ネズミ退治は飲食店では必須!

ネズミ引越


ネズミ退治は飲食店では必須!

 

ネズミの被害は、一回遭うと嫌になってしまうものです。

 

中でも飲食店を経営している人にとっては、ネズミは天敵ですね。

 

ネズミ退治をしたいと思っても、やっぱり自分では時間もないし、ネズミ退治にそれほどの労力をかけたくないって言う人もいます。

 

でも、飲食店としては、ネズミが出てくると広まったら、衛生面で信頼を失ってしまいますので、やはりネズミ退治は大事です。

 

お客さんがいる前で、ネズミが出てきてしまったら、評判はがた落ちです。

 

そうなる前に、ちゃんとネズミ退治の業者さんに頼んで、駆除をするのが一番です。

 

ネズミ退治をあれこれ自分でやっても良いですが、思ったほど効果がないこともありますので、労力が実らないことも。

 

自宅のネズミ退治だったら、自分で時間をかけてやっても良いと思いますが、やっぱり飲食店となると、ネズミの駆除は一大事です。

 

ネズミが出るお店と悪評が出る前になんとかしないと、経営が深刻になります。

 

飲食店や高級ホテルなどは、やはり衛生面というのが非常に重視される仕事なので、ネズミが出てからでは遅いのです。

 

ネズミが出ないように、普段からちゃんと定期的にチェックする必要もあります。

 

食品が多く置いてある場所は、特に注意が必要ですね。

 

 

ネズミ駆除用の粘着シートはネズミにとって残酷

 

ネズミ駆除用の粘着シートって、残酷です。

 

粘着シートはネズミ駆除ではすごく手軽で使いやすいので、初心者の場合は後先考えず、選んでしまいがちです。

 

でも、実際に粘着シートにかかったネズミを見ると、その姿に絶句します。

 

粘着シートから逃れるようと、バタバタと苦しそうにネズミが動き回り、その反動で手足がちぎれていることも。

 

また、辛そうに鳴き声を上げている姿を見ると、「ごめんね~」と、なんだかネズミ駆除をしている自分が悪者に見えてきます。

 

それくらい、粘着シートによりネズミ駆除っていうのは、見ているだけで、苦しいものです。

 

恐らく、ネズミ駆除の中で、最も、ネズミを残酷に殺す方法なのかもしれません。

 

生きたまま捕まったネズミは、餓死するまでもがき苦しみます。

 

ネズミは1日に体の3分の1以上の食べ物を摂取しないと死んでしまいますので、絶食すると大体2、3日で死ぬと言われています。

 

そのため、生きたまま捕まったネズミは、大体の場合、2、3日くらいで死にます。

 

粘着シートにはまったネズミをそのままにしておけば、いずれは死にますが、それまでの間、ネズミの鳴き声などを聞いてしまうと、やはり辛いものがあります。

 

そのため、動物が好きな人は粘着シートを使用しない方が良いです。

ネズミ引越dx