家ネズミの生態


ネズミ引越


家ネズミの生態とネズミ駆除業者

 

家にネズミが発生すると、ネズミを発見したことで激しい不快感を感じます。

 

さらにネズミの身体や排泄物によって不衛生な状態になってしまいます。

 

被害はそれだけでなく食品を荒されてしまったり、建物の破損の原因になってしまいます。

 

ネズミは野ネズミ、そしてイエネズミとに分類することができ、家に被害を与えるものを家ネズミといいます。

 

ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類が家ネズミに分類されます。

 

ネズミは猛烈な繁殖力、生命力なので、どのような環境においても生きていくことができます。

 

このようなネズミが家に棲みつくと、完全に駆除をすることが困難になります。

 

ネズミはたったの一匹であっても家の中にいると大変な病気です。

 

ネズミの大半が夜行性であり、日没後、夜明け前に活発に動きまわります。

 

さらにネズミの歯というのは一生伸び続けるために、硬いものを噛じらなければなりません。

 

その結果、家にある硬いものをどんどん噛んでいくのです。

 

コード類を噛じられてしまうと、漏電や火災の原因となってしまいます。

 

場合によってはガス管を破損させてしまうこともあるんですよ。

 

こういったことからも、ネズミは早急に駆除をしなければならないのです。

 

そのことを是非よく覚えておいてください。

 

ネズミ捕りが必要になる家の条件

 

ネズミが出る建物というのは、ある程度条件があります。

 

まず、食料が沢山ある、飲食店が入ったビルは、ネズミの被害が多いです。

 

ネズミが沢山いるビルでは、インターネットの回線が切れてしまう被害に遭ったり、最悪の場合は火災に発展することもあります。

 

そのため、一度でもネズミを見かけたら、ネズミ捕りをお願いして、早くに駆除することを考えましょう。

 

ネズミは、頭が良く罠などにはまると学習して、一度使った手口には2度とはまらないようにすると言われています。

 

そのため、プロのネズミ捕りでも、徹底した駆除は難しいって言いますね。

 

素人がネズミ捕りをしようとすると、苦戦するのも当然な結果です。

 

それだけにプロのネズミ捕りにお願いしないと、徹底的なネズミの撲滅は難しいです。

 

市販品を使ったネズミ捕りの方法もありますが、市販品ではなかなか全部のネズミを捕獲することが出来ません。

 

また、捕獲出来たとしても、意外にネズミは大きいので、生きたまま捕獲出来た場合、その処理に困ってしまうという問題があります。

 

生きたネズミをそのまま殺すのは胸が痛いですし、やはり噛まれる危険性もありますので、悩んでしまうのです。

 

そう考えると、やはりプロにお願いする方が楽です。

ネズミ引越dx