ネズミ駆除:どんなハウスでも危険はあります

ネズミ引越


ネズミ駆除:どんなハウスでも危険はあります

 

ネズミが屋根裏部屋で大騒ぎして、夜も眠れないというような話は、昔話だろうと笑って聞いている人もいるかもしれませんが、実は現代の家でも同じようにネズミの被害に遭っている人たちは沢山いるものなのです。

 

といっても、古い家に住んでいる人に限るのではないかと思われるでしょうが、それは甘い話として考えた方が良さそうです。

 

それはどうしてかというと、最近建てたばかりの家だとしても、ネズミが住み着いてしまえば被害はすぐに出てきてしまい、ネズミ駆除をしなければならなくなる事もあるからです。

 

セカンドハウスとして建てたばかりの最新のデザインのお家だとしても、油断は禁物です。

 

特に別荘として使われている建物は、一定期間しか人が住まないということもあり、久しぶりに訪れてみたら、ネズミにかじられた跡があったり、ネズミの糞が沢山落ちていたというようなケースもあるからです。

 

一度ネズミが気に入って住み着いてしまうと、なかなか全てを駆除し切るということは困難になってくるものであり、駆除に掛かる費用として考えた場合にも、莫大なものになってしまうことさえあります。

 

そうなる前に、しっかりと掃除をしたりすることで、ネズミを惹きつけない環境づくりをしましょう。

 

ネズミ駆除が大変な『賃貸マンションやアパート』

ネズミ駆除で厄介なのが『賃貸マンションやアパート』の場合です。
賃貸マンションやアパートの場合、自分の部屋だけの問題ではなく、建物自体に問題がある可能性があります!
もしも賃貸物件の建物自体に問題があれば、自分の部屋だけネズミ駆除をしてもらっても、あまり意味がなくなってしまいます。

 

そのため、集合住宅に住んでいる場合は、自分であんまりなんでも片付けようと思わない方が良いです。

 

まずは管理会社などに相談して、建物自体でネズミ駆除をすることになれば、自分でお金を出さないで、駆除してもらえることになるのでお得です。
問題は、管理会社などに話をしても、ネズミ駆除に応じてもらえない場合です。
その場合は、やはり自分で対処しないといけなくなってしまいますので、大掛かりなネズミ駆除になりそうな場合は、事前に周辺住民に、ネズミ駆除をする予定などを告げておく方が良い場合もあります。

 

一室でネズミ駆除を行えば、当然、上下や左右のお部屋は影響を受けますので、何も知らされていないと、ドタバタとした時に、苦情が出る可能性もあります。
ネズミの数が少なければ良いですが、壁の中などに入っているネズミを駆除する場合は、近所への配慮も必要になります。

ネズミ引越dx