ねずみ駆除の進化とねずみの進化

ネズミ引越


ねずみ駆除の進化とねずみの進化

 

現在、行なわれているネズミ駆除のトレンドには超音波を使う方法やスプレーを使う方法があります。

 

 

都市部には集合住宅が多いのに加えて、戸建にしても近隣住宅と隣接することが多いです。

 

ネズミ駆除に煙を使うと近隣へ迷惑をかけることになるのです。

 

 

近隣への迷惑を考慮に入れると超音波やスプレーのようなネズミ駆除が好まれるのです。

 

また最近、都会の方では毒に耐性を持つスーパーラットなどというネズミが出てきています。

 

スーパーラットのほとんどはクマネズミというネズミに毒の耐性を付けたものです。

 

元々、クマネズミには高い運動能力によってどこからでも入ってくるという特性があり、その性格はとても用心深くて、たとえ毒やワナを仕掛けていても避ける能力があります。

 

スーパーラットは元々、毒えさを食べない上にたとえ食べたとしても毒が効かないような非常にやっかいなネズミだといえます。

 

このようなネズミのスーパーラットへの進化には毒に強いネズミの存在とその遺伝によるものがあります。

 

ネズミには同じ毒えさを食べても死ぬネズミと生き残るネズミがいます。

 

この毒に強い生き残った方のネズミが世代交代を続けていくことによって、どんどん毒への耐性の強いネズミが生まれていくことになるのです。

 

これまでネズミ駆除に使われていた薬はワルファリンのようなネズミに内出血を起こさせて殺すものが主でした。

 

しかし、これらに耐性のあるスーパーラットには効きません。

 

そのため最近の耐性のあるネズミ駆除に使われているものにはリン化亜鉛が含まれているものがトレンドになっています。

 

これにはネズミの胃液に反応して毒ガスが発生するもので、スーパーラットにも高い効果があります。

 

ねずみが出ない環境作りが大事!

 

飲食店の場合、保健所に通報されるような事態が起きる前にねずみ駆除をすることが必要です。

 

保健所から営業停止処分を食らうのは主に『食中毒』の場合ですので、そうなる前にねずみ駆除をするのが望ましいです。

 

飲食店では食料が沢山置かれていますので、ねずみにとっては餌が多く、集まりやすい場所です。

 

特にねずみが出やすいのは、食料を冷蔵庫にしまっておかないケースです。

 

家庭でも、常温野菜を冷蔵庫に入れないで外で保管している家は、害虫やねずみの被害に遭いやすいです。

 

常温野菜は、室内でも保存が可能ではありますが、害虫やねずみからの被害を考えると、やはり冷蔵庫で保管する方が安心です。
特に常温野菜として有名ないも類は、ねずみの大好物です!

 

常温保存で管理していれば、ねずみが出るのは当然です。
そのため、出来るだけ食品を常温保存しないようにすることも、ねずみ対策では重要なことです。

 

ねずみが出にくい環境を作らないと、ねずみの再発で悩むことになってしまいます。

 

飲食店には、一般家庭とは違う、ドブネズミが出ることも多く、クマネズミよりも体格が大きいので、最初に見た時には、びっくりする人もいます。
ドブネズミは巨大になると猫くらいの大きさの物もいます。

ネズミ引越dx