ねずみ駆除 時期


ネズミ引越


ねずみ駆除が大変になる時期とは?

 

ねずみの繁殖期は1年中ですが、ねずみ駆除業者が忙しくなる時期はある程度決まっているそうです。その時期とは、冬。しかし、ねずみは年中繁殖している訳ですから、冬になったからと言って途端に数が増える訳ではないですよね。

 

それなのに、なぜねずみの被害は冬になると増えるのでしょうか?調べたところ、ねずみは寒い環境が苦手で、寒いとエサとなるものも外には少なく生きていけないと分かりました。だから、気温が下がって来ると、外よりも断然温かくて、エサがたくさんある人間の家に侵入するようになるみたいです。

 

実際、春や夏よりも、秋や冬の方が家にねずみが出やすいとのことでした。しかし、一度ねずみに侵入されると繁殖により瞬く間に増えていくため、駆除すると言っても簡単なことではありません。人間が視認できたということは、床下や天井だけでなく、ねずみが人の目に触れる生活エリアに出てくる程警戒心が緩んでいるということで、つまりはそれだけ住み着いているということでもあるからです。

 

そのため、夏が終わって気温が下がり始める頃は、ねずみが家に入らないよう、壁や天井のヒビなど、侵入口となり得る場所はとにかく塞いでおいた方が良いそうです。

 

スマホやiphoneでねずみ駆除アプリを試す

 

ねずみ駆除で超音波を発生させる機械を購入する前に、まずはスマホやiphoneでねずみ駆除アプリを試してみる方が良いと思います。
ねずみ駆除アプリは、無料のケースもあれば、有料のケースもあります。
ただ、無料で試せるねずみ駆除アプリが多いので、まずは一回お試しに使ってみる分には良いですね。

 

でも、スマホやiphoneの場合、ずっとねずみ駆除アプリを使っているのは、さすがに無理です。
そのため、ねずみ駆除アプリは、超音波式の駆除が効果があるのか、お試しで試してみる場合や、今すぐねずみ駆除をしたいという緊急の時に、一時的に役立てるのが良いと思います。
長時間のねずみ駆除には、やっぱり超音波の機械をちゃんと購入した方が良いと思います。

 

でも、スマホやiphoneのねずみ駆除アプリは、コンセントが不要な場所でも、どこでも使えるのが便利ですね。
超音波を発生させる機械は、基本的にコンセントに差し込んで使うタイプが多いので、近くにコンセントがないと使えないという欠点があります。

 

ねずみ駆除アプリは、そうした超音波機械の欠点を上手くカバーしているので、ねずみ駆除アプリと超音波の発生機械を併用することによって、ねずみ駆除がスムーズになると思います。

 

 

飲食店にねがみが出てOKなのは『レミーのおいしいレストラン』だけ!

 

飲食店などのねずみ駆除には、オゾン臭を嫌うねずみに対して、オゾンを発生させる機械などを購入して対処しているお店もあるようですね。
病原菌だらけのねずみを、お店の中に野放しにしておくわけにはいきませんからね。
多少お金をかけてでも、ねずみの被害を防ぐために、出来る限りのことはしましょう。

 

ねずみによって最悪の場合は、鼠咬症によって人間に被害が出たり、ねずみが触った食材や調理器具によって食中毒が起きたりする可能性があります。
また、配線を噛み切って漏電を引き起こし、それが火事に発展することもあります。
飲食店にねずみが出て良い事なんて一つもありません。

 

昔、ピクサー映画の『レミーのおいしいレストラン』という作品で、ねずみのシェフが出たことによって、主人公の勤めているお店が営業停止になってしまうシーンがありました。
あの時は、ネズミが可愛くて、ほのぼのしていましたが、実際にお店を経営している人からしたら、笑えない冗談かもしれませんね。

 

それだけねずみが出てくることは、飲食店にとっては、死活問題になりますので、早く駆除をしないと、大問題になってしまいます。
最近はネットで評判がすぐに広まりますので、ねずみが出たとわかったら大変です!

 

 

鶏舎や豚小屋の大量のねずみ駆除に使われる殺鼠剤とは?

 

ねずみ駆除で最強なのは、やっぱりダンクローデン!
鶏舎や豚小屋の大量のねずみ駆除にも使用される最強の殺鼠剤です!

 

一般家庭では、小さな子供やペットがいると、いたずらで誤飲することもあるので、あまり使用しない方が良いですが、大量に沢山のねずみを駆除する場合には、やはりリン化亜鉛系の強力な殺鼠剤は有効です。
リン化亜鉛であれば、クマリン系の効果が通用しないスーパーラットも駆除できます。
そして、ねずみ駆除の時に、人間が最も気を付けないといけないのが、感染症の問題です!

 

人間はねずみの排泄物を触ったり、死体を掴んだ時に、ねずみの病原菌に感染する可能性があります!
『モニリホルム連鎖桿菌感染症』と『鼠咬症スピリルム感染症』は、人間にとって深刻な感染症で、ねずみにかじられた時に発症しやすいので注意をしないといけません。
ねずむは寝ている人間にをかじったりすることが多いのですが、それ以外に『ねずみを掴んだ時』に齧られることも以外に多いのです!

 

既に死んでいると思って掴んだねずみが、実は生きていて、掴んだ瞬間にねずみにかじられてしまったというケースもあるのです。
そのため、ねじみを掴む時には、必ずねずみが死んでいることを確認しましょう!

ネズミ引越dx