ねずみ駆除 方法


ネズミ引越


毒餌はよくあるねずみ駆除方法だけど

 

よくあるねずみ駆除方法と言われると、毒餌を思い浮かべる人が多いと思います。市販のねずみ駆除グッズの中でも、毒餌だけでたくさんの種類がありますから。となると、毒餌を使うというのが、一番簡単なねずみ駆除方法なのでしょうか?

 

しかし、残念ながらそう単純な話ではないどころか、毒餌で効果的にねずみ駆除をするのは、結構難しいそうです。なぜなら、色々な手順を踏まなければいけないからです。まずは、毒餌を設置する場所。ねずみの足音がする場所に、適当に数か所に置いておけば良さそうな気もしますが、実際はそれだとまず食い付かないそうです。

 

なぜなら、ねずみは自分の餌場にある食べ物しか食べないからです。そのため、毒餌を設置する前に、ねずみの餌場を入念に調べておく必要があります。次に、ねずみの食い付きの確認。最初はねずみの警戒心を解くために普通の餌を設置するのですが、それがどれくらい食べられたかで、毒餌へと切り替えて良いかを判断する必要があるとかで。

 

こうして見ると、毒餌で効果的にねずみ駆除を講じるのは、素人だと意外と大変なんですね。また、ねずみの繁殖スピードによっては焼石に水の場合もあるため、毒餌に頼るならなるべく早期の段階にした方が良いそうです。

 

ねずみ駆除薬には色々なタイプがある!

 

ねずみ駆除のための薬には、色々な種類があります。
ねずみの警戒心をとき、微量の毒を継続して与えることによって高い駆除効果を発揮する『エンドックス』。
一方、一回で即死させる高い即効性を持つ『ダンクローデン』。
ねずみ駆除用のクスリは、ねずみのタイプによって、使い分けると良いと思います。

 

警戒心が強いねずみは、やっぱりなかなかエサを食べてくれません!
しかし、即効性の強い毒があるので、その場で死んでくれるので死体が発見しやすいっていうメリットもあります。
一方、エンドックスは、蓄積毒なのでネズミが毒餌を食べてくれやすいというメリットはあるのですが、どこで死んでいるのかわかりにくいというデメリットもあります!
家の中でどこでねずみが死んでいるのかわからないっていうのは、ちょっと心配になってしまいますよね!

 

ねずみはただでさえ病原菌を沢山持っていますので、そのねずみの死体が家のどこかにあると思うと、気持ちが悪い物です。
人間から見えにくいところで死んでしまうと、それが腐り、虫などを沸せる原因になってしまいます。
わかやすいところで死んでくれればよいですが、一軒家などの場合は、発見が出来ない場合もあるので怖いです。

 

 

市販で簡単に手に入るねずみ駆除薬『デスモア』

 

近所ですぐに手に入るねずみ駆除の薬だと、『デスモア』があります。
投げ餌タイプで、非常に使い勝手が良いのが良い特徴です。
ただ、ねずみ駆除の薬というのは、必ずねずみが食べてくれるわけではありません。

 

特に一発で死んでくれる強力な毒餌に対して、ねずみはなかなか食べてくれないケースが多いです。
やはり毒が強烈だと、臭いに敏感なネズミなんかだと、わかってしまうのでしょうか?
「デスモアを食べない」っていう話は、結構多いので、やはりデスモアでダメだった場合は、即効性の強い毒餌ではなく、蓄積毒によるエンドックスのような殺鼠剤の方がおススメです。

 

エンドックスはプロも使っている有名な殺鼠剤です。
1回ではねずみを殺さず、2日、3日と食べさせることによって、体内に蓄積された毒によって効果を発揮します。
1回で食べても死なないので、ねずみも警戒心がなくなり、何度も食いついてくれるので、即効性の毒餌でダメだった人にはおススメの方法です。

 

おまけにエンドックスは、粉末状で、好きな食材と合わせて手作りで毒餌を作るので、食材を変えれば、いくらでも毒餌のバリエーションが広がりますので、毒餌を食べてくれないネズミに柔軟に対応をすることが出来ます。

 

 

ねずみ駆除で毒餌の位置を頻繁に変えるのはNG

 

ねずみ駆除で殺鼠剤などの薬を使う場合、ねずみがなかなか毒薬入りのエサを食べないと悩むケースが多いです!
でも、毒薬入りのエサを食べないからと言って、毎日ちょこちょこ動かすのはNG!
ねずみは警戒心が強いので、毎日毒薬入りのエサを頻繁に変えられたら、「あれ?」と警戒心を持ってしまいます。
怪しまれないように毒薬入りのエサを置くことが、ねずみ駆除では非常に重要です!

 

そして、子ねずみでも、かならず見つけた場合は、殺処分するようにしましょう!
かわいそうだからって、子ねずみを逃がしていたら大変なことになります。
子ねずみは何も出来なくて可哀そうと思う人がいますが、実は子ねずみって、たった生後3カ月で繁殖能力を有するになってしまうのです!

 

人間からみれば、赤ちゃんを殺すようで申し訳ない気持ちになってしまうのですが、その子ねずみは、これから家でどんどんとねずみを増やす原因になるかもしれないのです。
ねずみ駆除をしたいのであれば、やはり子ねずみに至るまで、全部駆除をしないとダメです!

 

小さいからと、情けをかけていると、痛いしっぺ返しが待っています。
ねずみの子を甘く見てはいけません!
決して逃がしたりしないように、気を付けましょう。

ネズミ引越dx