サルモネラ菌


ネズミ引越


ネズミ駆除業者とサルモネラ菌

 

食中毒の原因としてよく知られているのがサルモネラ菌です。

 

このサルモネラ菌はネズミが媒介することで感染する菌です。

 

ネズミの体はもちろんフンにも大量に含まれており、触ることで感染をしてしまいます。

 

感染をすると食中毒だけに限らず、チフスを発症してしまうこともあります。

 

チフスに感染をするとピンク色の独特な発疹が出るのが特徴になります。

 

重症になると、腸に穴があいてしまうことがあり、抵抗力の低い乳幼児が感染することで髄膜炎を引き起こすこともあるのです。

 

さらに、チフスというのは健康保菌者という感染をしても問題が起こること無く、そのままチフス菌を体内に保有したままの状態になる人もあります。

 

この体質の方が感染をすると、自覚もなくチフスの被害をどんどん拡大させてしまうこともあります。

 

ネズミはレプトスピラ菌の原因にもなります。

 

レプトスピラ菌というのは、日本においてもよく知られている病気です。

 

沖縄での発生が目立つのですが、ペットの犬が感染してそのまま死亡してしまうケースもありますので、十分に注意しておく必要があります。

 

人が感染をすると、身体中から出血をするエボラ出血熱のような症状が出ることもあります。

 

ペットには必ずワクチンを摂取させるようにしてください。

ネズミ引越dx