それほど家中に食べ物が落ちているわけではありませんので、毒餌を撒いても食べてくれるケースが多いです。
しかし、鶏舎や養豚所は動物たちのエサが非常に沢山ありますので、わざわざ怪しい毒餌なんて食べないことも多いです。

 

エンドックス系の殺鼠剤は、家庭用では非常に有効ですが、鶏舎や養豚所のネズミ駆除では、あんまり向きません。

 

やはりオールアウトなどでネズミが腹を減らした状態の時に、即死効果が高い殺鼠剤を使うことが多いようです。
毒性が高いリン化亜鉛の殺鼠剤は、普通の時には、ネズミが警戒して、なかなか食べなくなってしまうことが多いです。
しかし、オールアウトなどでエサが出て来なくなってしまうと、やはり毒餌に手を出し始めるネズミも多いです。

 

 

超音波式のネズミ駆除の難点とは?

超音波式のネズミ駆除は、人間の体調不良を引き起こす可能性があります。
そのため、超音波のネズミ駆除を使ってみて、頭痛が出てくるような場合は、無理して使用することを止めましょう。
ネズミ駆除アプリなんかの口コミを見ていても、時々「頭痛がひどくなった」という意見を見かけます。

 

体調が悪くなってしまうようであれば、やはり変更しないといけなくなってしまいます。
ネズミ駆除には色々な方法がありますので、体調が悪くなるような方法ではなく、健康的に継続できる方法でないと意味がありません。
ねずみの前に、自分が体調が悪くなるなんて、バカらしいですからね。

 

基本的には、超音波は、人間に害がないとされていますが、それでも音に敏感な人の場合は、超音波式のネズミ駆除が合わない可能性があります。
もしも超音波式のネズミ駆除を始めてから、頭痛などの体調不良が出る場合は、ネズミ駆除が原因の可能性がありますので注意が必要です。

 

また、超音波によって頭痛の他に、吐き気などももよおす場合があるそうです。
超音波式を採用しているネズミ駆除アプリなんかでは、注意書きに『頭痛の可能性があります』と書かれている場合もあります。
健康被害が不安な人は、超音波を使ったネズミ駆除は利用しない方が良いかもしれません。

ネズミ引越dx