ネズミ駆除の相談と自治体


ネズミ引越


ネズミ駆除の相談と自治体

 

個人が自治体に対してネズミ駆除の相談に行っても十分に対応されないケースが多いです。

 

より多くの世帯がそれを訴えたり、町内会単位で行動しなければ良い結果を得る事は難しいです。
個人で対応が可能なものは個人で行うべきです。しかし、町内会単位でネズミ駆除を考えている時は自治体が積極的に関与した方が良いです。

 

なぜなら、それを放置した場合、住民の日常生活に悪影響が出る危険性があるからです。また、ネズミが起点となって新たな病気を地域にもたらすおそれがあるからです。

 

公共の福祉や衛生をまもるためにも関与すべきです。

 

個人の相談に対しても必要なケアの方法をアドバイスする等誠実に行動した方が良いです。自治体とネズミ駆除の問題は一見関係がないように見えますが、地域の衛生という点で大きなつながりがあります。

 

住民は個人でネズミ駆除の問題をすべて解決しようとするのではなく、出来ない部分は行政機関の力を活用して解決につなげるべきです。

 

今後、高齢者や限界集落が増加すればネズミ駆除の問題はさらに深刻になるおそれがあります。行政は個人任せにするのではなく、積極的に介入し、問題の解決に取り組むべきです。

 

個の力だけでは対応してくれないので組織の力を活用すべきです。

ネズミ引越dx