ハンタウイルス予防


ネズミ引越


ハンタウイルス予防にネズミ駆除業者

 

ネズミが運んでいる病気として最も危険なものがハンタウイルスです。

 

このハンタウイルスは、腎症候性出血熱のような治療することができない病気の原因となります。

 

感染をした場合には、拡大を防ぐために国に報告をしなければなりません。

 

腎症候性出血熱というのはこれまでに多くの死者をだしてきた病気になります。

 

致死率15%になることもあり、中国においては過去50年の間に4万人以上が亡くなっているのです。

 

日本においても大阪で100人以上が集団で感染して死者も出ているのです。

 

発症をすると、発熱、頭痛といった症状が出て、腎不全を発症すると人工透析をしなければならなくなることもあります。

 

また、ハンタウイルス肺症候群を発症することもあります。

 

このハンタウイルス肺症候群にはワクチンもなければ治療方法もありません。

 

解熱剤を投与するなど対症療法はあるのですが、それ以外に的確な治療法というのは存在しないのです。

 

初期症状は風邪に非常によく似ているのですが、アメリカやカナダにおいては感染者のうちの50%が亡くなっているとも言われているのです。

 

このようなネズミが媒介する病気というのは色々なものがありますので、ネズミが出たらネズミ駆除業者に駆除を依頼するようにしましょう。

ネズミ引越dx